つボイ:毎週勉強になります。今日も楽しみ!

小高 :今週も、ファイナンシャルプランナーの村瀬貴代美先生にうかがいます。

         ◇            ◇

Q.土地を買う時に気をつけることを教えてください

村瀬 :土地を購入すると不動産取得税を払わなければなりません。不動産取得税とは、不動産を取得した人に、その不動産の所在する都道府県が課す税金で、市町村が毎年課税する固定資産税とは違って、不動産を取得した時に一度だけ収める流通税の一種です。

ただし、土地の取得から3年以内に建物を新築する場合は、申告すれば、納税したお金が戻ってきます。

 

Q.家を建てないと戻ってこないんですね?

村瀬 :家を建ててもテナントに貸すとか、アパートなどの不動産運用であれば税金は戻ってきません。3年以内に自分が住む家を建てた時だけ控除されるんです。

ただ気をつけなければいけないのは、黙っていてもお金は戻ってきません。自分で県税に申告することが必要です。

不動産取得税支払時の通知書に小さな文字で 「この内容で不服申し立てのある場合は申し出てください」と書かれているのです。この制度を知らなくて、3年以内に家を建てたのに、不動産取得税を取り戻せなかった人を知っています。

 

Q.土地を買ってすぐに家を建てる人も、いったんは不動産取得税を納めるのですか?

村瀬 :基本的にはまず納めます。でも中には、控除額を先に支払う必要がないような手続きをしてくれる司法書士さんもいます。詳しくは、一度、私どもにご相談ください。

         ◇           ◇

小高 :税務署がわざわざ教えてくれることはないんですね。 もうやだ〜(悲しい顔)

つボイ:何でも知っとかないかんね。村瀬先生、これからもよろしくお願いします。 わーい(嬉しい顔)

  • RSS FEED
トップへ戻る