神話から。

2018年2月17日 12:01

子供の頃教わった、ヤマタノオロチは、

もっと恐ろしかったと覚えてますが、

44歳になって、自分で、これほどビビるとは思いませんでした。

出雲行脚の途中にて、 神楽を観ました。

 

その前の出雲大社のお参り。

とにかく、壮大で厳かでした。

それと、この鳥居の写真の反対側、

つまり、肝心な本殿に向かう道のアングルに、驚かされました。

恐れ多くて、拝殿向きは、写真には納めなかったのですが、

鳥居をくぐると、ながらかな坂。

それが、『下り坂!』なんですね。

ボクは、これまで下りの参道というのは初めてだったので、

より、拝殿までの遠近感に圧倒されました。

バックの神々の山々は、より高く、

拝殿と本殿は、よりスケール感をもって。

しかも、遠い古は、この復元模型のように、相当な高層だったとも。

毎年のように参る(伊勢)神宮とは異なる『社』の趣でした

そして、大社や神宮の起源となりますと、

次の写真は、出雲大社から玉造温泉方面へ、タクシーで約40分。

神魂(かもす)神社。

世界最古の大社造という国宝でありながら、ひっそりと、かつ、どっしりと祀られています。

屋根の部分からのせり出し方は、

あの岡本太郎さんが、フランス留学後に参拝し、

その後、大阪万博の太陽の塔のデザインの参考にもされたとも。

古き日本のタマシイとカタチが、受け継がれているわけですね。

そんなことをボクなりに感じながら、

来週は、ドラゴンズ沖縄キャンプへ行ってきます!

 共有する
  • Facebookで共有する
  • LINEで送る
トップへ戻る