名門野球部、祝・シード!

2016年5月23日 10:12

こんな先輩、イヤがられちゃうかも。。。

スピードボールコンテストでのダメダメ雄姿は、おいときまして。。

実は、 我が母校、名門千種高等学校硬式野球部が、夏の甲子園への愛知大会でシードされました。

つまり、春の県大会でベスト8に入るほど強いんです!すごいんです。

創部50年の歴史において、初めての快挙!たぶん。

実は、葛山君というMAX145キロの大エースの存在は聞いていたのですが、後輩たちに会いに行ってみますと、当然、強さの秘訣は、彼だけじゃない!

メンバーは、自由でオモロイ部員がそろっていることに加え、ある日、強肩捕手と左の4番打者が、アメリカから帰国編入学、即入部してきたとのこと。

そんなドラマみたいなストーリーがあるんですね。

おととい、ボクも、すぐに今チームの父兄会に入りました。

来月、決起集会(呑み会)があります。

正直言って、僕らの高校時代は弱小でした。。

甲子園まで、あと、5歩。

しかも、ボク自身、2年生の頃からベンチ入りして試合に出ていたにもかかわらず、ラストの夏は、控えでした。右肘が痛すぎたことを言い訳にしているようなヘッポコ球児でした。でも、その分、三塁ベースコーチとして、大声で指示を出してました。

あの時の、野球への消化不良な思いが、スポーツアナを目指したきっかけのひとつです。

だから、母校のみんなを見ていても、マウンドより、コーチボックスに眼がいきます。

そんな想い出に浸りながら、

現役チームにエールを送ります。

中国に転勤中のボクらの代のアダチ主将にも、メールしないと。

みんなの表情、カメラに収めたんですが、UPするのは、高野連さん的にご迷惑をお掛けすると思いますので、いつかまた!

 共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る
  • twitterで更新を確認できます!
トップへ戻る