名古屋おもてなし武将隊 戦国音絵巻

毎週月曜日 夜9:00放送

名古屋おもてなし武将隊がお送りするエンターテインメント。その日放送された番組の珠玉の場面を振り返りラジオの達人となるべく武将隊が精進してまいります。ゲストも迎え、トークにも磨きをかけていきます。

わっしょいはヨイショ上手?!

2017年3月27日 22:48

皆様、本日の

「名古屋おもてなし武将隊 戦国音絵巻」

いかがだったでしょうか?

 

本日、出陣されたのは・・・

織田信長様 徳川家康様 陣笠隊・一之助さん

 

今日から水曜日までは拡大1時間版でお届け!!

 

 

本日も最初の企画はこちら!!

「武士語変換」

 

今宵のお題は・・・

【スタメン】

正しくは"スターティングメンバー"と言いまして

間もなく始まるプロ野球だったり、サッカーだったり、

そんなスポーツの試合で試合の先発を務める選手たちを

"スタメン"と呼んでおります。

  

 

 

まずは・・・信長様

 『旗本陣形』

"旗本"とは戦になると殿様に従軍する方々。

信長様の時代ではその中でも精鋭たちのことを差しておりました。

 

そんな旗本たちの並び・・・つまり"陣形"ということで

こちらの御言葉を選ばれました!

 

 

 

続いては・・・一之助さん 

『七神(しちがみ)

これは一之助さんが大好きな秋葉原を拠点とするグループの神7・・・

ではなく・・・七福神のこと。

 

七福神とは神様の中から選ばれたメンバー!

 

ということでこちらの言葉を選ばれたそうです!

 

 

 

そして最後は・・・家康様

『スサノオ面子略してスサメン』

スサノオノミコトとは日本の神話史上最も強かった神。

 

そんなスサノオが選ぶ面子こそ最強の面子!

 

ということでこの言葉を選ばれました!

 

 

 

ということでこの中から、月曜日の代表に選ばせて頂いたのは、、、

一之助さんの【七神】 

今回は甲乙つけがたかったので

野球愛が一番強かった一之助さんを代表に選ばせて頂きました!

 

 

 

続いては日替わり企画!

【週刊!戦国年表】

 

本日振り返ったのは・・・

『織田信長、蘭奢待を切り取る』

「蘭奢待(らんじゃたい)」とは・・・東大寺正倉院に収蔵されている香木で

代々、天下人に渡すものとして伝わってきました。

 

普通は東大寺の僧侶が切り取って渡すものですが・・・

信長様はあろうことかご自分で切り取ったのです!!

 

よっぽど我慢できなかったんですね・・・

 

後に天下人となられる秀吉様や家康様も

この「蘭奢待」を受け取るのですが

信長様のように自分で切り取ったという方は

後にも先にもお一人しかいなかったんだとか・・・

 

さてそんな「蘭奢待」、香木ということで

一体どんな香りがするのか気になりますよね?

 

この香りは信長様いわく・・・

『ふるめきしずか』

 

だそうです・・・全然分かりません・・・

 

 

ちなみに家康様はこんな表現を・・・

『濡れた子犬の匂い』

 

こちらは分かるけど・・・別に嗅ぎたくもないような・・・

 

どちらにせよ、持っているだけで自慢できる逸品だったようですね♪

 

 

ということで最後は"自慢"にまつわるこちらの企画!!

【春爛漫・自慢合戦】

えまき~の皆様から頂いた

"春爛漫で自慢したいお話"

家康様と一之助さんがそれぞれ選び

どちらの自慢がよりすごいのかを論じ合っていく企画!!

 

 

武将様と陣笠がガチ勝負できるこの企画・・・

最初は一之助さんが優勢でしたが・・・

  

家康様が最後に選んだ名前の話・・・

信長様に名前を褒められた♪

それで前に進むことが出来た♪

という自分のお話を紹介したところ・・・

信長様ご満悦♪

 

一之助さん・・・残念・・・

それでは、明日も戦国音絵巻をお聞き下さい!!

◆矢文はこちらから

  • LINEで送る