カレイの煮つけ

2017年2月7日 14:00

カレイの煮つけ

Podcast はこちら 

 

**** 材料 2人分 ****

カレイ...1
しょうが...1
れんこん...7mmの厚さ4
水...100ml
三州三河みりん...50ml
醤油...大さじ2


作り方

① カレイは頭と尾を切り落とし、
34等分に切る。
しょうがは薄く切る。

② 鍋(またはフライパン)に
水・三州三河みりん・醤油を入れ、
火にかけて煮立てる。

③【②】にカレイ・しょうが・れんこんを入れ、
おとし蓋をして蓋をして中強火で56分煮る。

④ 蓋を取り、煮汁にとろみが出るまで煮詰める。


<みりんポイント>
魚を煮つける時にみりんを使うとふっくらと仕上がります。また、きれいな照りとツヤが出て、程よいとろみ感も生まれます。さらに、煮崩れしにくくなる効果もあり、出来映えりが美しくなります。また、みりんを使うことで、魚の生臭さを消すことができます。

<愛知の魚・カレイ>
愛知県ではイシガレイ・メイタカレイ・マコガレイなどが多くあがります。特にイシガレイは、蒲郡市や南知多で秋口から冬場にかけてたくさん漁獲されます。


実絵子

まず見た目の照りがおいしそう!みりん効果で、身はふっくら。また、お砂糖とは違ったシンプルですが深いコクを感じる甘さに仕上がっています。れんこんにも、カレイとみりんの旨みを吸っていておいしいです!

  • RSS FEED
トップへ戻る