A MUSIC PROGRAM
≫番組ページはこちら
A MUSIC PROGRAM
毎週日曜日 13:00~15:00放送
2015年2月15日 第43回目の放送
2015年2月15日 21:30 
堀井"holy"庄一  

こんにちは、ホーリーです!

さ、世の中的には一喜一憂

様々なドラマが繰り広げられたであろう

バレンタインから一夜明けた日曜日。

いかがお過ごしでしたか?

 

堀井は?といえば、1週間前のAMP終了後にフラゲした

佐野瑛厘特製の『真っ赤な一味唐辛子ハートせんべい』に始まり、

職場や外出先でお気遣いのチョコ(いわゆる義理チョコ)を

沢山頂きました。

 

そんな中、今年はリスナー様からも

チョコやら健康食品やらを送って頂きました。

心にかけて頂き、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

 

さて、堀井、佐野、上野、3人体制の期間限定AMP。

3週目ということでお互いのポジションも見え

スタジオ内でディレクションしながら喋ることにもかなり慣れてきたので、

リラックスしながら楽しく放送できました!

今週も数多くのメッセージ、ありがとうございます。

引き続き、素敵なポピュラーミュージックで

皆さんの日曜午後のひとときを

ご一緒させていただければと思ってますので

メッセージ、リクエスト、お願い致します♪


では、いつもの様に、本日のオンエア曲リストです!

2015年2月15日(日) 第43回目 オンエア曲

~~~~~1時台~~~~~~

◯Upside Down(アップサイド・ダウン)

      /Dianna Ross(ダイアナ・ロス)

 <BGM>Stop! In The Name Of Love

      (ストップ!イン・ザ・ネーム・オブ・ラブ)

      / The Supremes(ザ・スプリームス)

◯You Can't Hurry Love(恋はあせらず)

     /The Supremes(ザ・スプリームス)

◯Can't Help Falling In Love(好きにならずにいられない)

    /UB40(ユー・ビー・フォーティー)

 <ゲスト>FM LOVEARTH レポーター 鈴木里永

◯Don't Wanna Fall In Love

  (ドント・ワナ・フォール・イン・ラブ)

   /Jane Child(ジェーン・チャイルド)

<<<交通情報>>>

◯涙のハイウェイ/シーナ&ザ・ロケッツ

~~~~~2時台~~~~~~

 <BGM>Fade To Grey(フェード・トゥ・グレイ)

      / Visage(ヴィザージ)

 

◯Night Train(ナイト・トレイン)

   /Visage(ヴィザージ)

【愛・地球博ゆかりのアーティスト特集】

◯Everything(エヴリシング)/MISIA(ミーシャ)

◯白い季節/MISIA(ミーシャ)

<<<CM>>>

【Eri's Lovearth Selection】

◯She Waits For Me(彼女はウェイト・フォー・ミー)

   /Airplay(エアプレイ)

<<<交通情報>>>

【Nori's Lovearth Selection】

◯Bark At The Moon(月に吠える)

    /Ozzy Osborn(オジー・オズボーン)

本日も本当に沢山のリクエスト&メッセージ

ありがとうございました!

A DECADE OF LOVEARTHになってから

毎週のように当時のLOVEARTHの思い出メールを頂き、

それによって、あの頃よりもリアルに、かつ客観的に

自分達がやっていた放送=LOVEARTHを見ることができ

「頑張って良かったな」と思える今日このごろです。

皆さんも 是非、愛・地球博の思い出なども含め

懐かしのポピュラーミュージックのリクエストなどもお寄せ下さい!

さて、放送内でご紹介できないメールも

必ず目を通してますので 懲りずにメール下さいね♪

ちなみに今回頂いたメールの質問は

↓ このブログの続きにて出来る範疇でおこたえします ↓

.

【今日もたくさん初メール頂いた件】

  今週も初メールの方、一部ですがお返事です!

 

■「FM LOVEARTH」のスタンプ、私はブースの横でスタッフさんに頼んで押してもらいました。」

 →ひょっとしたら押したのは僕かも!?

 

■「ぱんだくんとかえるくんです。今どこでどうしているか心配です。」

  →元気ですよ!a decade of LOVEARTHのフェイスブックにも登場しています!

 

 

■「買い物に行こうとクルマに乗り、番組を聞いてたら学生時代めちゃ聞いてた曲がかかり目的地に着いてもなかなか降りることができませんでした。」

 →ありますよね^^。僕も知人に車に乗せてもらう時、同じ減少に陥ること多々あります。

 

 

 

【今日も様々なシチュエーションでAMPを聴いて頂いた件】

■近所の喫茶店から夫婦でメールくださったリスナー様。

 →奥さまの具合も良くなられたようで何よりです。ジョー・オズボーン特集、検討してみます!曲くが多すぎて収拾つかないかも(笑)

 

■いつもウォーキングをしながら聞いて下さるリスナー様。

 →晴天王子のニックネーム、ありがとうございます!

 

■「コタツに入って、ゆったりとした気分で、ラジオを聞いています。」というリスナーさん。

 →おかげさまで、チョコは沢山頂戴しましたよ♪

 

■なんと、ラグビーのボール拾いをしながらAMPを聴いてくださった方。

 →いつもありがとうございます!

 

 

 

【シーナさんの訃報にお便りいただいた件】

今日は、シーナ&ザ・ロケッツのシーナさんの訃報が届き、多くのリスナー様から悼むメッセージも届きました。

番組内でもお話しましたが、シーナさんとはお仕事をするチャンスはなかったのですが、何度かご挨拶はさせていただきました。

旦那様である鮎川誠さんとともに、いつもカッコイイ!

カッコ付けるのではなく、自然体で普通にカッコイイ!

その存在がロックでした。

昨年10月、シーナ&ザ・ロケッツも参加した恵那の音楽フェスをご覧になったリスナー様からも「あんなに元気だったのに」と惜しむ声が届いてます。

スリーショットの写真、大事になさって下さいね。

 

【懐かしいラジカセの件】

高校時代、SONYのラジカセ「ジルバップ」を目覚まし代わりになさってたというリスナー様からのメッセージ。

おっしゃるとおりCMにはビリー・ジョエルの曲「ストレンジャー」が使われていましたね。

ZILBA'P=ジルバップといえば、70年代後半から80年代初頭にかけてのSONYを代表するラジカセで、ポパイや週プレなどの雑誌に必ず広告が出ていましたね♪

ちなみにヒットシリーズだけあって何度かモデルチェンジをしたジルバップ、ビリー・ジョエルの「ストレンジャー」が使われたのは1978年に発売されたジルバップ・マークIIのCMソングでした。

 

 

 

【おすすめのオリビアニュートンジョンの曲の件】

「オリビア・ニュートン・ジョンの曲名がわからない、何かおすすめを!」との質問頂戴しました。

う〜ん、いい曲いっぱいありますからねぇ。

有名なのは「そよ風の誘惑」、「フィジカル」、あと宮崎アニメ『耳をすませば』で使われた「カントリー・ロード」、映画グリースの主題歌でジョン・トラボルタとのデュエット「愛のデュエット」、ツボイさんの番組でお馴染みの「ジョリーン」などなど。

個人的に一番好きなのは...オリビア主演の映画の主題歌「ザナドゥ」ですかね。

 

 

 

【2005年の「もったいない」の件】

「もっ たいない」という言葉、愛・地球博の頃に世界的に広まったのでは?

はい、おっしゃるとおりです。

アフリカ人女性として史上初のノーベル平和賞を受賞した故 ワンガリ・マータイさんが、2005年2月の京都議定書関連行事で来日した際「もったいない」という言葉を知り、その後、世界的なフォーラムやシンポジウムでこの言葉の普及をしてくださいました。

3月には愛・地球博会場でも3月28日のオープニングフォーラムに出席されました。

 

 

 

【ハーバーライトが朝日に変わる件】

愛・地球博には朝5時に愛環四郷駅から出かけてマンモスやライブをご覧になった方からのメッセージ。

「ハーバーライトが朝日に変わる〜」といえば、渡辺真知子さんの「かもめが翔んだ日」ですね。

ということはメッセージ主さんが万博会場に出向かれたのは9月22日です。

終幕近くでしたので会場はかなり混んでた日ですね!

リクエスト頂いた「オーケイ」どこかでかけますね♪

 

 

 

【ボビー・コールドウェルとシングライクトーキングの件】

いつもAORの名曲にリクエストを下さる方からボビー・コールドウェルの「ウォーク・オン・バイ」にリクエストいただきました。

いいですね〜♪バート・バカラックとハル・デヴィッドのペンによる永遠の名曲。

カバーも数多ありますが、僕もボビコバージョン好きですよ!

そうそう、ボビー・コールドウェルといえば、先日リリースされたシング・ライク・トーキングの25周年記念ベストアルバム『アンソロジー』のジャケットアートワークが面白いです。

シングライクのメンバーの藤田千章さんが描いたメンバー3人の肖像画を散りばめたジャケットなんですが、よく見ると・・・これはっ!ボビー・コールドウェル!と思わずニヤッとしてしまう作品になっていますよ♪

 

 

 

【AC/DCの件】

先日のグラミーでAC/DCのパフォーマンスをご覧になったという方からのメール。

おっしゃるとおりメンバーの病気などで活動が危ぶまれていましたが、先日のグラミーでのパフォーマンスでは、問題を起こしたドラマーのフィル・ラッドに代わり、1994年に脱退したクリス・スレイドが復帰し、彼がこの後のツアーにも参加することが決定したようです。

 

 

【ザ・キラーズの件】

2/15のバースデーアーティストだったThe Killers(ザ・キラーズ)のドラムのロニー・ヴァヌッチィに付随して、ザ・キラーズに幾つか質問が来ましたのでお応えしておきます。

ザ・キラーズというバンド名に関してはおっしゃるとおり英ロックバンド、ニュー・オーダーの「クリスタル」という曲のビデオクリップに登場する架空のバンド名が由来になっています。

そして、ご質問の「ニューオーダーは、何故、架空のバンド名をサ・キラーズにしたのか?」ですが。これはクリスタルで歌われている内容によるものだと思われます。

クリスタルという曲で歌われているのは「ガラスのように繊細で壊れやすいティーン・エイジャーのハート」であり「愛や人間関係に関して感じる渇望感との葛藤」だと思います。

KILLERという言葉は「殺人者」という意味だけでなく、「虜にする者」「夢中にさせる者」という意味もありますので、男女関係や人間関係に対しての欲求からこちらの意味を以って命名されたのだと思います。

 

 

【続報、スター・ウォーズの件】

前回のブログで、子門真人さんの「スターウォーズ」のアレンジは、ミーコのものを踏襲している...との話を書いたところ、リスナー様から「どちらもMFSBの"愛はメッセージ"をお手本にしたのでは?」とのメールを頂きました。

確かにアレンジやミュージシャンの構成など似てるところが多々あります。

一度フィリー・ソウルがシーンに与えた影響に関して特集などしてもいいかもしれませんね。

ちなみに質問主様はミーコの「スターウォーズ」のミュージシャンクレジットはお持ちですか?凄い面子ですよ♪

 

 

 

【フリオ・イグレシアスにリクエストが来た件】

う〜ん、通常であればすぐにでもお応えしたいのですが...、スポンサーの都合で...、4月までお待ちください(笑)

 

 

 

[4]新しい記事:2015年2月22日 第44回目の放送
[6]古い記事:2015年2月8日 第42回目の放送
カテゴリー
月別アーカイブ
[2]ページの先頭
[0]ブログトップ
関連ページ
A MUSIC PROGRAM トップ
ラジオ面トップ
CBCトップ
(c) 2000 CBC RADIO CO.,LTD.