遠征帯同!

2017年9月7日 21:13

ドラゴンズを追いかけ、

松本市、前橋市に出張!

巨人主催の2連戦。

まずは松本市野球場が舞台でした。

巨人が松本市に来るのが26年ぶり。

試合前から球場周辺は

多くの巨人ファンで溢れていました。

しかし!

「若狭さーん!」

そうです!

名古屋からも

熱心な中日ファンが駆けつけていたのです。

当日のベンチリポーター席はこんな感じ。

各局のアナウンサーが肩を寄せ合い、

タイムリー談話などを伝えました。

編み越しにグラウンドが見えるため、

迫力あるプレーを肌で感じました。

試合は・・・

まさかまさかのサヨナラ負け。

私は松本市内に泊まりましたが、

選手たちは試合後にバス移動。

群馬県まで2時間半のロングドライブです。

「さすがに車内は静かでした」

選手たちは異口同音に

そう教えてくれました。

負けた後の移動はこたえるものです。

翌日は群馬県前橋市にある

上毛新聞敷島球場が戦いの場。

こちらも多くの巨人ファンが集結。

しかし!

「若狭さん、ツイッター楽しみにしています!」

そうです!

前橋市にも中日ファンが応援に来ていました。

「両親、親戚、友人合わせて15人が来ます」

そう打ち明けてくれたのは

群馬県高崎市出身の三ツ間投手。

「高3の夏、ここで負けてベスト4で終わりました。

 でも、背番号12の控えだったので、

 実は3年間で1度もグラウンドに立っていないんです」

そんなほろ苦い悔しさも残る球場に

プロ野球選手として帰ってきました。

「まさかプロとして来られるとは思っていなかったので

 本当に嬉しいです」と三ツ間投手。

残念ながら、登板はありませんでしたが、

外野の芝生で練習する姿を見せられただけでも

親孝行だと思います。

「実家はここから車で40分くらいです。

 両親、親戚、友人合わせて30人ほど来ます」

こちらは群馬県前橋市出身の松井雅選手。

「今日はスタメンマスクじゃないんですよね・・・。

 出たら、頑張ります!」と苦笑い。

出番はありませんでしたが、

こちらもプロとして堂々の凱旋です。

それにしても、甲子園から松本、前橋と

かなりの距離を移動したドラゴンズ選手。

相当疲労が蓄積したと思います。

今回の遠征に帯同し、

改めてプロ野球選手は体が資本だなと思いました。

長い移動にも強くならないと

いい結果は出ません。

それと、日本全国に

中日ファンがいることも強く感じました。

そんなファンのためにも残り試合、

1つでも多くの勝利を届けてほしいです。

明日からはナゴヤドームでカープ3連戦。

私は明日のラジオ実況を担当します。

解説は立浪和義さん。

実は明日が、

私にとって今年ラスト実況となります。

ドラゴンズの先発は笠原投手。

ルーキー左腕のプロ初勝利をお伝えしたいです!

コメント

若狭さん、遅ればせながら松本、前橋と続いた遠征をお疲れさまでした。
今回の遠征により、若狭さんは日本全国47都道府県を制覇しましたね。
各地を遠征して、全国にいるドラゴンズファンともふれあえたのですね。
ドラゴンズは10年前に強かったですが、今じゃカープやベイスターズが
躍進して強くなってます。再び、強い時代のドラゴンズになるために、
若手たちが力をつけて、全国のドラゴンズファンを喜ばしてほしいです。
若狭さん、この一年間の実況放送及び、リポーターをお疲れさまでした!
来年は、若狭さんから『今年のドラゴンズは強い!』と沢山聞きたいです!

コメントを投稿

*ご注意

  • 個人情報の取り扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはCBCの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。
  • 以前のブログはこちらから!
トップへ戻る