大葉ジェノベーゼの冷製スパゲティー

2016年7月18日 14:00

大葉ジェノベーゼの
冷製スパゲティー

Podcast はこちら

 

 

**** 材料 4人分 ****

【大葉ジェノベーゼソース】(作りやすい分量)
A
 大葉...60g
 
カシューナッツ またはくるみ・松の実(炒る)...40g
 
三州三河みりん...大さじ2
 
粉チーズ...20g
 
オリーブオイル...150ml
 
塩...小さじ1 

スパゲティー(カペリーニ)...280g
切り干し大根...40g
プチトマト...4
海老...8 


<作り方>

① 大葉ジェノベーゼを作る。Aの材料をフードプロセッサーで撹拌する。② 切り干し大根は水で戻す。
プチトマトは4等分にする。
海老は殻ごと茹でて汁につけたまま冷まし、
殻をむいて好みの大きさに切る。
③ 鍋に湯をたっぷりと沸かし、
1%の塩(分量外)を入れる。
スパゲティーを茹で、ざるに上げて冷水でしめ、
水気を切る。

④【③】と切り干し大根を【①】のソースで和え、
器に盛る。プチトマトと海老をのせる。

※大葉ジェノベーゼソースは、瓶に入れて冷蔵で約2週間、冷凍で約1ヶ月保存可能です。


<みりんポイント>
みりんを入れることでまろやかな味が生まれ、通常のイタリアンでは出すことのできない奥深さのあるソースに仕上がります。また、アルコール効果で保存性が高まります。

<愛知の食材:大葉>
愛知県は大葉の生産量が日本一。中でも豊橋市・豊川市・田原市で盛んに栽培されています。ビタミン類がたくさん含まれる他、ポリフェノールの一種であるロズマリン酸も豊富で、抗酸化作用や抗アレルギー作用があるとされています。また。香り成分に防腐作用があるため、暑い時期の調理に使うと良いでしょう。


まなさん

大葉のさわやかな香りが広がります。みりん効果で、ソースにしっかりとコクがあります。切干大根が入っているので、シャキシャキとした食感も楽しめます。

  • RSS FEED
トップへ戻る