A MUSIC PROGRAM

毎週日曜日 13:00~15:00放送

CBCラジオ「A MUSIC PROGRAM」は毎週日曜日 13:00~15:00放送。しっかりとした音楽情報と共に日曜の午後、リッチなリラックスタイムをお届けします。

2014年9月14日 第22回目の放送

2014年9月14日 18:35

こんにちは、ホーリーです!

 

連休の中日だった今日、

抜けるような青空と心地いい気候に

みなさんも清々しい気持ちで過ごせたのではないでしょうか?

 

今日もみなさんの大切な時間を

音楽で心地よく彩ることが出来たならいいのですが。

初めてメールの方もたくさんいらして嬉しい限りです♪

 

では、いつもの様に、本日のオンエア曲リストです!

  

2014年9月14日(日) 第22回目 オンエア曲

 

~~~~~1時台~~~~~~

◯Take On Me(テイク・オン・ミー)/a-ha(アーハ)

 

BGM The Sun Always Shines On TV(シャイン・オン・TV)/a-ha(アーハ)

 

BGM Batucada(バトゥカダ)/Marcos Valle(マルコス・ヴァーリ)

 

◯So Nice(Summer Samba)/Marcos Valle(マルコス・ヴァーリ)

 

<<<CM>>>

 

◯Harvest Moon(ハーベスト・ムーン)/Neil Young(ニール・ヤング)

 

BGM CARMEL(カーメル)/Joe Sample(ジョー・サンプル)

 

◯Melodies Of Love(メロディーズ・オブ・ラヴ)/Joe Sample(ジョー・サンプル)

 

◯That's The Easy Part(ザッツ・ザ・イージー・パート)/Beth Nielsen Chapman(ベス・ニールセン・チャップマン)

 

<<交通情報>>

 

◯Eye In The Sky(アイ・イン・ザ・スカイ)/The Alan Parsons Project(アラン・パーソンズ・プロジェクト)

 

 

今日は秋にピッタリ?のナンバーが多かったのですがいかがでしたか?

大好きなアーティストの訃報にふれ

ちょっとセンチな気分になった瞬間に

泣いてしまいそうになりました、いかんいかん。

やっぱ、昔より涙腺が緩いなぁ・・・。

 

さて、来週9/21(日)の A MUSIC PROGRAMは、

13:00-14:00までの濃縮バージョンですが、、、

万が一、甲子園での試合が雨で中止になったら

久しぶりのフル放送です。

どんどんリクエストくださいね~♪

(月=moonに関する曲もリクエストお待ちしています)

 

放送内でご紹介できないメールも

必ず目を通してますので懲りずにメール下さいね♪ 

 

ちなみに今回頂いたメールの質問は

↓ このブログの続きにて出来る範疇でおこたえします ↓

 

 

 

【月にまつわるリクエストの件】

「洋楽はあまり知らないけど、9月なので月にまつわる曲をかけてください」とのリクエストに端を発した「月の曲リクエスト大会」なんとか9月中に開催しますので、どんどんリクエストくださいね!

【リスナーさんのメールで土天リスナーさんとも繋がれた件】

前日の土天で9月の曲としてアース・ウィンド&ファイアーの「セプテンバー」がかかってましたよ!とのリスナーさんのメールを紹介したところ、「それ、わたしのリクエストでした!」と別のリスナーさんから初メール頂きました。

こういうチェーンリアクション、ほんと嬉しいです♪♪今後とも宜しく!

【エイミー・ワインハウスへのリクエストの件】

9月14日は2011年に他界したエイミー・ワインハウスのバースデーでした(享年27歳)。それを知ってか知らずか彼女の曲にリクエストを頂いておりました。初リクエストありがとうございます!

エイミー・ワインハウスは僕にとっても印象深いアーティストでした。21世紀にビーハイヴ・スタイルで登場した彼女、ロック以外では久しぶりにカッコイイ女性アーティストの登場にワクワクしたものです。

しかしプライベートでは不運の連鎖に見舞われ、挙句27歳で夭折してしまい、とても残念で悲しかったです。

しかし27歳とは...。 以前番組で紹介したジャニス・ジョプリンやジミ・ヘンドリクス、ドアーズのシム・モリスン、ニルヴァーナのカーロ・コバーンなど、27歳で他界した天才をイギリスでは「27クラブ」というそうですが、何故こんなところで符合してしまうのでしょうね?

そうそう、僕も大好きなプロデューサー、マーク・ロンソンを強く意識しだしたのはエイミー・ワインハウスの作品をプロデュースしてからでした、彼女の成功がなければマーク・ロンソンもここまで脚光を得ていなかったかもしれません。

【プライマル・スクリームのギタリストが亡くなった件】

ロバート・ヤングは9月9日に亡くなりました。数々のヒットがあるプライマルですが、ロバート・ヤングといえば、やはり「Rocks」のギターリフは王道でシンプルながら絶品!一生忘れません。

 

【親子特集をご提案いただいた件】

今日の放送でジョー・サンプルさんの追悼をしていた時に、彼がフィーチャーしたボーカリストとしてダニー・ハサウェイの娘さんでシンガーのレイラ・ハサウェイの名前を挙げたんですが、リスナーさんからキャンディ&ハンス・ダルファー親子を例に「親子特集はいかが?」とのリクエストいただきました。

これは沢山ありますね~!どの辺から行きましょうか?手始めにフランク&ナンシー・シナトラ、ナット&ナタリー・コール、あたりからでしょうか。

【ジョン・マクラフリンのダブルネックの件】

リクエストありがとうございます、「火の鳥」懐かしいですね!

それにしてもマクラフリンという苗字も彼が率いたマハビシュヌ・オーケストラという名前も、日本人には馴染みのない単語ですから当時のラジオDJが間違って発音していたのも仕方ないかもしれませんね。

さて、最近ではあまり見かけませんが70年代はダブルネック(複数のネックが付いたギター)を結構目にしましたよね♪

マハビシュヌ・オーケストラ「火の鳥」のジョン・マクラフリンもそうですし、ツェッペリン「天国への階段」のジミーペイジ、イーグルス「ホテル・カリフォルニア(ライブ盤)」のドン・フェルダー、挙げればキリがありませんが、やはりチープトリックのリック・ニールセンの5ネック・ギター!アレは相当衝撃的でしたね(笑)

【ノラ・ジョーンズでおすすめの曲を問われた件】

イキな選曲でノラ・ジョーンズの曲をチョイスして下さいとのメール頂きました。これは難しい(笑)

やはり外せないのは「Don't Know Why」これはパーフェクトな曲ですね!さすがアリフ・マーデンのプロデュースです。

が、実はこの曲ソングライトはノラではなく、ジェシー・ハリスです。

では、ノラ本人のソングライトとなると...「Sunrise」か「Chasing Pirates」あたりでしょうか。

あっ、あともう1曲!ノラの妹でシタール奏者のアヌーシュカ・シャンカールとのコラボレーション曲「Traces Of You」ですね、これはほんとうに素敵な曲♪

ビデオクリップでは2人の父親であり偉大なシタール奏者ラヴィ・シャンカールの映像も出てきて泣けます!

他にもいっぱいあって選ぶの大変(笑)

【兄妹 揃ってのハードロック&メタル好きな件】

へ~妹さんもハードロック&ヘヴィメタル好きとは!

デヴィカバ、いいボーカリストですねぇ、パープル~ホワイトスネーク~カヴァデール&ペイジ、うーん、レジェンドですね。(けど、何故か雑誌Viva Rockのマンガ「4ビート・ギャグ」を思い出してしまいますw)

実は、ホワイトスネイク時代のデヴィッド・カヴァデールに偶然 街で出会ったことがあります、京都で。この話は長くなるので機会を見て放送で話しますね(笑)

近年、ハードロック、ヘヴィメタルも再び盛り上がりを見せていますからねぇ~♪

そういえば昔のメタルとは毛色が違いますが、史上最年少で武道館単独2デイズを成功させたベビーメタルもさいたまスーパーアリーナ(客席2万2千席)でのワンマン決まりました!

80年代のハードロックやメタルとは違いますがベビーメタル大好きです♪

この話も長くなりそうなので機会があればオンエアで(笑)

【今日は矢沢永吉さんのバースデーだった件】

リクエストも頂いてたのですが、新栄TJの方で1曲オンエアさせていただきました。「ひき潮」友達の家でカセットテープで聞いたのが最初でしたねぇ、さらば夏の日...あの頃はまだこんな恋、知らなかったなぁ、今なら分かる(シミジミ)

【故・松宮一彦アナウンサーを偲ぶ件】

僕の世代だと『ザ・ベストテン』の追っかけマンとして活躍なさってたのが鮮明に印象に残っている元TBSアナウンサー、松宮一彦さん。

ラジオではDJである自らキューを振ってらっしゃったとのこと。

確かにスタイルは同じですが、堀井とはトークのスキルが違いすぎて比べられると困ってしまいます、あちらは神レベル、堀井は底辺です(笑)

喋りのレベルが低すぎる分、選曲と構成を練って皆さんに楽しんでいただけるよう精進します!

【秋に似合うジェッツの曲にリクエストを頂いた件】

懐かしい兄弟8人組、ザ・ジェッツにリクエストいただきましたが曲名が書いてません。

秋に似合う曲とのことですが「メイク・イット・リアル」か「ユー・ガット・イット・オール」あたりでしょうか?もしくは「アンダー・メニー・ムーン」??

【マーキュリー・プライズの予想をして欲しいとの件】

はい、ブリット・アウォードと並びイギリスの2大音楽賞のひとつマーキュリー・プライズ。10月29日の授賞式にむけ、ノミネート12作品が先日発表されました。(ノミネーションはこちら)

で、どのアーティストが獲ると思います?という質問を頂きましたが、何枚か未聴のものもあったので手配し、先ほどコンプリートしました。

う~ん、マーキュリー・プライズの系譜から行くと、FKAツィッグスが受賞しそうな気がしますね。個人的にも今年のUKモノの中では上位に入りますね。

ブックメーカーではケイト・テンペストも下馬評が高いらしいですが、こちらは詩世界の評価が高いアーティストなので英語がネイティブでない堀井には素直に良さを判断できません(笑)

クリーン・バンディットがノミネーションされないのは、たしかに謎ですね...「ラザー・ビー」いい曲だったのに。ポップすぎるのかしら?

 

  • LINEで送る