どすこい2017

2017年7月31日 10:19

千秋楽から、はや一週間!

盛り上がった大相撲名古屋場所も、毎年のことながら、

千秋楽後は寂しいものですね。

土俵も、のぼりも片付けられて。

そんな中、

陸奥部屋の霧馬山さんから素敵なお写真をいただきました。

霧馬山さんは、モンゴル出身。

日本にやってきて、まだ二年しか経ってません。

それでいて、幕下で十両昇進を狙える番付けまで、スピード出世!

おととしの名古屋場所の際は、まだカタカナを覚え中で、食事の話になると目を輝かせてました。なんでも、日本に来て初めて、牛肉を食べ、たいそうお気に入りなんですって。

今場所は、足の親指のケガもあり負け越してしまいましたが、

そのお肉のおかげもあり、稽古を積んで、立派な体格になってます。

ぜひ、来年の名古屋場所は、十両に昇進して、

『よっ、関取!霧馬山関!』

と、叫べますように。

 共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る
トップへ戻る