名古屋おもてなし武将隊 戦国音絵巻
≫番組ページはこちら
名古屋おもてなし武将隊 戦国音絵巻
毎週月曜日 夜9:00放送
久方振りの加賀自慢石!!
2017年2月23日 23:39 
 

皆様、本日の

名古屋おもてなし武将隊

戦国音絵巻

いかがだったでしょうか?

 

本日、出陣されたのは・・・

前田利家様

加藤清正様

陣笠隊・一之助さん


 

名古屋城の梅が咲きだしたそうでございます。

是非梅の花と武将様方を撮りに名古屋城へ!!

本日最初の企画はコチラ!

武士語変換

 

今週のお題は・・・

「 ラスベガス 」

 

清正様

 

 黄金(こがね)の蜃気楼 】

"ラスベガス"は、大きなお金が動く場所ということで"黄金"。

そして、夢のような街であり、

砂漠の真ん中にある街というところから"蜃気楼"を連想され、

この武士語を考えられました。

 

 

利家様

【 十六夜の月枕(いざよいのつきまくら) 】

"いざよい"には、

「ためらう」、「躊躇する」などの意味があります。

そして、"十六夜の月"。

満月の翌晩は月の出が少し遅くなり、

なかなか姿を現してくれない。

月がためらっているように見えることから、

こう呼ばれるようになったそうです。

なかなか満たされない夢を満たしてくれる、

行くことをためらってしまうほど素晴らしい街が"ラスベガス"。

また、夢にまで見る場所、などの意味も込め、

"月枕"を付けて作られた武士語です。

一之助さん

 

【 大祭街 楽素米華巣 

  (たいさいがい ラスベガス) 】

"大祭街"は、文字の通り、

"ラスベガス"は、大きなお祭りが行われているような賑やかな街。

そして、"楽素米華巣"には、

『純粋に(素直に)楽しめる、華やかな場所』

という意味が込められているそうです。

なかなかの当て字でしたね!

そして、なんと!!

現在ラスベガスに遠征中の家康様も、

"ラスベガス"を武士語変換しているという矢文が届きました。

 

家康様が考えられたのは、

一攫千金夢街(いっかくせんきんゆめまち)

とても参考になる、素晴らしい武士語でした!!

今日の代表は・・・清正様

【 黄金(こがね)の蜃気楼 】

 に決定!

 

どんな結果となったかは

ブログの最後にて! 

 

続いての企画は久しぶりの・・・

前田利家の加賀自慢石

       (かがじまんごく)

自慢話をしている時が一番楽しい時!そう話された

利家様がひたすら自慢話をする企画でございます。

 

*今回話された話はこちら*

 

・息子が父である利家様の兜をマネていた親子仲がいい話

 

・利家さまが身につけている甲冑の話

 

・まつ様と利家様の夫婦仲良し話

 

・前田家夫婦の喧嘩しても、

まつ様に人生観をかえられてしまうほど仲が良かった話

 

・黄金の茶室を見たことがある話

 

まだまだ自慢話をしたそうな利家様でございましたが

今回は以上です。

 

今回は清正様に「ごかくご」の最初部分

「 本気でいきまする 」

を生声でいただきました!!


タイムフリーで聴かれる方は是非注目して聴いてみて下さい。

 

最後の企画は...

日替わり企画!

木曜日にお届けしたのは・・・

武将問(ぶしょうとい)

今週は・・・

【 風呂敷に包んで隠しておきたいほど恥ずかしかった話 】

を募集致しました。

 

たくさんの矢文をありがとうございました。

           

それでは最後に

「 ラスベガス 」

の武士語変換で曜日代表に

選ばれた方の結果を発表!!

 

なつさんの

水都(すいと)

・・・12票

 

清正様の

眠らぬ都

・・・36票

 

信長様の

賽の不夜城

・・・113

 

清正様の

黄金の蜃気楼

・・・75票

 

という結果に

MBGは信長様

賽の不夜城に決定!!

おめでとうございます。

 

さて来週はどんな企画が飛び出すのか!?

来週もお楽しみに!

 ◆矢文はこちらから◆

[4]新しい記事:忘れたくないラスベガスの思い出
[6]古い記事:イカも果てしない!と、いうことは...?
カテゴリー
月別アーカイブ
[2]ページの先頭
[0]ブログトップ
関連ページ
名古屋おもてなし武将隊 戦国音絵巻トップ
ラジオ面トップ
CBCトップ
(c) 2000 CBC RADIO CO.,LTD.