A MUSIC PROGRAM
≫番組ページはこちら
A MUSIC PROGRAM
毎週日曜日 13:00~15:00放送
2015年4月19日 第52回目の放送
2015年4月19日 13:39 
堀井"holy"庄一  

こんにちは、ホーリーです!

 

昨晩、広島の天気を調べたら降水確率100%となっていたので、

今日はフル放送だな!と意気込んでいたのですが。

番組開始前から雨雲が広島を避けてる(笑)

 

これまでストックしていたリクエストを

どんどんかけていこうと思っていたのですが、

又の機会に、、ということになりましたね。


 

さて、ここ新栄のCBCラジオ・さくらスタジオも

1時ジャストに陽の光が差し込んでくるという

ミラクルな番組オープニング!

まるで1曲目にオンエアする曲を予見していたかのような空模様で

ほんと「フィール・ソー・グッド!」でした♪

 

そして、超濃縮バージョンにも関わらず

いろんなシチュエーションからメールを沢山頂き、

本当に有難うございます!!

 

来週もよろしくお願いします!

と言いたいところなんですが

4月26日(日)は、

予定通りプロ野球の中継があればAMPはお休み。

雨天などで野球(横浜vs中日)が中止になれば

13:00−15:00までの フル放送となります!

 

なかなかリクエスト曲がかけられないこともありますが

是非! リクエスト よろしくお願いします!!


 

 

は、いつもの様に、本日のオンエア曲リストです!

 

 

2015年4月19日(日) 第52回目 オンエア曲

~~~~~1時台~~~~~~

 

◯Feel So Good(フィール・ソー・グッド)

  /Chuck Mangione(チャック・マンジョーネ)

 

 <BGM>Tijuana Taxi(ティファナ・タクシー)

    /Herb Alpert & The Tijuana Brass

    (ハーブ・アルパート&ザ・ティファナ・ブラス)

 

◯You Give Love A Bad Name(禁じられた愛)

  /BonJovi(ボン・ジョビ)

 

<<<交通情報>>>

 

◯When A Man Loves A Woman(男が女を愛する時)

  /Percy Sledge(パーシー・スレッジ)

 

本日も沢山のメール有難うございました!!

チャック・マンジョーネのリアクションが凄いことに〜。

ブログでお返事しますね!

 

そして、ひとつお願いがあります。

LINEでメッセージ下さる方は

必ずメッセージ欄にラジオネームを書いて下さい。

特にLINEの登録を本名でなさってる方は

本名をご希望されない限りメッセージ欄にラジオネーム記して下さい!

さて、来週4月26日(日)のAMPは、お休み。

但し、雨天などで野球(横浜vs中日)が中止になれば

13:00−15:00までの フル放送となります!


なかなかリクエスト曲がかけられないこともありますが

どんどんメッセージ&リクエストくださいね~♪

放送内でご紹介できないメールも

必ず目を通してますので懲りずにメール下さいね♪

 

ちなみに今回頂いたメールの質問は

↓ このブログの続きにて出来る範疇でおこたえします ↓

 

.

【今週も初メールを頂いた件

放送がたった30分しかなかったにもかかわらず、初メールも頂きました。

一部ご紹介します。

■ホーリーさんはじめまして。適度にマニアックなのに決してリスナーを突き放さない「下町の山下達郎」的な放送内容が大好きです。先週の「Popcorn」は昔「ペンゴ」って言うゲームのBGMに使われてましたし、ピエール瀧さんがまだミュージシャンだったころの電気グルーヴがカバーというかリミックスしてましたね。

→メール有難うございます!そして「ペンゴ」!!懐かしすぃ〜〜!
 えっと、ゲーセンにあったペンギンが迷路を歩きながら氷のブロックで敵を倒すやつですよね!(パックマンのペンギン版的な)

 そうそう、このゲームのBGMはあの「ポップコーン」でしたね!

 そして電気グルーヴのカバー!もちろん大好物です。当時担当していた番組にもゲストに来ていただきました。

 電気グルーヴの「ポップコーン」はベースラインがローランドTB-303的にウニョウニョして素晴らしいアシッド・ハウスなアレンジになってましたよね!

 ちなみに、ピエール瀧さん、今や俳優、声優、タレント業で大忙しですが、今も電気グルーヴのメンバー=ミュージシャンですよ(笑)昨年も素晴らしいニュー・アルバム『25』がリリースされていますので、是非聞いてみてください!

 

 

【チャック・マンジョーネが異常な人気の件】

今週一番リアクションが多かったのが、リスナー様からのリクエストで1曲目にお掛けしたチャック・マンジョーネの「フィール・ソー・グッド」でした。以下、届いたメール一部抜粋です。

■以前 多田さんが夕方やっていた番組のエンディングに使われていたと思います。

■CBCラジオ『それいけ!にっこりワイド』多田さんが最後に『晩ごはんまで、もうちょっとです♪』って言うのがスゴく大好きでした。

■チャックマンジョーネ、夕暮れ時の気分です。ニニロッソも。

■まさか!この番組でフィール・ソー・グッドが聞けるなんて!!急にパット・メセニーが聞きたくなりました(笑)Last Train Homeをお願いしたいです。先ほどのフィール・ソー・グッドを聞いて昔を思い出しまして...

 

なるほど!多田アナウンサーが以前担当なさってた『それいけ!にっこりワイド』の番組エンディング・テーマだったんですね♪

調べてみたところ1980年にスタートした夕方のワイド番組とのこと。

その頃、堀井は京都の中学生でしたので残念ながら聞くことは出来なかったのですが、これだけリアクションが来るということは、皆さんの脳裏に鮮明に焼き付いているということですね♪

そうそう、番組のBGMなどはアーティストや曲名等が紹介されることも少なく「いい曲だなぁ~」と思っていても曲名やアーティスト名も知らぬままウン十年も過ぎてしまうというのはよくあることです。

かくいう堀井も以前このブログにも書きましたが、30~40年も前にTVの天気予報で使われていたBGMを何十年も探して手に入れた経験があります(2014年8月3日のブログご参照)

でも、そんな曲とラジオやテレビで再会した時の喜びは格別ですよね♪

そんな再会の場にもなれたらなぁと思い、日々、番組を制作しています!

そして、パット・メセニー「ラスト・トレイン・ホーム」、こちらはTVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース』のエンディングテーマにもなりましたよね、でも皆さんあんな深い時間テレビご覧になってませんよね(笑)

僕も大好きな曲なのでどこかで必ずオンエアします!

 

 

【ポール・マッカートニーは世界遺産な件】

20代の女性リスナーから「ポール・マッカートニーのライブに行きます♪50年以上も世界中をLIVEして魅了しているポール・マッカートニーって世界遺産ですよね?」というメール頂きました。

こちらの女性は、ご両親がビートルズのファンで、生まれる前?からビートルズを聞いて育ち、ご本人も大ファンとのこと。

おっしゃるとおり、ポールは世界遺産でしょうね。

ちょうどいま、大学でポップス史の講義をしている最中なんですが、レコード産業が始まってまだ百数十年。ロックンロールという名前が生まれてからまだ60年余り。

そんな中、50年以上も世界中をLIVEして魅了しているわけですから世界遺産に認定してもいいと思いますよ。異論を唱える人はいないような気がします。

もちろん、世界遺産のピラミッドがひとりでには出来なかったように、ポール・マッカートニーという世界遺産を育んだ何千という先人の音楽家、全ての功績だと思います。

 

 

【パーシースレッジ氏の死を悼む声も多く頂いた件】

名曲「When a Man Loves a Woman(男が女を愛する時)」で有名なPercy Sledge(パーシー・スレッジ)が14日他界されました。74歳でした。その彼を悼んでリクエストも沢山頂きました。

もちろん、洋楽を聞き出した最初の頃に出会った曲ですし超有名曲であることも知ってます。

後にマイケル・ボルトンがカバーした時はすでにラジオの番組制作をしてましたので頻繁にかけました。

そして、この曲が使われた1994年の映画『男が女を愛する時』は深く今でも印象に残っています。

ただこの曲、1966年パーシー・スレッジのソロ・デビュー曲にして最大のヒットなんですが、実は僕が生まれるより前のヒットなんです。

こういう時、初めて世に出た当時の衝撃や盛り上がりを実体験として伝えられないのが歯がゆいですね。
そんな中、リアルタイムで体験された方の文献などを読むと「ほ~っ!」となりますね(ご参照)。

僕も、せめて自分が生きた時代の音楽については、当時のことを書き記せるよう努めたいと思います

 

 

【特集を復活して欲しい件】

こちらも沢山ご要望を頂いております。

そうですよね...、連休明けあたりから考えてみます!以前頂いた積み残しの特集テーマも沢山ありますからね。

 

 

【憧れのアーティストにお仕事で会うときの件】

そうですねぇ、これまで幾多の憧れのアーティストにお会いしましたが、緊張して舞い上がったり、仕事がうまく行かなかったりしなかったことはあまりありませんねぇ。どちらかと言うと仕事モードという意識が強いからでしょうか。

もちろん「会えて嬉しいっ!」という思いはありますよ♪でも、ほんとに大好きなアーティストって、実際に会うと意外と喋ることがないんですよね。だって、好きであればあるほどそのアーティストのことは知識としてよく知っているので質問したいことがあまりないんです。

ちなみに、これまでに一緒にお仕事ができて、とてつもなく嬉しかったアーティストといえば、、、ニュー・オーダー、ジャム&ルイス、プリファブ・スプラウトのパディ・マクアルーン、そして、小泉今日子さん♪

緊張したアーティストは、大貫妙子さんと高橋幸宏さんですかね。

 

 

【イギリスの官能小説の件】

堀井さんは『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』という映画をご覧になりましたか?との質問が来ました。

今年の初頭にさんざんテレビCMが流れていたアレですよね?気になってたんですがまだ見てないんです...。

この映画、元々はイギリスの官能小説が原作らしいんですが、よくよく調べてみると大ヒットしたヴァンパイア小説『トワイライト』のファンフィクション(ファンが勝手に作ったサイドストーリー=いわゆる同人作品)なんですね。

同人小説が爆発的にヒットして全世界ロードショーレベルの映画になるっていうのは凄いですね!ますます見てみたくなりました。

ちなみにリクエストも頂いていた『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の主題歌を歌っているEllie Goulding(エリー・ゴールディング)はお気に入りのアーティストです♪

 

 

【ホーリーさんにピッタリの曲の件】

あるリスナー様から「ホーリーにぴったりな曲をリクエストします」ということで、Amii Stewart(エイミー・スチュアート)の「Knock On Wood(ノック・オン・ウッド)」にリクエストいただきました。

はい、1979年の全米No.1ヒット!好きな曲ですよ〜往年のディスコヒットは聞けば気分も上がりますね♪

そして、この曲は、オリジナル・バージョンも大好きです。

オリジナルは1967年、サザン・ソウル・シンガー=Eddie Floyd(エディ・フロイド)によるヒット曲なんですが、この曲が収録された同名のアルバム、ジャケット写真が凄いんです!まるで映画『シャイニング』のジャックニコルソンを彷彿させる、なかなか衝撃的なジャケット写真です!(スーツに斧って・・・。)

お時間あれば探してみてください。

 

 

【ひょうきん懺悔室の件】

リスナー様からこんなメール頂きました「ラジノスケの写真を見て、動揺しています。声のイメージは温水洋一さん。ブログなどを見た感じでは、大泉滉さんでした。それが、ラジノスケでは<ひょうきん族の懺悔室>と言った感じです。生のホーリーさんにお会いしたいです。 」とのこと。

なるほど!ひょうきん懺悔室といえば、グレート義太夫さん...ではなく、ブッチー武者さんですね(笑)云われてみると似てるかも...。

真偽の程は、イベント会場ででもご確認下さい♪

 

 

【夢作曲の件】

これは、アーティストさんにインタビューする時にたびたび出てくる話ですが「夢の中でいい曲を思いつく」ことはよくあるようです。

で、多くのアーティストさんは「でも起きたら忘れてるんだよね」とか「実は、今まで聞いたことのある曲だった」そうなんですが、中には「眠る前や、夢の中、起き抜け、などに良いメロディーが浮かぶこともあるから、ベッドサイドに常にボイスレコーダーを置いている」という方もいらっしゃいます。

なので、先日「夢の中でジミー・ペイジ風のリフとジェフ・ベック風のソロが降りて来たけど、いざ弾こうと思ったら思い出せない」という方、ベッドサイドにボイス・レコーダーや、スマホの録音機能などを使ってみてはいかがですか?ひょっとしたら神フレーズかもしれませんよ♪

 

 

【バルデスと堀井とランバダの件】

リスナー様から「年中半袖の堀井は、中日のバルデス投手のようですね、彼もとても寒い日に半袖だったのですよ。」とのメールとともに「ランバダ」にリクエストいただきました。

あら、バルデス投手も寒くても半袖なんですね?でも堀井の場合は、建物の中など<空調の整ったところ>という条件付きの半袖ですからね、さすがに冬の寒空のもとで半袖にはなりませんよ(笑)

さて、リクエストして頂いた「ランバダ」、これは色々話したいことありますね〜。もう少し暑くなってきたら曲を紹介しながらオンエアしてみましょうかね!





.




[4]新しい記事:4月19日分のブログ 更新しました!
[6]古い記事:2015年4月12日 第51回目の放送
カテゴリー
月別アーカイブ
[2]ページの先頭
[0]ブログトップ
関連ページ
A MUSIC PROGRAM トップ
ラジオ面トップ
CBCトップ
(c) 2000 CBC RADIO CO.,LTD.