来シーズンこそ、、昇竜!

2017年10月12日 10:47

野球のシーズンが終盤を迎えています。

ドラゴンズは、『原点回帰~ゼロからのスタート~』というスローガンを掲げシーズンを戦い、
今シーズン5位という結果でシーズンを終えました。


悔しい結果ではありますが、来シーズンへの明るい材料もあり、
ドラゴンズが、来シーズン昇竜していく姿に期待しています!

そして私にとっても、今シーズン関わるプロ野球は"ゼロからのスタート"でした。

野球実況の練習という形で関わるプロ野球の試合。


ナゴヤドームで行われる試合で、テレビ中継がない日に、
テレビ実況ブースを使って実況練習を行う日々を過ごしておりました。

(同期の榊原アナの撮影)
これは先日、実況席で練習をしている時のワンシーンです。
この日は、宮部アナに指導いただきました。

「野球は2つのチームの戦い。
  ピンチがあればチャンスがある。
   歓喜する瞬間、その一方には、悲しみや落胆がある。
                 勝者がいれば敗者がいる。」

その両者をきちんと表現していくように宮部アナに教えてもらったことが、心に残りました。


常に相対するモノが存在して人間ドラマがうごめきながら野球の試合は進行していきます。

チャンスとピンチの瞬間があり、そこから歓喜と落胆が生まれる間に、
どんなドラマが起こるか分からない!という先読みのワクワク感


このワクワク感を伝えるのがアナウンサーの役目である
という宮部アナのご指導を胸に、

昇竜のごとく実況スキルをアップしていけるようにがんばります。

コメント

光山アナ、榊原アナとスポーツ実況放送の練習をしましたか。
CBCアナウンス部には、今回指導をされた宮部アナをはじめ、
バラエティ豊富なスポーツアナの先輩方が活躍しています。
各先輩方には、それぞれの個性ある実況放送をしております。
宮部アナから学んだ2つのチームの戦いの表現の仕方は、
野球というドラマを演出する役割をうまく表現されましたね。
今後も、色々な先輩の話術を盗み、それを生かした活躍の場を
見聞き出来る日を今からワクワクしてデビューを待ちますね。
では、光山カラーの出る実況練習に精進して頑張って下さい!

コメントを投稿

*ご注意

  • 個人情報の取り扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはCBCの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。
  • 以前のブログはこちらから!
トップへ戻る