A MUSIC PROGRAM
≫番組ページはこちら
A MUSIC PROGRAM
毎週日曜日 13:00~15:00放送
2015年11月22日 第79回目の放送
2015年11月22日 23:08 
堀井"holy"庄一  

こんにちは、ホーリーです!

今日も、まずまずのホーリー・ブルー!

岡崎公園で開催中のCBCラジオ秋まつり

会場からもたくさんメール頂きました♪

 

前週の週間予報では雨だったのですが

土曜日は私が、今日日曜日は平野裕加里さんが

晴れ男&晴れ女なので晴天に恵まれましたね(笑)

 

そして、昨日の堀井は裏方だったにも関わらず

わざわざ足を運んでくださった方が大勢いらっしゃって

新栄TJブース前にも沢山の方にお集まりいただきました。

本当にありがとうございました!

 

いつも、メールやFAX、LINEでは繋がっていても

お顔を存じあげない訳ですし、

ラジオネームでしか紹介していない方が多いので

ご挨拶しても、すぐにはどなたか解らなかったり、

もしくは、お帰りになってから

「あぁ!あの人は◯◯さんだったんだ」

と気づくこともしばしばありました

申し訳ございませんm(__)m

 

もし、次回からこういう機会があれば

是非、ラジオネームでご挨拶いただけると

堀井もすぐに分かりますので

宜しくお願い致します!!!

さて、今日は番組後半に

注目のロックバンド HaKU のインタビューをお送りしました。

近未来的でエレクトリカルなのに

極限まで磨いた演奏スキルでフィジカルにアプローチする

ハイセンスな男女ツインボーカル・ロックバンドです!

しかもボーカル&ベースの三好春奈さん(twitter)

僕の大好物なベース女子!

しかも、アグレッシブにボーカルをプレイしながら

ボーカルを取る姿は是非皆さんにも生でご覧頂きたい!!!

さて、来週 11月29日(日)のAMP

13:00−15:00までのフル放送!

リクエストテーマは

『ダンス・ミュージック、踊れる音楽』

11月29日は『ダンスの日』ってご存知でした?

ダンス・ミュージックというと

ディスコ的なものを想像してしまいがちですが

ロックも ジャズも ラテンも 民族的なものも

体を動かせる音楽、踊れる音楽なら全部ダンスミュージックです。

あ、チークダンス用の曲もダンスミュージックですね♪

 

是非、メッセージと共にリクエストお寄せ下さい!

 

 

 

では、いつもの様に、本日のオンエア曲リストです!

2015年11月22日(日) 第79回目 オンエア曲

~~~~~1時台~~~~~~

◯You Don't Have To Be A Star(星空のふたり)
  /Marilyn Mccoo & Billy Davis Jr.
  (マリリン・マックー&ビリー・デイヴィスJr.)

◯Don't Go Breaking My Heart (恋のデュエット)
  /Elton John & Kiki Dee(エルトン・ジョン&キキ・ディー)

 

◯Crying(クライング)
  /Roy Orbison with K.D. Lang
  (ロイ・オービソン with k.d.ラング)

<<< CM >>>

◯From A Distance(孤独の世界)
  /P.F. Sloan(P.F.スローン)

◯Wordy Rappinghood(おしゃべり魔女)
  /Tom Tom Club(トム・トム・クラブ)

<<< 交通情報 >>>

◯Don't Know Much(ドント・ノウ・マッチ)
  /Linda Ronstadt & Aaron Neville
  (リンダ・ロンシュタット&アーロン・ネヴィル)

 

~~~~~2時台~~~~~~

 

◯You Are Everything(ユー・アー・エヴリシング)
  /Diana Ross & Marvin Gaye(ダイアナ・ロス&マーヴィン・ゲイ)

【ゲスト:HaKU の みなさん】

 BGM:1秒間で君を連れ去りたい
     /HaKU

◯carpe diem/HaKU

 BGM:masquerade/HaKU

◯Happiness -Shiawase No Oto-/HaKU

◯衝動/HaKU

 BGM:泣くよ/HaKU

<<< 交通情報 >>>

◯Love Will Follow<Live>(ラブ・ウィル・フォロー<Live>)
  /Kenny Loggins & Shanice(ケニー・ロギンス&シャニ―ス)

さて、来週 11月29日(日)のAMP

13:00−15:00までのフル放送!

リクエストテーマは

『ダンス・ミュージック、踊れる音楽』

11月29日は『ダンスの日』

ディスコ的なものからロック、ジャズ、ラテン、

体を動かせる音楽、踊れる音楽なら全部ダンスミュージックです。

チークダンス用の曲もOK♪

 

是非、メッセージと共にリクエストお寄せ下さい!

放送内でご紹介できないメールも

必ず目を通してますので懲りずにメール下さいね♪

ちなみに今回頂いたメールの質問は

↓ このブログの続きにて出来る範疇でおこたえします ↓

 更新まで今しばらくお待ち下さい

.

【秋まつり、大盛況だった件】

CBCラジオ秋まつりin岡崎公園、おかげさまで連日大盛況でした♪

会場付近の方、遠方から足を運んでいただいた方、皆さん本当にありがとうございます!多くの人と直にお話をすることが出来て楽しかったです♪

そして、今回堀井は裏方で関わっていたので「忙しそうで声をかけられなかった」とのメールやFAX等も多数頂戴しました...この場を借りてお詫び申し上げますm(__)m

そのかわりと云ってはなんですが、必ず皆さんで楽しめるようなイベントを別途開催しようと思っておりますのでその際はたっぷりとお話させていただこうと思います!

【初メール頂いた件】

今日も初メール、沢山頂きました!今後ともAMPよろしくお願い致します。一部ご紹介いたします。(以下メール抜粋)

■holyさんこんにちは。昨日はラジオまつり、私も嫁共々お邪魔致しましたが、写真撮影にも気軽に応じていただきありがとうございました。(中略)深夜帯の番組『ミュージックガイダンス』の頃から聴かせていただいておりましたが,今年辺りからは土日仕事が多く,AMPもあまりしっかり聴けていませんでした(泣)が,今日は自宅でAMPを聴きながら仕事に励もうと思います。今日も,そしてこれからも頑張ってください。

→この番組では初めましてですが、堀井的には最古参のリスナー様ですね♪

 昔から応援ありがとうございます!精進します!!

■いつもカーラジオで拝聴しています(中略)サウンドベイ上前津店が12月27日で閉店とのことで閉店セールをやってました。今回はロニー・ジョーダンのCD2枚を買ってきました。ロニー・ジョーダンと言えば、アシッドジャズムーブメントの最先端に居たギタリストとして有名でしたが、2014年に51歳の若さで死去。もっと活躍して欲しいアーティストでありました。出来たらロニー・ジョーダンの特集をやって欲しいです。

→いつも聴いて頂きありがとうございます!サウンドベイ上前津店ってまもなく閉店なんですね(> <)ウチの事務所があの近所で何度もお世話になったことあったのですが、知りませんでした。そっかぁ、やっぱ中古CDもキツイのかなぁ...。

ロニー・ジョーダン、デビュー当時からお世話になりましたね~。80年代以降、スムース・ジャズなどの専門ラジオ局がない日本では、フュージョンやアシッド・ジャズのギター・インストをちゃんと曲としてフルオンエアするラジオ局って少なかったんですが、ロニーの「ソー・ホワット」などはBGMではなく、曲としてかかってましたもんね。

しかも近年までコンスタントにメジャー流通のリリースもありましたから、彼が敬愛したウェス・モンゴメリーやジョージ・ベンソンのあとを継いで息の長いアーティストになってくれそうだっただけに早すぎる死が残念です。

ああ、そういえば彼が参加したGuru(グールー)のアルバム『Guru's Jazzmatazz, Vol. 1』というアルバムをご存知でしょうか?

そのアルバムの中にスタイル・カウンシルのボーカルとしてもお馴染みのボーカリストD.C.Leeと共演した「No Time To Play」という曲があるんですが、ビデオクリップを見るまでは,てっきりヒップホップ的手法でサンプリングしたギターをループしてるのかと思ってたんですが、実際にちゃんと最初から最後まで弾いているのを見て「な~るほど、だからGuruはロニーを選んだのね」と関心したことを思い出しました。

■今日11月22日はINXSのマイケル・ハッチェンスの命日という事で、元カノのカイリー・ミノーグと、ジェイソン・ドノバンのデュエット「エスペシャリー・フォー・ユー」をリクエストお願いします。あれから18年。カート・コバーンの時みたくショッキングなニュースでしたが、INXSは彼が亡くなった時点で解散すべきでしたよねぇ...。

→いつも凝ったラジオネーム、ありがとうございます!

「エスペシャリー・フォー・ユー」名古屋ディスコのチークタイムの定番ですね!

マイケル・ハッチェンス、亡くなった時は衝撃でしたね。正直言って、ジョン・レノンが亡くなった時は若かったのであまりピンときてなかったのですが、フレディ・マーキュリーやマイケル・ハッチェンス、カート・コバーン、マイケル・ジャクソンなど、自分が多感な時期に活躍していたアーティストの死はいつも衝撃的です。

カート・コバーンの時は生放送直前に速報が入ってきて番組で追悼コーナーを設けたことを鮮明に覚えてますね。

INXSは確かに彼に変わる才能とカリスマを探すのは難しかったでしょうね。そのあたりマイケル・ハッチェンスがよく引き合いにされたドアーズのジム・モリソン然りですね。やめるべきだったのかも...。

■ホーリーさんこんにちは。この番組初メールです。昨日のラジオ秋まつりお疲れ様でした。生ホーリーさんはやはりオダギリジョーさんに似てましたね。

→この番組では初めましてですね!いつもありがとうございます♪そして秋まつりもお越しいただきありがとうございます!

 オダギリジョーさん、、、自覚したことはございません、一緒なのは<目・鼻・口・耳の数>と<ヒゲが生えてること>くらいじゃないですか(笑)

【文字化けメールの件】

今日のオンエアでもお話しましたが、折角メールを頂いても文字化けで読めないことも結構あったりします。

原因として考えられるのは主に3つ。

(1)『絵文字の使用』携帯やスマホだと絵文字を使うことも多いと思いますが、パソコンでは絵が表示できず化けることが多いです。

(2)『機種依存文字の使用』絵文字の使用と似たようなものですが例えば「(1)」や「(株)」などは1文字で打てますよね?しかしこれは機種依存文字といって相手の環境によってはその文字が使えず化けることがあります。

(3)『改行なしの500文字を超える長文』一般的に改行なしで1000バイトを超えるメールは文字化けします。1000バイト=全角の日本語なら500文字ですので、500文字を超えないように改行を入れていけば大丈夫だと思います。

【一問一答】

■バースディーアーティストにリクエストしたい時にバースディーアーティストが調べれるサイトが有りましたらご紹介頂けませんか?リスナーさんも知りたいと思うのですが、宜しくお願い致します。

→えっと、手っ取り早いのはコチラ『Today's Birthdays in Music』

 あとはコチラ『Wikipediaの英語版』でしょうか

■ホーリーさん、こんにちは。本日のテーマ、デュオのですが、確か「フーターズ」というアーティスト(うろ覚えです)にシンディーローパーがゲスト出演した曲「Boys Will Be Boys」を聴いてみたいです。声のコラボが最高です。高校生の頃にウォークマンで聴いてよく登下校していました。

→リクエストありがとうございます!「Boys Will Be Boys」元気とやる気がみなぎる1曲ですよね♪

おっしゃるとおりThe Hooters(ザ・フーターズ)がCyndi Lauper(シンディ・ローパー)をフィーチャーした曲ですが、この2組はずい分昔から交友があるんです。

シンディのソロ・デビュー・アルバム『She's So Unusual(シーズ・ソー・アンユージュアル)』のバックバンドはザ・フーターズのメンバーが務めていますし、あの名曲「タイム・アフター・タイム」はザ・フーターズのメンバーであるロブ・ハイマンとの共作なんですよ〜♪

その後も2組の交流は続き、リクエスト頂いていた「Boys Will Be Boys」が収録されたザ・フーターズの1993年のアルバム『Out of body(アウト・オブ・ボディ)』ではシンディ・ローパーがゲスト・ボーカルで参加しています。

■レインボー「スティル・アイム・サッド」原曲が誰か分からないです。ロニー・ジェームス・ディオがライブで歌ってますよね。カラオケで見つからないんで...。

→オリジナルはYARDBIRDS(ヤードバーズ)です♪ 

ちなみにディオがライブで歌っているというのはライブアルバム『On Stage(レインボー・オン・ステージ)』のことでしょうか? それとも『ライヴ・イン・ミュンヘン1977』のことでしょうか?

『ライヴ・イン・ミュンヘン1977』「スティル・アイム・サッド」は凄いですよね!こちらはDVDでもリリースされていて映像もあるのですが一度見だしたら最後、27分間 目が離せません(笑)

■ちなみに...ホーリーさんの好きなプリズンスクールはCBCではドラマの放映はないのでしょうか...?ホーリーさん教えて下さい...

→はい、今日のゲストHaKUがオープニングテーマ曲を手がけた実写版TVドラマ『監獄学園<プリズンスクール>』ですが、残念ながらCBC-TVではネットしていません...。どうしてもご覧になりたい方はオンデマンドでどうぞ→コチラから

■ずっと気になっていた夫婦もの映画、ブラピとアンジーの共演映画、Mr.&Mrs.スミスのサントラ、確かエアサプライの曲があったのでは?曲名は分からないですが。

→Air Supply(エア・サプライ)の「Making Love Out Of Nothing At All(渚の誓い)」ですね!

当番組でもたびたび名前の出てきているジム・スタインマンのプロデュースによる超ドラマティックなミュージカル仕立てのバラードです。

■男女のデュエット曲、ブライアン・アダムスとティナ・ターナーのダミ声コンビが歌ったクリスマスソングがありませんでしたっけ?何て曲でした?

→えっと、ブライアン・アダムスとティナ・ターナーがデュエットした「It's Only Love」という名曲がありますが、こちらはクリスマスソングではないですねぇ。

ブライアン・アダムスが1人で歌ったクリスマスソングなら「Christmas Time(クリスマス・タイム)」という素敵な曲がありますよ♪

■リクエストですが、オリビアニュートンジョンと........のサドンリーお願いします。この....には、だれの名前が入るのでしょう?自信がないので教えてください。好きな曲の一つです。

→はい、「Suddenly(恋の予感)」ですね?

オリビアのデュエット相手はイギリスの国民的シンガーのCliff Richard(クリフリチャード)です。映画『ザナドゥ』のサントラから「ザナドゥ」「マジック」に次ぐヒットとなりました。

■取り上げてほしいリクエスト特集です。その後のミュージック・シーンに多大な影響を及ぼしたアーティストや楽曲、画期的な演奏(ギター奏法等)などで後世に名を残した名曲特集です。

→なるほど、ちょっと学術的な特集ですね(笑)やってみます!



[4]新しい記事:遅ればせながら11月8日のブログを更新しました
[6]古い記事:2015年11月15日 第78回目の放送
カテゴリー
月別アーカイブ
[2]ページの先頭
[0]ブログトップ
関連ページ
A MUSIC PROGRAM トップ
ラジオ面トップ
CBCトップ
(c) 2000 CBC RADIO CO.,LTD.