トマトと魚介みりんピラフ

2015年7月13日 13:00

トマトと魚介みりんピラフ

Podcast はこちら

**** 材料 4人分 ****

白米...2カップ

ミニトマト...10

しめじ...1/2パック

玉ねぎ...1

パプリカ(赤)...1/4

パプリカ(黄)...1/4

えび・いか...合わせて100g

オリーブオイル...大さじ1

三州三河みりん...大さじ1

 

A

野菜ブイヨン...400ml

トマトピューレ...大さじ2

塩...小さじ11/2

醤油...小さじ1

タイム...2

ローリエ...1

こしょう...少々

 

ディル(みじん切り)...大さじ1

バジル(みじん切り)...大さじ1

 

【焼きトマト】

トマト...中1

オリーブオイル...大さじ1

三州三河みりん...大さじ1

塩...適量

こしょう...適量


作り方

① 白米をとぐ。ミニトマトは半分に切り、
しめじ・玉ねぎ・パプリカはみじん切りにする。

② 鍋にオリーブオイルをひき、
玉ねぎ・しめじ・パプリカ・えび・いかを入れ、
三州三河みりんをかけて炒める。
白米を加えてさらに炒め、
Aの調味料とミニトマトを加えてふたをし、
沸騰したら弱火にして15分炊き、
火を止めて10分蒸らして全体を混ぜる。

③ 焼きトマトを作る。トマトを輪切りにする。
フライパンにオリーブオイルをひき、
トマトを入れ、少し焼き目がつくまで両面を焼き、
塩・こしょう・三州三河みりんを入れてからめる。

④ 【②】に【③】のトマトをのせ、
ディルとバジルをかける。


<ポイント>

煮込んだトマトと焼いたトマトの両方の味が楽しめます。

トマトには昆布に匹敵するグルタミン酸があり、火を入れるとうま味が増します。

 

<みりんポイント>

みりんを加えて炊くことにより、魚介の臭みが取り除かれ、クセのないピラフ(炊き込みご飯)になります。またトマトにみりんをかけて焼く事で照りを出し、トマトの甘さも引き立てます。

 

<愛知の食材>

愛知の伝統野菜にも選ばれている「ファーストトマト」は愛知県の特産として根強い人気があります。果肉はしまっており、ゼリー状の部分が少なく、完熟すると美味しさが増します。


まなさん

見ているだけでウキウキする華やかな色合いですね!ふっくらとしたご飯には、みりん効果で臭みの全くないエビやイカの旨みが、一粒一粒にしっかりしみ込んでいます。トマトの酸味と旨みもあって、ホントにおいしい!!

  • RSS FEED
トップへ戻る