告知

その弐 CBCラヴァースで武将隊公式グッズ販売開始

2016年10月 8日 15:33

CBC会館1階の「CBCラヴァースショップ」に名古屋おもてなし武将隊の特設コーナーがオープン!
巾着や絵葉書、DVDなどの公式グッズを販売しています。

もちろん番組の円盤『戦国音絵巻 さんとら第壱集』も引き続き販売中。
購入特典として、円盤1枚につきトレーディングカード1枚進呈しています。

平日あさ10時から夕方6時、新栄や東新町近辺にお越しの際は、是非CBCラヴァースショップへお立ち寄りくださいませ。

その壱 『さんとら第壱集』発売中!

2016年9月28日 22:52

番組初の音盤『戦国音絵巻 さんとら第壱集』
9/28(水)から全国のCDショップ、主要通販サイトでも販売中です。

現メンバー出演回の特選アーカイブ、さらに軍師衆=ディレクター陣が各武将をイメージして書き上げた楽曲で構成された全12 トラックのフルアルバムです。
現代語を武士言葉に翻訳する人気コーナー「武士語変換」をはじめ、前田利家がICレコーダー片手に深夜の聖地に潜入した「利家が行く」、今春復活した織田信長と加藤清正の番組初登場回も収録しています。

なおCBCラヴァース(名古屋市中区新栄 CBC会館1階)とタワーレコード名古屋近鉄パッセ店では、店頭限定特典として武将・足軽のトレーディングカード1枚進呈。
(万一在庫切れの場合はご容赦下さい)

またネット通販では名古屋おもてなし武将隊 公式オンラインショップでもトレーディングカード進呈(絵柄は選べません)
SweepRecordSHOPでもネット通販を行っています。

------------------------------------
名古屋おもてなし武将隊『戦国音絵巻 さんとら第壱集』
販売価格:税込2,500 円/ 一般発売日:2016年9月28日(水)
商品番号:ARCD2502/発売元 AR Records

目の前の敵を・・・こう!!

2017年1月30日 22:19

皆様、本日の

「名古屋おもてなし武将隊 戦国音絵巻」

いかがだったでしょうか?

 

本日、出陣されたのは・・・

前田利家様 加藤清正様 陣笠隊・踊舞さん

 

 

本日の最初の企画はこちら!!

「武士語変換」

 

今宵のお題は・・・

【ボルダリング】

先週末に行なわれた大会で

14歳の伊藤ふたばさんが優勝したという話題が日本を駆け巡りました!

 

東京オリンピック・・・もとい

東京五蛇の目の正式種目にも決まっている「ボルダリング」!

ここでいい武士語が出たら、五蛇の目で使ってもらえるかも・・・

 

そんな大きな夢も抱きつつ変換して頂きましょう!

 

 

一番槍は・・・清正様

 『手届き登頂』

ボルダリングは、手の届く場所を掴んでいきながらてっぺん・・・

つまり登頂を目指すもの!

 

そして、一般の民でも参加しやすいことから・・・手が届きやすい!

 

そんな二つの意味がこもった武士語でございました♪

 

 

 

続いては・・・利家様 

『繰抜(くりぬき)登り

繰抜(くりぬき)とは鉄砲の撃ち方の一つ。

 

順番を決めて撃ち手を次々に変えながら撃っていくという方法なのですが、

ボルダリングは次から次へと手を違う場所に変えて登っていく・・・

 

そんな意味になぞらえてこちらの武士語になさったそうです!

 

 

 

 

そして最後は踊舞さん

『馬の背攻め』

岐阜にある金華山には「馬の背登山道」と呼ばれる場所があります。

 

ここには登るのが大変な断崖が数多くあり

まさに自然が生んだボルダリングの場所!!

 

というかむしろロッククライミング!!

 

 

 

ということでこの中から、月曜日の代表に選ばせて頂いたのは、、、

踊舞さんの【馬の背攻め】 

語呂と分かりやすさ!どちらも非常によかったです♪

 

 

 

 

続いては日替わり企画!

【週刊!戦国年表】

 

本日振り返ったのは・・・

『利家様、家康様に物申す!』

中々物騒なお話でございますが・・・

一体どういうことかと申しますと・・・

 

話は利家様が亡くなる1599年3月から1カ月前のこと。

 

秀吉様亡きあと、跡目を継がれた秀頼様をお支えする役割であったのが

利家様、そして家康様をはじめとする五大老。

 

しかしながら天下を取ろう目論む家康様は

秀吉様が遺言で禁じていた戦力の拡大を図るのです。

 

これを危なく感じた利家様。

病が進行してまともに歩けない中、家康様に物申しに行くのです!!

 

しかし!!

 

あっさりと謝ってきた家康様。

 

これに肩透かしを食らった利家様は

戦で徳川家をつぶすわけにはいかず・・・

その1カ月後に病で亡くなってしまうのでありました・・・ 

 

 

 

そんな利家様もこの企画があれば物申しも上手くいったかも?!

【加藤清正の加藤家しなん】

今までの動物成敗とは変わりまして・・・

今回から皆様が生きていく上で立ち向かわねばならない

"敵"

に対する戦い方を、清正様にご指南いただく形になりました!

 

 

 

"敵"の倒し方をいくつか振り返って参りましょう!!

 

 

その壱

『深夜のTVやSNSに突如現れる食べ物』

そんな雑念は・・・ 

こう!!!!

 

 

 

 

その弐

『滑舌をよくしたい』

わしの曲の題目でもある

『ごかくご』を・・・ 

十回連続で言ってから

こう!!!!!

 

 

 

 

その参

『上司のアルハラ』

無理なことは無理と言え!

それでもだめなら!!

ほんっとすいません・・・

と謝りましょう(笑)

それでは、明日も戦国音絵巻をお聞き下さい!!

◆矢文はこちらから

☆☆☆☆ここで一句☆☆☆彡

2017年1月26日 23:35

皆様、本日の

名古屋おもてなし武将隊

戦国音絵巻

いかがだったでしょうか?

 

 

本日、出陣されたのは・・・

徳川家康様

前田慶次様

陣笠隊・なつさん

 


がっっっっっっつりくすぐられております

 

本日最初の企画はコチラ!

武士語変換

 

今週のお題は・・・

「 キャンプ 」

 

慶次様

 

【 琉球おもてなし野球隊 】

現在のプロ野球では、沖縄にキャンプに行くという事から"琉球"。

また、このキャンプに出向いたファンの人たちは、

選手たちと、写真やサインなどを通して触れあう事が出来る。

これを"おもてなし"という言葉に変え、

"名古屋おもてなし武将隊"に掛けて作られた武士語です。

 


↑慶次様の後に、

サインを書くとおっしゃたのですが・・・!?

↑なつさんのサインは笠を表しているそうです!!

右は・・・某武将様が描かれたなつさんのサイン(笑)

なつさん

 

【 離宮修練(りきゅうしゅうれん) 】

"離宮"とは王族の方たちが居住するため、

別の敷地に建設された、いわゆる"別荘"のこと。

本拠地とは別の場所へ行き修練を積む

という意味を込めて作られました。

 

 

家康様

 

【 喜屋武府(きゃんぷ) 

キャンプ地と言えば沖縄ということから...

戦国時代、琉球国王の家族に"喜屋武(きゃん)"という名前の方がいた。

そして現世でも、沖縄には"喜屋武"という名字の人が多い。

さらに、列島の南の端という意味もあるそうです。

これをモジって、、、

喜=暖かいところへ行くと身体がぶ。

そこで練習する姿を見たファンがぶ。

屋=現在は、内で鍛錬を積むトレーニングもある。

武=力を高め、団結力を高め身体を強くする。

府=幕には、取り囲った場所という意味がある。

そして、優勝への切符(ぷ)を掴もう!

このように、たくさんの意味が込められた武士語となりました。

 

 

今日の代表は・・なつさん

離宮修練(りきゅうしゅうれん)に決定!

 

どんな結果となったのか・・・

結果はブログの最後にて! 

 

続いての企画は・・・

陣笠隊・なつの     

  幸せのななつ星☆彡

 

 

ここで一句・・・

「将軍は味噌煮込みうどんいっき飲み」

 

 

 

さて・・・

1つ目の幸運な話は・・・

『流れ星を見た』

この幸福の話の評価は・・・5星☆☆☆☆☆

 

2つ目の幸運な話は・・・

『♡型のグミが入っていたらラッキーなグミで

♡型のグミが2つも入っていた』

この幸福の話の評価は・・・☆☆☆☆ななつ星☆☆☆彡

 

3つ目の幸運な話は・・・

『一度も信号で止まらずに

  家から仕事場まで行けた。』

この幸福の話の評価は・・・5星☆☆☆☆☆

 

4つ目の幸運な話は・・・

『キャンプ行った際に、当時監督だった落合さんに

サインと写真を撮っていただいた。』

この幸福の話の評価は・・・☆☆☆☆ななつ星☆☆☆彡

 

本日は2つも☆☆☆☆ななつ星☆☆☆彡がでました♪

皆さまにきっと幸運が訪れることを願っております♪

 

最後の企画は...

日替わり企画!

木曜日にお届けしたのは・・・

武将問

 

今回の問いは先週に引き続き

【 武将隊が使っている言葉で、

        わからない言葉 】

↑撮る時も真面目か!?と突っ込まれた慶次様(笑)

その真面目写真がこちら↓

Q. 正しくは「えまき?」「えまきい?」

A.正しくは「えまき~」

ラジオを聞く人をリスナーと呼ぶ。

他にもファンの事を指す時に〇〇と伸ばすことが多い。

伸ばすことにより応援する者、との意味になる。

故に、戦国音絵巻を聞いてる者を「えまき~」と言っている。

Q. 傾奇者(かぶきもの)とは?

A. 傾奇者とは派手な装い、常人では考えられないことをしていた者、

人と違うことをしている者をを指す。

趣味に傾いている者、つまり趣味を貫いている者のこと。

以前は数寄者(すきもの)と言われていたが、

進化し傾奇者と言われるようになった。

 

Q.敬称の「殿」や「公(こう)」「様」はどう使い分けていた?

A. 「様」は目上「殿」は同格

「公」は一般的に多くの者が知っており、

その者に敬称をつける時に使っていた。

例えば・・・家康様の場合、信長様が生きていた時は「殿」

信長様が亡くなった後は、信長「公」と呼んでいたそうです。

また家臣たちは、主君にたいしても「公」を付けて呼んでいた。

「〇〇殿」と呼ぶことが多くなり「殿」の意味合いが低くなったため、

室町時代からより上の方を指す「様」を使うようになった。

 

Q. 前田利家様を信長様が「またざ」と呼ぶのはなぜ?

A.利家様の名前は正確には、前田又左衞門利家(様)

「またざ」は通称、本来呼ばれていた名。

前田慶次郎利益(様)は「慶次、慶次郎」

徳川次郎三郎家康(様)は「次郎三郎」と呼ばれていた。

利家(様)家康(様)の部分は基本的には読んではいけない。

忌み名と呼ばれている所。

戦国時代では役職で呼ぶことが基本だった。

現世では、分かりやすく利家(様)家康(様)と呼んでいる。

 

矢文を送って下さった皆さま、ありがとうございました。

詳しい解説を聴き逃した方は、ラジコのタイムフリーで

1週間聞けますので是非聞いてみて下さい♪♪

    

それでは最後に

キャンプ

の武士語変換で曜日代表に

選ばれた方の結果を発表!!

 

一之助さんの

宮入り鍛錬

・・・72

 

章右衛門さんの

だんだん向上修練

・・・58

 

踊舞さんの

「適陣営(てきじんえい)

・・・34

 

なつさんの

離宮修練(りきゅうしゅうれん)

・・・89

 

という結果に!!!!

 

MBGはなつさん

 離宮修練(りきゅうしゅうれん) 」に決定!!


2週連続MBGおめでとうございます!!

 

さて来週はどんな企画が飛び出すのか!?

☆慶次様の一句にも注目!!☆

 

おまけ?






来週もお楽しみに!

 ◆矢文はこちらから

犬猿の仲!

2017年1月25日 22:55

名古屋おもてなし武将隊

戦国音絵巻

今日の出陣は...

 

豊臣秀吉さま

前田利家さま

陣笠隊・踊舞さん

 

最初の企画はコチラ!

◆武士語変換◆

今週のお題は...

「キャンプ」

一番槍!

かっこいい言葉だと選ばれると投げ槍?な

利家さま

※合宿をイメージ

【猿狸犬竜(えんりけんりゅう)

猿=秀吉さま

狸=家康さま

犬=利家さま

竜=伊達正宗さま

昔この4人が集った伏見城にて合宿があったそうな。

 

続いて

秀吉さま

 

【民の暖錬城(だんれんじょう)

 鍛錬を暖かい地でするので鍛⇒暖とし、

「場」も戦国時代に寄せて「城」にしました。

最後は

踊舞さん

 

【適陣営(てきじんえい)

鍛錬であれば本拠地ですればいいものの、

南の温かい適した所で鍛錬を行い適した陣営のこと。

それに、聴いただけで少しピリッと気が引き締まる。

秀吉さまと踊舞さんで迷いましたが、

水曜日代表は踊舞さんの...

【適陣営】に決定!

 

続いての企画は...

◆戦国比べ◆

この企画は現世での「ありとあらゆる」物事から何かお題を決め、

戦国時代ではどのように行なっていたのか?はたまた、

該当するものが存在していなければ、どのような方法・手段で行なっていたのか?を

現世、戦国時代と数々の経験を積んだ武将様や私たち陣笠が振り返り、

無理やりどちらの時代が良いか比べる企画!

今回比べたのは

『美容』でした!

利家さまは歯に異常に拘っておりました...(笑)

 また、比べてほしいお題があれば矢文にて募集しております♪

 

最後の企画は...

◆太閤!なんでも鑑定団◆


 この企画は、秀吉さまが太閤検地で土地を見定めた能力を活かし、

  現世のモノやお宝がもしも戦国時代にあったら、

はたしてどれ位の価値があるのか?を鑑定する企画!

今日は時間の都合で3通しか読めませんでしたが、

沢山の矢文ありがとうございました。

また次回やる時にとっておきます!

さて今日の放送はラジコのタイムフリーで

1週間聞けるので良かったら聞いて下さい!

 

矢文、感想お待ちしております

◆矢文はこちらから◆

新企画!!一人っ子、妄想会議~♪

2017年1月24日 22:20

名古屋おもてなし武将隊

~ 戦 国 音 絵 巻 ~

 

本日ご出陣された武将隊の御三方はこちら!!


- 加藤 清正様 -

- 前田 慶次様 -

- 陣笠隊 ・章右衛門さん -

 でお届けしました!

 

 

最初の企画はこちら!

~武士語変換~

月~木帯になってから微妙に内容が変わった武士語変換

それは、曜日代表方式!
月曜日~木曜日までそれぞれの曜日で代表となる言葉を決めて、
木曜日にLINEアンケートを行ってMBGを決めます!

果たして火曜日の代表は誰に・・・!?

今週のお題は

「キャンプ」

 

まず先陣を切ったのは

慶次さま!


【九州遠征

現在のプロ野球では
宮崎や沖縄にキャンプに行くのをよく見かけますよね。
武将様の時代の遠征は、
戦や修練といった意味もあり、
まさにキャンプにうってつけの言葉ですよね。
ということでこの武士語になりました!

 

 

 

続いては

章右衛門さん!


だんだん向上修練

だんだん=「段々」は分かりやすいですよね。
プロ野球のキャンプは宮崎や沖縄などの
暖かい場所で修練を積みます。
つまり、温かい場所。
ということで「暖」=だん
という言葉もかけた
素晴らしい武士語にして下さいました!

 

 

 

そして最後は

清正さま!


「春秋武者修行」

キャンプは春と秋に行われます。
つまり春と秋に行われる武者修行!
ということでこの武士語になりました!
 

 

そして栄えある「MBG」候補の火曜日代表に選ばれたのは・・・!?

 

章右衛門さんの

だんだん向上修練

に決定!!!!

分かりやすく、かつ二つの言葉がかかったこの武士語!

素敵な武士語をありがとうございました♪

 
 
 
 
 

 

続いては日替わり企画!火曜日は・・・

B級ニュース斬り!】

一週間の間に起こった様々なニュースの中から、

全国的に報じられることはないけれども面白い、

B級感あふれるニュースを「あえて」とりあげ、

経験豊富な武将様方にそのニュースについて、

いろいろと物申していただこう!という企画!

 

本日は4本のB級ニュースを斬っていただきました!!
来週の火曜日もこのコーナーはありますので、皆さまお楽しみに!
 
 
 
 
 

最後は新企画!

【一人っ子、妄想会議】

 

今日の布陣は全員一人っ子!

ちなみに火曜軍師も一人っ子!

火曜軍師曰く「一人っ子は、一人の時間が長かった分、色々と妄想しがち!」

ということで、一人っ子3人衆で色々と妄想しちゃおうじゃないか、

というのがこの企画! 

今日のテーマは...

『武将様だけで結成されたバンドってどんなんだろう~?でした!

 

今日はいつにもまして楽しそうな3人でした笑

やはり!一人っ子に妄想は付き物なんですね~♪

そして!えまき~の皆様からも沢山の妄想矢文を頂きました!!

あまり紹介できずに申し訳ございません・・・!

またこの布陣の時はこの企画をやる予定ですので、

皆で妄想しまくっちゃいましょう!!

 

 

矢文もどんどん送って下さい!

◆矢文はこちらから

一之助さんの新企画は・・・コンチキチン?!

2017年1月23日 22:30


皆様、本日の

「名古屋おもてなし武将隊 戦国音絵巻」

いかがだったでしょうか?

 


本日、出陣されたのは・・・

織田信長様 前田利家様 陣笠隊・一之助さん

 

 

本日の最初の企画はこちら!!

「武士語変換」

 

今宵のお題は・・・

【キャンプ】

キャンプといってもテントを張ってやるあちらではなく

この時期よく聞く、プロ野球などの合同合宿のことを指します。

 

プロ野球のキャンプは冬の時期に行なうことが多いため

南の地でよく開催されているのですが・・・

その辺も踏まえて見ていきましょう♪

 

 

 

一番槍は利家様

 『鍛錬たれたれ』

語源は、武人が宴の席で出す笑い声「かんらからから」。

キャンプで集まった人々は、夜集まって宴を開き笑い声も上げるだろう。

 

でも、笑ってばかりではなく鍛錬もしっかりするだろう。

 

そんな意味合いがあるそうなのですが・・・

 

最後に利家様から一言・・・

『まあ、捨て駒ですが・・・』

ご自分から一番槍を申し出たのにまさかの弱音(笑)

 

そんなに悪くないとは思ったんですけどねぇ・・・

 

 

続いては・・・信長様 

『南の足利学校

足利学校とは日本初の学校と言われ、論語などを学んでいたそうです。

 

鍛錬するということから学校を意味するこの言葉を用いて

南の地でよく開催されるということで"南の"を頭にお付けなさいました。

 

・・・なるほど。

 

 

 

そして最後は一之助さん

『宮入り鍛錬』

宮入りとは、お祭りの時に神社に神輿が戻ってくること。

 

キャンプは、南の地に向かい、鍛錬が終わったら戻ってくる。

 

そんな意味からこちらの言葉を選ばれました!!

 

 

この中から、月曜日の代表に選ばせて頂いたのは、、、

一之助さんの【宮入り鍛錬】 

新企画も始まりますし、今日は調子がいいですね♪

 

 

 

 

続いては日替わり企画!

【週刊!戦国年表】

 

本日振り返ったのは・・・

『殿中御掟 五カ条』

殿中御掟(でんちゅうおんおきて)とは、

信長様が時の将軍・足利義昭様に承認させた掟のことでございます。

 

当時の吉昭様は、法度を勝手に決めてしまうなど

民にとってよくない行動が目立っていたので

信長様がそれを律するために、掟を出したのでございます。

 

1569年、最初に九カ条を突き付けたのですが・・・

吉昭様はこれを拒否!

 

これに対して信長様は・・・

さらに七カ条を追加して二日後に突き返します!!

 

吉昭様はこれ以上突き返したらもっと増えると恐れ・・・

掟を受け入れたそうな・・・

 

ですが・・・ここからが信長様の怖いところ・・・

翌年・・・吉昭様への掟をさらに・・・

五カ条追加!!

 

結局二十一カ条の掟を吉昭様に守らせたということです・・・

 

さすがの信長様でございました・・・

 

きっと吉昭様は信長様にビクビクしていたんでしょうね・・・

 

 

ビクビク・・・といえば擬音ですね・・・擬音・・・ぎおん・・・といえば・・・

【陣笠隊・一之助のぎおん祭り】

始まりました!一之助さんの新企画です!

わっしょい!!

 

この企画は、戦国時代にまつわるものを

一之助さんが"ドンドン!"とか"ポンポン"のような、擬音や効果音のみで表現して

それが何を表しているのかを、武将のお二人に当てていただく企画です。


 

まずは例題で表現したのは・・・

 

ぱからっ ぱからっ

ずざざざぁぁぁ

ぱちぱち ぱちぱち

・・・「わっしょい」

この擬音が表していたのは・・・本能寺の変

 

本能寺に攻め入る時の馬の音から始まり

本能寺が焼ける音

そして最後の「わっしょい」は・・・「是非も無し」のこと・・・だそうです。

 

こんな感じで台詞の部分のみ"わっしょい"を使えるんですって♪

 

 

 

では、本日出題したのは・・・大体こんな感じの擬音です。

ざぁ~ ざぁ~ ざぁ~

あー あー あー

ざぶーん ざぶーん

しゅるるるるるる!

ごろごろごろごろごろ

ばっ!!

・・・わ、わわわっしょい、わっしょい。

さて、、、分かりますか?

 

利家様の御答えは・・・浦島太郎

この御答えは・・・

のっしょい!

※違うという意味です。

 

そして信長様の御答えは・・・鉄砲伝来

この御答えは・・・

わっしょい!

※正解という意味です。

 

流石、信長様!!

途中でお分かりになるとは・・・

ほんとにすごいです・・・

解説は・・・ちょっと難しすぎるので割愛致します(笑)

 

 

続いてはえまき~の皆様からいただいた

"戦国にまつわるもの"

を擬音に一発変換してもらいました。

 

まずは『忍者』


しゅっ!

これは分かりやすいといえば分かりやすかったですね♪

 

 

続いては『赤母衣』

じゅぅぅぅ さささささ わっしょい

移動する様、そして最後の伝令は「わっしょい」で。

 

 

 

最後は『ふところで温めたぞうり』

ぬくぬくぬくぬく・・・わっしょい

 

 

皆様、お分かりだと思いますが深く考えては駄目です!

 

何も考えずに今後もこの企画をお楽しみくださいませ♪

 

 

それでは、明日も戦国音絵巻をお聞き下さい!!

◆矢文はこちらから

PAGE UP