スルメイカのごろ焼き

2017年9月5日 14:00

スルメイカのごろ焼き

Podcast はこちら

 

**** 材料 4人分 ****

スルメイカ...2杯(250g
長芋...100g


 
麦味噌...大さじ2
 
豆板醤...小さじ1/2
 
三州三河みりん...大さじ2

ごま油...大さじ1
白ねぎ...1/3


作り方

① スルメイカの下処理をする。【下記[1][4]
[1] 胴と内臓のつなぎ目を指で離して
内臓と軟骨を引き抜く。

[2] えんぺらを引っ張りながら取り除く。
キッチンペーパー(もしくはふきん)を使い、
 
えんぺらと胴の皮を端からつまんで剥く。

[3] 目の下に包丁を入れ、足と内臓を切り離す。
足の中心に残ったくちばしをつまみ取り、
 
吸盤をこそげ取る。
 
内臓の肝の真ん中に切れ目を入れ、
 
肝を取り出す。
[4] 胴と足を洗い、
キッチンペーパーで水気を拭く。

② スルメイカの胴を1.5cmの輪切りにし、
足は2本ずつに切る。
 
えんぺらは半分に切る。
 長芋は皮を剥いて1㎝の半月切りに、
 
白ねぎは細く切って白髪ねぎにする。

③ 【①】で取り出したスルメイカの肝に、
A
の材料を加えて混ぜ合わせる。
④ フライパンにごま油を入れて火にかけ、
スルメイカを炒める。
 
白っぽくなったら長芋を加えてさらに炒め、
 
【③】も加えて手早く絡める。
⑤ 【④】を器に盛り、上から白髪ねぎを飾る。


<みりんポイント>
スルメイカの肝にみりんが加わると、コクと旨味がプラスされおいしくなります。また、炒める際のイカ独特の臭みを消し、軟らかな食感に仕上がります。

<愛知の魚・スルメイカ>
スルメイカは渥美外海や南知多などで獲れ、煮る・焼く・酢の物・揚げ物など、多種多様な調理に活用できる食材です。良質なたんぱく質を多く含み、かつ低カロリーなのが特徴です。


実絵子さん

スルメイカの肝の独特な臭みが出るかな・・・と思いきや、みりんと麦味噌と合わさり、コクと旨みが前面に出ています!大人の酒のおとも、お子さんのご飯のおかずとどちらにもピッタリな一品です。

  • RSS FEED
トップへ戻る