抹茶マーブルスコーン ごまみりんクリーム添え

2014年5月19日 13:00

抹茶マーブルスコーン
ごまみりんクリーム添え

 

**** 作り方 5cmビスケット型6~8個分 ****

A

 薄力粉...125

ベーキングパウダー...3g

塩...1g

 

B

 菜種油...35g

三州三河みりん(煮切る)...30g

豆乳...30g

 

C

 薄力粉...125

抹茶...5

ベーキングパウダー...3g

塩...1g

 

D

 菜種油...35g

三州三河みりん(煮切る)...35g

豆乳...20g

 

【ごまみりんクリーム】

ねりごま(白)... 大さじ2

三州三河みりん(煮切る)...大さじ4


作り方

Aの材料をざるなどに入れ、ボウルに振い入れる。
Bの材料を別のボウルに入れて混ぜ合わせる。
AのボウルにBの材料を入れ、さっくりと混ぜ合わせる。

② 【①】と同様の方法で、Cの材料をボウルに振い入れ、
Dの材料を別のボウルに入れて混ぜ合わせた後、
Dの中身をCに加えてさっくりと混ぜ合わせる。

③ 【①】と【②】の生地を交互に重ね、
麺棒で2cmの厚さに伸ばして三つ折りにする。
さらに麺棒で伸ばして三つ折りにする。
抜型で抜きやすいように成形し、
冷凍庫で1時間ほど休ませる。

④ 【③】の生地を、ビスケット型を使って抜く。
(または円形に伸ばし、包丁またはスケッパーで放射状に切る)

⑤ オーブンを180℃に温める。
【④】を天板にのせて2530分焼く。

⑥ ねりごま(白)と煮切った三州三河みりんを混ぜ合わせて
【ごまみりんクリーム】を作り、
【⑤】のスコーンに添える。


<今回の食材「てん茶」>
西尾は全国のお茶の生産量のうち約2割を占める、日本有数の生産地です。
西尾のてん茶は深い緑色で、上品な香りがあります。
また、穏やかな旨みとこくがあるのも特徴です。
このてん茶を茶臼で超微粉末状に挽いたものが、抹茶になります。


まなさん

マーブル状になった、グリーンとプレーン部分の白が鮮やか。味も抹茶の風味が活きていて、サックサクふわふわ。お茶の渋みとごまみりんクリームの甘みがよく合います。

  • RSS FEED
トップへ戻る