夏野菜の揚げ浸し

2014年7月21日 13:00

夏野菜の揚げ浸し

**** 材料 4人分 ****

なす...1

かぼちゃ...80g

アスパラガス...2

いんげん...4

ピーマン...1

パプリカ(赤)...1/2

揚げ油...適宜

 

醤油...大さじ2

三州三河みりん...大さじ2

だし汁...200ml

鷹の爪...1/2

しょうが...1

 


作り方

 

① なすはへたを取り縦半分に切る。
 格子状に切れ目を入れ、さらに2cm幅に斜め切りにする。
 かぼちゃは5mm幅に切る。
 
アスパラガスは斜め半分に切る。
 
いんげんはへたを取り除く。
 
ピーマンとパプリカは縦に4等分して種を取り除く。

 

② 揚げ油を熱し、全ての野菜を素揚げする。

③ 鷹の爪は種を取り除いて輪切りにする。
しょうがは千切りする。
 
鍋にAの材料を全て入れて火にかけ、
 
三州三河みりんのアルコール分が飛んだら火を止める。

 

④ 【②】の野菜を【③】の中に入れ、半日程度漬ける。


<みりんポイント>

旬の夏野菜のおいしさが、みりんの甘みと野菜の甘みが合わさることでさらに引き立ちます。


まなさん


浸した野菜のおいしそうなテリツヤ。油で揚げた野菜の色もあざやかでカラフル。和食の王道のお味。野菜の中につゆがしみています。みりんの甘み+野菜のうまみ・甘みを感じられる1品です!

  • RSS FEED
トップへ戻る