[CBCアナウンサーズ] ブログ

[CBCアナウンサーズ] ブログ

プライベートはもちろん、オンエア直前・直後・・・はたまたオンエア真っ最中の様子も含めて、アナウンサーの素顔をお届けします。

醒ヶ井、中山道を巡ります

2017年12月8日 09:40

毎週、「つボイノリオの聞けば聞くほど」のなかで、土日・祝日を中心に主にJR沿線で開催されている「さわやかウォーキング」の中から近く開催されるコースの見どころをご紹介しています!

今回はあす、土曜日・12月9日に開催される東海道線・醒ヶ井駅がスタートの「井伊家ゆかりの地と中山道をめぐるウォーキング」というタイトルのコースをご紹介します。

 

東海道線・醒ヶ井駅がスタート。今回はゴールに近江鉄道の鳥居本駅を目指す近江鉄道との共同開催のコース。

大河ドラマで盛り上がる井伊家ゆかりの近江を歩きます。

最初のスポットは醒ヶ井宿資料館(旧醒ヶ井郵便局局舎)

とてもモダンな建物で現在では国の登録文化財に指定されています。アメリカ出身の建築家・ヴォーリズがその設計に携わったことでも有名なんだそうです!

こちらは醒ヶ井宿資料館(問屋場)

中山道の宿場町として有名だった「醒ヶ井宿」には今でも昔の面影が残る町並みが残っています。

そして加茂神社を訪れます。

名神高速のすぐ横に建っている神社。ここには「居醒の清水」と呼ばれる名水が湧き出るスポットがあります。

この湧水は地蔵川の水源となっていて、昔からこのあたりに住む人には欠かせない生活の水。

きれな水に澄んだ空気、そして綺麗に染まった紅葉が素敵なスポットです。

そして蓮華寺へ

ここもかなりの歴史スポットで聖徳太子が開いたというこのお寺。

「瞼の母」を戯曲化した「番場の忠太郎」の舞台としても有名です。

どの道を歩いても気持ちがいい、この時期にぜひ歩いてほしいこのコース。

開催は明日・土曜日の12月9日。東海道線・醒ヶ井駅がスタートです!

 

  • LINEで送る

コメント

*ご注意

  • 個人情報の取り扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはCBCの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。
  • 絵文字は使用できません。