[CBCアナウンサーズ] ブログ
[CBCアナウンサーズ] ブログ
前期第4戦
2017年3月27日 10:06 
若狭敬一 

我が草野球チーム・麻婆茄子の前期第4戦。

ステイゴールド戦は人生初の結末でした。

朝から雨が降り、

グランドがかなり湿っている中、

両軍ともチャンスが生かせず、ゼロ行進。

我が軍は先発・萩原が緩急を使い、好投。

敵軍投手も要所を締めて緊迫した展開に。

4回裏からは2番手・若狭がマウンドへ。

この回を3者凡退に抑えます。

試合は早いテンポで最終7回の攻防へ。

7回表、我が軍は無得点。

勝ちがなくなった7回裏の守り。

1死後、センターオーバーの3塁打が飛び出し、

サヨナラのピンチを迎えます。

内野が集まり、満塁策は取らずに前進守備を確認。

初球はストライク。

軟式野球独特の3塁ランナーとのヒットエンドラン、

俗に言う、「たたき」を警戒しながらの投球でした。

そして、2球目。

アウトコースのストレートがボールになった瞬間!

「走った!!!!」

バッターは見逃し、ランナーはスタート。

明らかに敵軍のサインミスです。

「よし!」

と思ったのも束の間、

我が軍の挟殺プレーが乱れ、

3塁ランナーを生かしてしまいます。

2死無走者のはずが1死3塁から再開です。

3球目のサインはスライダー。

その時です!!

人生初の出来事が発生。

私がサインにうなずき、

ゆっくりとセットポジションに入ろうとした時・・・

ポロッ。

「あ」

ボールはマウンドの横をコロコロ。

「ボーク!」

響く審判の声。

3塁ランナー生還。

1対0。

サヨナラ負け。

人生初のサヨナラボークを犯したのです。

かつて夏の甲子園で見ました。

宇部商業の2年生エースの左腕・藤田投手。

豊田大谷との準々決勝。

灼熱の太陽が降り注ぐ中で起きたサヨナラボーク。

「こんな結末あるんだ」

テレビ観戦していた私はそう思いました。

数年後、まさか自分がしてしまうとは・・・。

後になって、冷静に考えれば、

スライダーに握り変えようとしたときに

少し力が抜けていたのだと思います。

ピンチでは力む傾向にあるので、

握る際も脱力を意識したのです。

とはいえ、よりによってランナーは3塁。

0対0でサヨナラの場面で犯すとは。

これで4試合1勝2敗1分。

前期優勝のためには

残る6試合を全勝する覚悟で戦わないといけません。

次戦は4月9日です。頑張ります!!

コメントを見る (0)
コメントする
[4]新しい記事:2つのポイント
[6]古い記事:上野駅前の肉めし!
カテゴリー
月別アーカイブ
[2]ページの先頭
[0]ブログトップ
関連ページ
これまでのブログトップ
CBCアナウンサーズトップ
CBCトップ
(c) 2000 CBC TELEVISION CO.,LTD.