[CBCアナウンサーズ] ブログ

[CBCアナウンサーズ] ブログ

プライベートはもちろん、オンエア直前・直後・・・はたまたオンエア真っ最中の様子も含めて、アナウンサーの素顔をお届けします。

激励作戦

2016年10月19日 19:59

毎年恒例!

草野球チーム・マンズマンズの紅白戦がありました。

試合の数日前には紅組と白組の主将がドラフトを行います。

それぞれ欲しい選手を指名し、重複すればくじ。

これを繰り返して、メンバーを振り分けます。

私は戸井康成主将が率いる紅組のドラフト1位。

毎年、1位指名されますが、パッとした結果を残せず、

戸井さんいわく「今回次第ではこれが最後」とのことでした。

「絶対に勝つ!そして、活躍する!」

そう思って挑んだ紅白戦。

私はプレーボール直後の打席に立ちました。

「やはり1番バッターは最初が肝心です。

 変な打席だど、チームの士気にも影響します」

これは中日の大島選手の言葉。

「よし!絶対にヒットだ!」

そう気合を入れた私は4球目を捕えました!!

フラ~ッ。

結果は超がつくほど平凡なセンターフライ。

「くーーーっ!」

いけません。

1打席目に凡退すると、焦ります。

2打席目は1死1、2塁というチャンスでした。

ゴン!

どん詰まりの当たりは

セカンドへのインフィールドフライ。

「あちゃーーーっ!」

いけません。

そこそこ秋風が吹いて心地よいはずなのに、

冷や汗で背中がびっしょりです。

そして、迎えた第3打席。

ボテ!

ショートゴロでした。

「・・・」

いけません。

失意のどん底です。

よくよく振りかえれば、

打ちたい一心でスイングが狂い始めていました。

ベンチ裏で必死に素振り。

もうドラフト1位のプライドは全くありません。

そして、最終第4打席。

ピッチャーは長谷川満ちゃんに代わっていました。

彼は山なりのスローボールを操ります。

「しっかりためてセンター返し!」

何度も自分に言い聞かせ、3球目をフルスイング!

ガツン!

打球はピッチャーへ。

満ちゃんが懸命にグラブを出します。

バン!

白球はそのグラブをはじいてショートの前へ。

若狭敬一。

41歳。

本厄。

必死の形相で1塁へ走りました。

そして、ヘッドスライディング!!

1塁へのヘッドスライディングには否定的な私ですが、

気付けば頭からダイビングしていました。

セーフ!

「よっしゃーーーっ!」

いけません。

嬉しすぎます。

しかし、いけません。

よくよく考えれば、4打数1安打。打点なし。

ドラフト1位にすれば、カスみたいな結果です。

「これでは来年、戸井さんに1位はおろか、

 上位指名もしてもらえない・・・」

がっくり肩を落としました。

しかし、個人の成績より、やはりチームの勝利が大切。

私はセンターを守りましたが、守備では大過なく、

1度ホームへ突入する白組走者を刺したくらいです。

また、1イニングだけ登板しましたが、

しっかりと無失点で切り抜けました。

試合は9対8と白組1点リードで迎えた5回裏、

戸井さんがマウンドへ。

「戸井さん!この回重要です!3人で行きましょう!」

私は大声で大ベテランを鼓舞しました。

しかし、右腕は本調子ではありません。

四球に安打などでたちまち無死満塁のピンチを背負います。

首をかしげる戸井さん。

さらに右の股関節あたりを盛んに気にしています。

ボール、ボールと続く度に屈伸運動。

ヒットを打たれる度に右足を伸ばすしぐさ。

明らかにいつもの状態ではありません。

しかし、歯を食いしばって投げる戸井さん。

カン!

カン!

カン!

あっとう間の大炎上でした。

一気に3点を失い、12対8となったところで

「ごめん、交代して・・・」

自らマウンドを下りる戸井さん。

どうやら右脚内転筋を痛めた模様です。

右投手の右脚内転勤と言えば、

スピードガンの申し子だった小松辰雄さん、

また、中日の福谷浩司投手、

さらに現ソフトバンクの中田賢一投手など

速球を投げ込む剛腕が負傷する場所です。

試合は結局、12対8のまま白組勝利でゲームセット。

「すまん、俺のせいで・・・」

戸井さんは声を絞り出しました。

しかし、私は言いました。

「戸井さん、右脚内転筋をケガしたということは

 戸井さんが快速右腕であることを証明しているようなものですよ」

「そ、そうか」

少しだけ笑顔が見えました。

「最後まで使命感と責任感で腕を振る姿に感銘しました」

「そ、そうか・・・。ありがとう」

嬉しそうな表情も見せました。

「また、来年、頑張りましょう!!」

「そうだな」

はい。

この優しい言葉をかける激励作戦。

これが功を奏して、

来年もきっと戸井さんは私を1位指名してくれるでしょう。(笑)

  • LINEで送る

コメント

*ご注意

  • 個人情報の取り扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはCBCの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。
  • 絵文字は使用できません。