台風に、地震に、

2017年8月15日 00:06

もしもの時に、

お盆休み、いかがお過ごしですか。

今晩は、ニュースの夜勤なので、報道部で書いてます。

さきほど、巨大地震が起きた際の緊急報道の『訓練』をやりました。

陣頭指揮に当たる記者のHさん、カメラマンOさん、編集マンさんに、サブという放送自体の心臓部の技術さんたち皆で。

気象庁から緊急地震速報が発表されれば、

即座にスタジオを開いて報道します。

最初の写真は、ニューススタジオ内の、アナウンサーの席でマイクを付け、放送する時のアングルです。

人命救助なんて偉そうなことはできませんが、素早く正しい情報を伝えることで、二次災害など、次に救える命があるかもしれない。。

先日、台風中継を担当しました。

名古屋駅での生中継中に、 一人の男性から、 『野次馬のようにやるんじゃない。人が困っているのがおもしろいのか!』 と抗議を受けました。

もちろんそうではありませんので、情報伝達の必要性をJR東海の広報の方と共に、説明しました。

ただ、不特定多数の視聴者には、そう感じる人もいる。

そこは受け止めておきたいと思います。

ほんとに、何が起こるか分かりませんからね。

コメント

こんちは (・∀・)ノ
放送事業者の仕事もたいへんな仕事だと思っています。
報道・・・・凄いプレッシャーあると思います。 現場、怒涛の勢いで進むと思います。
頑張りましょう。 p(^^)q

宮部さん、こんばんは
読んで頂いて、ありがとうございます。
「ねとらじ再生」というアプリ、「ねとらじ」のホームページから放送させて頂いている時に表示されるのでよろしければ聞いてみて頂けると幸いです。
これからも、応援しています。

災害というのは、いつ起きるか分からないですから、備えが必須ですよね。
災害が起きたら、まず自分の身を守りますが、次に、テレビまたはラジオをつけると思います。ですから、このような訓練をしていると知り、ありがたいことだなと思いました。
話は変わりますが、先週、宮部さんの台風中継を見ました。中継の裏に、いろいろな苦労があるのですね。その苦労を乗り越えて放送している、宮部アナはじめCBCのみなさんはすごいなと感じました。これからも頑張ってください!

宮部さんこんにちは。
僕は将来、ラジオ番組を放送したいと思っており趣味で練習も兼ねてインターネットラジオを使ってやらせて頂いています。
依然、実際に緊急地震速報がなって冷静な対応が出来ませんでした。
実際はそこまで大きな地震ではなく良かったのですがいつ起こるか分からない自然災害に瞬時にできるアナウンサーさんや、パーソナリティーさんなどの方達は流石だなと思いました。
ブログを読んでやはり普段から訓練をしているからできることなのだと思いました。僕も訓練しようと思います。
全員に同じように気持ちが伝わらないのは残念です。
これからも頑張って下さい。

ドラドラさん、おはようございます。
インターネットラジオ!すごいですね。
アプリで聴けますか?また教えてください! 宮部

コメントを投稿

*ご注意

  • 個人情報の取り扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはCBCの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。
  • 以前のブログはこちらから!
トップへ戻る