サーモンと春キャベツのカリフォルニアロール(洋風太巻き)

2014年3月5日 13:00

サーモンと春キャベツのカリフォルニアロール
(洋風太巻き)

**** 材料 2本分 ****

米...1.5合(炊き上がり500g

 

A

酢...大さじ1.5

三州三河みりん(煮切る)...大さじ1

塩...小さじ1

 

アボカド...1/2

レモン果汁...少々

春キャベツ...2

サーモン...80g

焼き海苔...2

ごま...大さじ3

 

マヨネーズ...適量


作り方

① 米を洗って30分ほど浸水し、炊飯器で炊く。
Aの材料を全て混ぜ合わせ、
炊きあがったごはんに回しかける。
切るように混ぜて、粗熱を取る。

 

② アボカドは薄切りしてレモン果汁をかける。
キャベツは千切りして塩少々(分量外)を加え、
しんなりするまで手で揉む。
サーモンは1cm角の棒状に切る。

③ 巻き簾に焼き海苔をのせ、手に水をつけながら
【①】のごはんをのせて広げる。
ごまを均等にふりかけ、
上からラップをかけて巻き簾ごと裏返す。

④ 巻き簾をはずしてラップの下に入れる。
焼き海苔の上に
アボカド・キャベツ・サーモンを並べて手前から巻き、
食べやすい大きさに切る。

 


 ポイント

・ごまをいっぱいまぶしたい場合は、お皿にたくさんのごまを広げ、その上で寿司をコロコロ転がすと良いでしょう。

・寿司を切る時は、一切れごとに包丁を水にくぐらせ、軽く水気を取ってから切りましょう。


<みりんポイント>

砂糖の代わりに煮きりみりんを使用すると、艶やかな寿司飯が出来上がります。また、上品な甘さが加わり、酢の酸味を和らげます。

 

<今回の食材「キャベツ」>

愛知県のキャベツは、作付面積・産出額ともに全国1位です。特に冬から春にかけて、県内をはじめ全国の消費地に出荷されます。生産の歴史も全国で最も古く、明治時代に名古屋市近郊で都市園芸として始まりました。愛知の伝統野菜に選定された「野崎中生キャベツ」をはじめ、多くの優良品種を全国各地に出荷しています。


まなさん

初心者のわたしでも綺麗にまけました!甘すぎないすし飯のおいしさに感動。みりん効果の照りつや、そして、お米のおいしさを感じられました。春の行楽のお弁当にぴったり!

  • RSS FEED
トップへ戻る