金魚にブンチョウ、弥富駅

2016年10月21日 17:34

今日ご紹介した「JRさわやかウォーキング」のコースは弥富駅をスタートするコースでした!

「金魚と白文鳥のまち弥富へようこそ『金魚日本一大会』を訪ねて」というタイトルで8.1キロのコースを歩いていきます。

JR関西線の弥富駅

恥ずかしながら弥富と言えば「金魚」とは今回まで知りませんでした!

品評会で賞を受賞するような金魚になると1ぴき10万円から100万円の値段になるとか・・・・いやいや、すごいもんですね・・・さすが弥富金魚150年の歴史です

ここがタイトルにもあった「金魚日本一大会」が開催される海南こどもの国、全国規模の品評会を見学できるなんて貴重な機会ですよね

当然、事前の取材ではまだ金魚日本一大会の影も形もないのですが、それでも平日にも関わらず多くの人がいて普段から過ごしやすい公園でにんきがあるんだなと感じましたよ!

金魚、金魚と申しましても、それだけではありませぬ!

白い文鳥、白文鳥の発祥の地としても有名なんだそうです。

もともとインドネシア原産の文鳥はツバメ科ということもあって鼠色ですが

突然変異で白くなり、世界的にも発祥の地として有名なんだそうです。

写真は弥富氏の白文鳥ポスト、突然現れますから見つけてみてくださいね!!

コメントを投稿

*ご注意

  • 個人情報の取り扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはCBCの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。
  • 以前のブログはこちらから!
トップへ戻る