きゅうりの中華風みりん醤油漬け

2015年8月10日 13:00

きゅうりの中華風みりん醤油漬け

Podcast はこちら

**** 材料 作りやすい量 ****

きゅうり...2 .

塩...小さじ1/3

赤唐辛子...1/2 .

ごま油...大さじ1

 

【つけ汁】

白醤油...大さじ2

三州三河みりん...大さじ3

昆布...5㎝角

酢...大さじ1

 

【トッピング】

大葉...適量

みょうが...適量

しょうが...適量


作り方

① きゅうりはしま目になるようピーラーで皮をむき、
5cm長さに切る。縦半分に切り、
片端を少し残して縦に薄く切る。
バットに並べて塩を振り1020分間置く。
バットを傾けてきゅうりの水分を切り、
耐熱容器に移す。

 

② 赤唐辛子は種を取り、斜め輪切りにする。
Aの材料を全て混ぜ合わせる。
 

③ フライパンにごま油大さじ1を熱し、
赤唐辛子を炒める。
Aを入れてひと煮立ちさせ、
【①】のきゅうりに回しかける。
1時間~1日漬ける。

④ 【③】をお皿に並べる。
大葉・みょうが・しょうがを千切りし、
食べる直前に上にのせる。

 


<みりんポイント>

みりんを使うことで、上品な甘みがつきます。また、浸透性にすぐれたアルコール分子が材料の組織内に浸透する時に、他の味の分子も一緒に引き込むため、味がしみやすくなります。

 

愛知県の食材 きゅうり

愛知県西三河地区は、東海地方最大のきゅうり産地。「三河みどり」のブランド名で売り出されています。昭和30年代に始まったビニールハウス栽培が盛んになり、ハウスの普及とともに生産量も伸び、この時期のシェアは全国的にも上位クラスです。また、地域の酪農家との連携で土作りにもこだわっています。


まなさん

みりん効果で味がしみ込んでいます!甘さもみりんだけで仕上げてあるので、とってもさっぱり!コリコリという音と共に「旨み」も中から出てきます。暑いときには、ぴったり。

  • RSS FEED
トップへ戻る