みりんといちごの発酵スムージー

2016年3月28日 14:00

みりんといちごの発酵スムージー

Podcast はこちら

**** 材料 2人分 ****


 
甘酒...150ml
 
豆乳...200ml
 
三州三河みりん(煮切る)...大さじ2
 
いちご...8
 
塩麹...小さじ1/2

いちご(飾り用)...23
ミント...適宜

【煮切りみりん(作りやすい量)】
三州三河みりん...200ml 

※「煮切りみりん」は、みりんを小鍋に入れて火にかけ、半量になるまで煮詰めたものです。200mlのみりんを用意して鍋に入れて火にかけ、半量の100mlになるまで煮詰めると作りやすいです。


作り方

① いちご8個は洗い、へたを切り落とす。
飾り用のいちごは薄切りする。
Aの材料を全てジューサー
(またはミキサー)に入れ、
撹拌する。

③ グラスの内側側面に【①】の
薄切りしたいちごを貼りつけ、
【②】をゆっくり注ぎ入れる。
上にミントを飾る。
 


<みりんポイント>
砂糖やはちみつのかわりに、みりんや甘酒を入れることで、自然の甘みが楽しめます。また、コクと旨みもアップします。 

<愛知の食材 いちご>
愛知県は気候が温暖で、いちご生育期(秋~冬)の日照時間が長いため、栽培に適しています。生産量も全国7位と上位です。愛知県が品種登録した「ゆめのか」は果皮の色むらがなく、へたの近くまで綺麗な赤色をしています。また、果肉・果芯ともに淡い赤色で、果肉自体は適度な硬さですが、とても瑞々しくジューシーなのが特徴です。


まなさん

見た目が華やか。赤いいちごの色を見ると春だなと感じます。味はさっぱりスムージー。いちごの酸味・甘みを感じられ、甘酒といちごの相性の良さを実感しました。みりんは食材の味をまとめ引き立てる調味料なんですね!豆乳臭さ、甘酒のくせもなく飲みやすいスムージーです!

  • RSS FEED
トップへ戻る