名古屋おもてなし武将隊 戦国音絵巻
≫番組ページはこちら
名古屋おもてなし武将隊 戦国音絵巻
毎週月曜日 夜9:00放送
本当の探訪!
2014年8月18日 22:22 
 

皆さま、本日の「名古屋おもてなし武将隊 戦国音絵巻」

いかがだったでしょうか?

本日、出陣されたのは・・・

豊臣秀吉様

加藤清正様様

陣笠隊・亀吉さん

以上のお三方です!!

(今日はアップでお届けしました)


 

さてさて、本日も沢山の企画を行いましたが・・・

まずは「武士語変換」を振り返っていきましょう!!

今回、武士語変換したのはこの3つの言葉です!!

①「スーパーバイザー」

②「ヒット&ラン」

③「ゲッツー」


まず1つ目の「スーパーバイザー」という言葉ですが・・・

これは、監督・管理 ・監修を担当する人物を指す言葉、ということで!

清正様が「それなら、戦国時代で言う武将だろう!しかもスーパーがついているから」

と申されまして、次のような武士語に変換していただきました!

 

「武将無双!!」

なんか怖いっす・・・写真が(笑)

 


 

それを見かねた秀吉様が武士語変換して下さいました!それは・・・

「ぐんし~かんべ~」

秀吉様も怖いです・・・写真が(笑)

 

皆さん、この言葉、あの某大河ドラマにも起用されている方と

間違えてはおりませんか???

全然、違います!!

この武士語は、スーパーバイザーの発音で

「ぐんし~かんべ~」とお読みください。

あの軍師の方のことではなく、

あくまでもスーパーバイザーっぽい人を指した武士語なのです!

 

 

・・・秀吉様、こんな感じで勘弁してください!

強引過ぎてフォローしかねますので!!


 

気を取り直して次の武士語へ・・・

実は、本日、甲子園が盛り上がっているということで、

野球関連の武士語がかなり届いたので、今回2つほど変換しました。

まず「ヒット&ラン」ですが・・・

これは、野球の作戦の一つで、

塁に走者がいるときに、ピッチャーが投げると同時に、

味方のバッターが打つのを信じて走者が走りだす!

というものなのですが・・・

秀吉様、こんな武士語変換をしていました・・・

「信頼の織り成す技」

(今日はなんども使っていきますよ!)

確かに!お互いを信頼しあっているからこその作戦ですからね!

ただ、最近の秀吉様の悪い癖なのですが・・・

武士感 が全くないんですよねぇ・・・

これではただの「日本語変換」になってしまいます故・・・

その辺りは今後考えていただきたい!(笑)

そして、もう一つの野球用語「ゲッツー」ですが・・・

これを清正様が、こ~んな感じで武士語変換してくれました!

「痛っつぅぅぅぅぅぅ!!!」

もうほんと・・・勢いだけですね(笑)

気を取り直しまして、そんな清正様がいらっしゃるということで、

今日もやりました・・・「加藤清正のお屋敷探訪」

この企画は、清正様が名古屋の有名な建物を声だけで探訪し、

その様子が伝わったかどうかを判断していただく企画ですが・・・

今回、普通の探訪(普通ではないですが)の他に、特別企画を行いました!!

題して・・・

「CBCラジオ レコード室探訪」

先週の利家様に続いて、本日は清正様にも行っていただきました・・・

実際、利家様はそんなに怖いところに行っていないにも関わらず、

おびえておられたのですが・・・

怖いものしらずの清正様・・・かなりヤバいところまで行ってきて下さいました・・・

いざ出陣!!

いきなり不気味な銅像を発見!

まじまじと見つめております。

その銅像の横に、あやしげな階段が・・・

(ちなみにこの暗さは演出ではありません。この時間になると消灯されるのです)

階段を登ってみることに・・・

暗すぎて何にも見えません。

正直怖すぎます・・・

暗闇で、一人たたずむ、武将様(俳句風に)

実際、なにが怖いって、暗闇の奥に侍がいることなんですよね・・・

 

あまりにも怖がらなかった清正様。

何事もなくレコード室に到着!

レコード片手に喜ぶ清正様。

 

こんな感じで清正様の探訪は、何事もなく終了。

(肝心なリクエストは間違ったCDでしたが・・・)

ちなみに!

LINEのアンケートで

「清正様の探訪は想像できましたか?」

というアンケートを行ったところ・・・

YES・・・29%

処す・・・70%

・・・前回と全く同じ結果でした!(笑)

なんかいろいろやってみましたが・・・

効果ゼロでしたね(笑)

[4]新しい記事:遂に・・・
[6]古い記事:お盆といえば肝試し!
カテゴリー
月別アーカイブ
[2]ページの先頭
[0]ブログトップ
関連ページ
名古屋おもてなし武将隊 戦国音絵巻トップ
ラジオ面トップ
CBCトップ
(c) 2000 CBC RADIO CO.,LTD.