ぶりの照り焼き

2015年3月16日 13:00

ぶりの照り焼き

Podcast はこちら

ちえ先生&まなさん

**** 材料 2人分 ****

ぶり(切り身)...2切れ

三州三河みりん...大さじ2

醤油...大さじ2


小麦粉...大さじ2

菜種油...大さじ1/2

 

白ねぎ...10cm


 

作り方

 

① ぶりの切り身とAの材料をビニール袋に入れ、
 2時間以上漬ける。

 

② 白ねぎは繊維に沿って細く千切りして、
氷水にさらす。

 

③ ぶりの表面についた水分を
キッチンペーパーで軽く拭き取り、
 
小麦粉をまぶす。

④ フライパンに菜種油を入れて熱し、
ぶりを入れて弱火で両面をきつね色に焼く。
 残ったAの調味料を回しかけてぶりに煮絡める。

⑤ 器に【④】を盛る。
フライパンに残ったたれを上からかけて、
 
白ねぎを飾る。

 


<みりんポイント>

魚をみりんに2時間以上漬けこむことで臭みを消し、中までふっくらと仕上げます。また、照り焼きにするとツヤとコクが出ます。

 

<愛知県の食材 いなだ(ぶりの若魚)>

愛知県三河湾で水揚げされるいなだは、大きさによって名称が変わる出世魚の若魚のことです。「はまち」とも呼ばれ、大きくなったものは「ぶり」となります。ぶりよりも脂が少なく、さっぱりとしているのが特徴です。良質なたんぱく質の他、生活習慣病の予防や治療効果のあるEPADHAが含まれています。


まなさん

みりん効果で、臭みが全くありません。しかも、味が中までしっかりとしみています。魚の旨みをみりんの甘みがしっかりと引き出している!という感じ。漬け込んだ魚を焼くだけ、というシンプルな料理ですが、極上の照り焼きに仕上がります。

  • RSS FEED
トップへ戻る