A MUSIC PROGRAM

毎週日曜日 13:00~15:00放送

CBCラジオ「A MUSIC PROGRAM」は毎週日曜日 13:00~15:00放送。しっかりとした音楽情報と共に日曜の午後、リッチなリラックスタイムをお届けします。

2015年7月19日 第61回目の放送

2015年7月19日 23:59

こんにちは、ホーリーです!

台風一過のホーリー・ブルー...とは相成らず

どんよりとした雲がかかり、

蒸し蒸しとした一日でしたね。

でも、今度の週末はスカッ!と晴れてほしいなぁ...

 

というのも、今度の週末はCBCラジオ夏まつり!

7月25(土)20:00〜エンゼル広場

AMPサタデーナイトフィーバーを開催します♪

星空のもと、野外ディスコですよ〜

もちろん参加無料なので、是非、ご参加下さい!

そして、来週 7月26日(日)のAMP

13:00−15:00までのフル放送!

特集テーマは『ダンス・ミュージック』です。

ディスコ・ミュージックに限らず、

ポップス、ロック、ジャズなど、踊れる曲なら何でもオッケー♪

皆さんが踊りたい曲のリクエストお待ちしております♪

では、いつもの様に、本日のオンエア曲リストです!

2015年7月19日(日) 第61回目 オンエア曲

~~~~~1時台~~~~~~

◯I Get Around(アイ・ゲット・アラウンド)
     /The Beach Boys(ビーチ・ボーイズ)

 BGM:Surfin' U.S.A.(サーフィンUSA)
      /The Beach Boys(ビーチ・ボーイズ)

 BGM:Pipeline(パイプライン)
      /The Ventures(ザ・ベンチャーズ)

 

◯The Tide Is High(夢見るNo.1)
     /Blondie(ブロンディ)

 BGM:Motherless Children(マザーレス・チルドレン)
      /Eric Clapton(エリック・クラプトン)

 

◯I Shot The Sheriff(アイ・ショト・ザ・シェリフ)
     /Eric Clapton(エリック・クラプトン)

    

<<< C M >>>

 BGM:Brighten By The Sea(ブライトン・バイ・ザ・シー)
      /Bob James(ボブ・ジェームス)

      

◯James Dean(ジェームス・ディーン)
      /Eagles(イーグルス)


 BGM:716 / 粥川なつ紀

◯No One But You(ノー・ワン・バット・ユー)
      /Queen(クイーン)

<<< 交通情報 >>>

 BGM:Theme From 'Jaws'(映画『ジョーズ』テーマ曲)
      /John Williams

◯Black Sand(ワイキキの熱い砂)
     /Kalapan(カラパナ)


◯Blue Hawaii(ブルー・ハワイ)
     /Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー)

~~~~~2時台~~~~~~

<<< ニュース・天気 >>>

◯One Fine Day(ワン・ファイン・デイ)
     /Carole King(キャロル・キング)

◯Love letters in the sand(砂に書いたラブレター)
     /Pat Boone(パット・ブーン)

◯埠頭を渡る風松任谷由実

 

Sea Of Love(シー・オブ・ラヴ)
     /The Honeydrippers(ザ・ハニードリッパーズ)

 

Jamaica(ジャマイカ・センチメンタル)
     
Bobby Caldwell(ボビー・コールドウェル)

 

<<< 交通情報 >>>

◯Free(フリー)
     /Donavon Frankenreiter(ドノヴァン・フランケンレイター)


 

◯Sailing(セイリング)
     /Christopher Cross(クリストファー・クロス)

本日も沢山のメール有難うございました!!

さて、来週 7月26日(日)のAMP

13:00−15:00までのフル放送!

特集テーマは『ダンス・ミュージック』です。

ディスコ・ミュージックに限らず、

ポップス、ロック、ジャズなど、踊れる曲なら何でもオッケー♪

皆さんが踊りたい曲のリクエストお待ちしております♪

 

放送内でご紹介できないメールも

必ず目を通してますので懲りずにメール下さいね♪

ちなみに今回頂いたメールの質問は

↓ このブログの続きにて出来る範疇でおこたえします ↓

.

【海の想い出の件】

今日は、海の日イブということで、海にまつわる曲、海にまつわる思い出の曲を皆さんから募りましたがメッセージいろいろ頂きましたので一部ご紹介します(以下メール抜粋)

■リアルタイムで聞いたサーフィンUSA、西尾の吉良海岸で家族で海水浴に行った時の事を、思い出します。よかったら、かけてやってください!

→そうですか〜。この曲がリリースされたのは1963年。海水浴に向かう車で聞くラジオでも、ビーチでも、サーフサウンド真っ盛りの頃ですね♪

そして、1960年頃に日本に入ってきたサーフィン文化が広がりを見せていた時代でもあります。ひょっとすると吉良海岸にもサファーがいたのでしょうか?

■約30年前ミーハーだった私は、当時はしりのウインドサーフィンを始め、毎週のようにキャリアにボードを載せて新舞子に走りました。ステッカーを貼りまくった車のカセットステレオにはサーファー御用達の、ビーチボーイズがいつも入っていました。今思うと典型的な、形から入るイタい若者でした。

→こちらは30年ほど前ですから1980年代中盤、確かにウィンドサーフィンが注目されてましたねぇ〜♪

ポパイやホット・ドッグ・プレスなどのファッション誌でもビーチに持って行きたい音楽として最新の80'sポップスやAORなどと並んでリリースから20年も経っていたビーチ・ボーイズのナンバーが紹介されていましたね。

もちろん、今でも夏になると耳にするこのナンバー、聞くだけで誰もが海を連想する響きはさすが永遠不滅のサーフィン・サウンド!ですね。

■今日は海にちなんだ曲という事で。今から30年くらい前かな?当時僕は名古屋のデザイン学校の学生でした。当時の一番好きなアルバムLPが大瀧詠一の『ア・ロング・バケーション』。曲もまたレコジャケも最高でした。イラストレーターの永井博さんのキャンバスボードにアクリルで描いた、海やプール。乾いた空気もまた降り注ぐ太陽光もダイレクトに伝わって来ました。青春の思い出です。今もCDで持っています。でもレコジャは大判のLP盤くらいの大きさが良いですね。

→はい、もちろん堀井もこのアルバムはアナログ、CD、両方持ってますが、最初に手にしたのはレンタルレコードでしたね。1981年のリリース当時、まだ14だったので買えるレコードの数も限られていましたから...。

それでもこのジャケットはとてもお洒落で見た瞬間に「部屋の壁に飾りたいっ!」と思ったのを覚えています。

当時はお気に入りのレコードジャケットを部屋の壁にとっかえひっかえ飾ってたのですが、CDになってからは、そういうこともしなくなりましたねぇ。メール主さんがおっしゃるとおりLP盤くらいの大きさがないと味気ないんですよね。

近年、CDなんだけどジャケットだけはLPサイズと言う商品もいくつか発売されていますが、是非、全ての作品がそうなることを切望します!

それにしても永井博さんのアートワーク、見るだけで80年代のあの懐かしい海にいつでもタイムスリップできる魔力がありますよね♪

【校庭に書いたラブレターの件】

海にまつわる曲のリクエストでパット・ブーンの「砂に書いたラブレター(Love Letters In Sand)」をおかけしたところ、そのリアクションで「友達が校庭にラブレターを書いたけど撃沈しました!」というメールを頂きました。

どうもメッセージ主さんが「どうせ告白するならインバクトがある方がいい」と友達を煽って校庭に書いたラブレターで告白させたそうですが、なんとも青春学園映画のワンシーンのようでいいですね。

さて、この曲、パット・ブーンの「砂に書いたラブレター(Love Letters In Sand)」、タイトルだけ見ると砂浜に彼女あてのラブレターを書いたようにイメージされるかもしれませんが、実はそうではありません。

ホントは、浜辺にいるカップルがお互いの愛を確かめ合うように砂に「LOVE」という文字を書きます、でも波が来てその文字は消えてしまいます、すると2人はまた砂に「LOVE」と書く、、、これを繰り返している様子なんですね。

因みにこの歌、失恋ソングです。結局2人は離れ離れになって、男性が昔を回想しながら歌っているという内容になっています。

【サメに注意の件】

海を連想する曲のリクエストで、ジョン・ウィリアムスによる「ジョーズのテーマ」をかけたんですが、なんと!豊橋ではサメ注意報が発令されていたそうでびっくりしました。

ニュースにもなりましたが「寺沢海岸の沖合にクジラの死骸が漂流し、サメが寄ってくる可能性があるので海に入らないように」とのこと、いや〜びっくりしました。近郊にもいるんですねサメ。

そうそう、ジョーズのリアクションといえば、「リチャード・ハリス主演の『オルカ』っていう映画もありましたね」というファックスも届きました、ええ、堀井も観ましたよ!あちらはサメではなくシャチでしたね。こちらはただのパニック映画ではなく、いろんなことを考えさせられる深〜い内容の映画でしたね、

【The Venturesは今年も来日した件】

The Ventures(ザ・ベンチャーズ)のPIPELINE(パイプライン)にリクエストくださった方から「今年もベンチャーズは日本に来てるんでしょうか?」とのご質問。

はい、もちろん今年もありますよ♪ すでに来日ツアー中で、全38公演!全国各地を回るそうです。

しかも、今回はただ一人のオリジナルメンバーでギタリストのドン・ウィルソンの最後の来日ツアーとなっていますよ!

このエリアでは8月20日(木)愛知県芸術劇場でライブです。

【ハワイのビーチでお巡りさんに叱られた件】

「ハワイに家族旅行中、ビーチでお酒を並べていたらポリスマンに叱られた...」とのメールをご紹介したところ、他にも「ハワイでビールを買おうとしたら30歳にもかかわらず身分証の提示を求められた」とのメールなど、海外でのお酒類の取り扱いに関するメールたくさんいただきました。

皆さんおっしゃるとおり、アメリカなどでは多くの州で屋外(公共の場所)での飲酒を禁じられています。酒の入った瓶や缶を持ち歩くだけでも叱られますからね。

なのでスーパーなどでお酒を買った時は透けるポリ袋ではなく茶色い紙袋に入れてくれますよ。

アメリカ旅行などなさる方はお気をつけて!

【山下達郎の『Big Wave』が欲しい件】

山下達郎さんの「The Theme From Big Wave(Big Waveのテーマ)」にリクエストを頂いた方から「このアルバムのCD化されたものって、現在、手に入るのでしょうか?できれば欲しいなーと常々思って」とのご質問。

もちろん、この名盤が手に入らないはずがありません!

オリジナルのレコードは1984年に映画『Big Wave』のサントラとしてリリースされているのですが、そこから30年経った昨年2014年に30周年記念盤『Big Wave (30th Anniversary Edition)』としてリリースされていますので普通に手に入りますよ。

もちろんリマスタリングされていますし、なんとボーナストラックが6曲も入ってお買い得です!→コチラ

【夫婦岩から昇る日の出の件】

「伊勢、二見ヶ浦の夫婦岩の間からの日の出は、期間限定というのを最近知りました」との旨オンエアで申し上げたところ、リスナー様から「二見の夫婦岩から昇る日の出を観られるのは5月〜7月の期間限定ですよ」とのメール、併せて「ちなみに冬は月の出というのがあり、12月〜1月の期間に観られます」との情報を頂きました。

堀井は小さい頃から夫婦岩の間からおひさまが出てくる写真を刷り込まれていたので、てっきりいつでも観られると思い込んでたんですよね〜。しかもお月さんが出てくる期間があるというのも初めて知りました!

さらに「二見の由来は倭姫が訪れた時、風景があまりに美しかったので二度も振り返りご覧になったため二見と呼ばれるようになった」との情報もリスナー様に教えていただきました、いまでいう「二度見」の原点ですね。

勉強になりますm(__)m

【楽器の衝動買いの件】

リスナー様から「フレットレスベースとKORGのミ二鍵盤のワークステーションが欲しいな~女房に内緒は厳しいな~許可がでるかな?ホーリーはここ10年くらいで楽器とか衝動買いとかしましたか?」というメール。

う〜ん、両方一気に買うと軽く二桁万円ですよね...。奥さまから許可をもらうにはよっぽどご機嫌をとらねば難しいのでは(笑)

その点、独り身の堀井は気兼ねなく買っちゃいますね(笑)、一応最新の機材などをチェックするのも仕事につながることなので楽器にかぎらず気になる商品があれば買っちゃいますねぇ。

因みに過去10年で一番高かったのは、PCレコーディング用のプラグイン(エフェクターのセット)ですね。

【最近見た変なダンスについて教えて欲しい件】

いつも最新洋楽にリクエスト下さる方から「最近お気に入りの Yogi & Skrillexの「Burial」という曲のミュージック・ビデオで「肩の関節をハズシとるのか?」と思えるようなダンスを見たのですが、あのダンスは何ですか?」とのご質問いただきました。

はい、あれはフレックシング(flexing)というダンス・スタイルの中のボーン・ブレイキング(Bone Breaking)という技です。

フレックシングというのは、数年前にニューヨークのブルックリンで生まれた新しいストリート・ダンスでジャマイカのレゲエとダンスホールシーンから出た「bruk-up」というダンスから進化したダンスといわれています。

リスナーさんがおっしゃるように まるで肩を外したように背中で結んだ両手を回転させながら体の前に移動させるボーンブレイクという技や、ムーンウオークを360度方向に展開するグライディングという技など、軟体動物的な動きが特徴になっています。

【ブロンディの件】

今日、1曲目にブロンディの「夢見るNo.1」をオンエアした際の情報が間違えておりましたので謹んでお詫びと訂正です。

ブロンディが全米シングルチャートで1位を獲得したのは以下の4曲です「Heart of Glass(ハート・オブ・グラス)」「Call Me(コール・ミー)」「The Tide Is High(夢見るNo.1)」「Rapture(ラプチャー)」

そして、オンエアで「夢見るNo.1」が最期の全米No.1ヒットと言いましたが、正しくは「Rapture(ラプチャー)」でした。

記憶だけで喋ってしまい順番が逆になってました。

申し訳ございませんm(__)m

そして、再結成後は、1999年に「Maria(マリア)」という曲がイギリスのシングルチャートでNo.1になっています。

【ホーリーさんの髪型を考える係の件】

番組冒頭で「夏まつりに向けて散髪しようかな?」という話をしたところ、「ホーリーさん、モヒカンなんてどうですか?ワイルドなホーリーさん、に似合うと思います。 」とのメール。

えっ?堀井ってワイルドなイメージなんですか?かなりソフトな人間のつもりですが(笑)

さて、CBCラジオ夏まつりまでに散髪に行けるのか!?会場でチェックして下さい。

  • LINEで送る