里芋餅入りけんちん汁

2014年10月6日 13:00

里芋餅入りけんちん汁

Podcast はこちら

 

**** 材料 4人分 ****

大根...80g

にんじん...60g

しめじ...1/2パック

ごぼう...80

こんにゃく...1/3

豆腐...1/4

菜種油...小さじ2

だし汁...600ml

三州三河みりん...大さじ2

 

薄口醤油...大さじ2

塩...適宜

 

里芋...100g(正味)

A

片栗粉...45g

醤油...小さじ1

塩...少々

 

揚げ油...適量

わけぎねぎ...2

 


作り方

① にんじん・大根はいちょう切りにする。
しめじは石づきを取る。
 
ごぼうは皮をこそげ取って大きめにささがきする。
 こんにゃくは半分の厚さにして薄切りする。
 
豆腐は角切りする。

 

② 鍋に菜種油を入れて火にかけ、
ごぼうを加えてじっくり炒める。
 
しめじ→こんにゃく→大根→にんじんの順に炒め、
 だし汁を注ぎ入れて煮る。

 

③ 里芋は茹でて皮をむき、マッシャーなどでつぶす。

 Aの材料を加えて混ぜ、
 8等分にして丸め、揚げ油で揚げる。
 

④ 【②】の野菜が煮えたら、
三州三河みりん・薄口醤油・塩で味付けする。
 豆腐を加えてさらに23分煮る。

 

⑤ わけぎねぎをみじん切りする。
お椀に【③】の里芋餅と
 
【④】のけんちん汁を盛り、
 
わけぎねぎをのせる。

 


<みりんポイント>

みりんに含まれるアルコール分が、調理の際に食材の組織内に浸透するのと同時に、他の味の成分も一緒に引き込むため、野菜にしっかりとした甘みと味が含まれます。

 

<愛知の食材 里芋>

愛知の伝統野菜に「八名丸さといも」があり、地域特産物として人気があります。形状は子芋・孫芋ともに丸く、柔らかで粘りが強く、特に煮物に向いています。


まなさん

やさしいお味でおいし~い!里芋のお餅の香ばしさと、みりんでまとまった野菜のおいしさを一緒に楽しめます。これからの季節にピッタリ!

  • RSS FEED
トップへ戻る