2015年8月

つボイ:資産運用には、リスクを含めていろいろな情報を集めることが重要だってことがわかってきたね。

小高 :でも、その情報はどうやって集めたらいいんだろ?村瀬先生に聞いてみよう!!

 

       ◇           ◇

Q.必要な情報はどうやって集めたらいいですか?

村瀬 :まずは新聞やテレビ・ラジオの活用から。金融には経済が直結します。でも経済面だけでなく、例えばギリシャ問題、例えばアメリカの金融緩和政策とかも全部関わってくる。つまり国際面も重要になります。

どの面でもいろんなヒントが隠されているので、ぜひ隅から隅までチェックしてください。

Q.情報から「何か」を読み取る力はどうしたら身に着くのでしょうか?

村瀬 :投資セミナーなど、いらんなところで開かれている勉強会を活用するのもひとつの手です。

Q.村瀬先生のところでも開かれていますか?

村瀬 :家づくりセミナー、マネーセミナー、ライフプランセミナーなど年代層・目的に応じたセミナーを開いています。20代のOLから80代のおばあちゃんまで、いろんな方が参加されていますよ。

こういうセミナーでは、わからないことはわかならと素直に質問することが大切です。

内緒の話ですけど、男の人はつい見栄をはったりテレたりして格好つけた質問が多く、 何が聞きたいのかさっぱり「不明」な人が多いです。先日いらっしゃた20代の女性の方は、派遣社員で雇用の保障がなく、収入のあるうちに自分でお金を作ろうと思うが、そのためにはどんな商品を買えばいいのかがわからない、という。

でもそれでいいんですよ。

自分が何がわからなくて、何を知っているか・・・このあたりをしっかり理解して、自分の身の丈にあった自分が「わかる」商品を買うことが大切なんです。     

        ◇          ◇ 

小高 :新聞はいつもテレビ欄から見ていたけど・・・これじゃダメなんだね。

つボイ:あんたはチラシから見てるんじゃないの?

小高 :あれ?なんで知ってるのふらふら

さて、村瀬先生が代表をつとめるトータルライフサポートでは、家づくり、マネー、ライフプランをテーマとしたセミナーを開催されています。

気になる方は、電話  052-485-5888  までどうぞ!

つボイ:先生の話を聞いていると、経済は総合的なもの、いろんな情報や要素を知っておくことが大切だということがわかるね。

小高 :私は、もう大丈夫。しっかり銀行の決算書を見て、真似して買って、私の老後はもう安泰手(チョキ)

         ◇           ◇

Q.小高さん、あんなことを言ってますが・・・村瀬先生、どうなんでしょう?

村瀬 :資産運用にあたっては、注意することも多いんですよ。資産運用には「必ず」ということがないんです。リスクを知ることがとても大切です。

例えば、金融機関が勧める投資先にオーストラリアがあります。確かにバブル期は、政府もシルバーシャトル計画とか言って、高齢者のオーストラリア移住を勧めたし、為替も80円台だったりしました。でも今はオーストラリア$は円安方向だし金利も下がっている。これは国の政策でもあった移民を受け入れ過ぎて、人口が飽和状態。それに対して産業は育っていない。

かつて「買い場」ではあったものの、ではどこが「売り場」だったのか。金融の世界では「一生続く」という言葉はなんいですよ。

 

Q.ほかにもリスクはありますか?

村瀬 :インドやアフリカも金利は高いんですが、ではその国の情報を、自分でどれだけ取ることができるのか。日本人は上がった時に買いだす。結果、上がり下がりの見極めができず、「塩漬け」ということになりがち。

リスクを知った上で、しっかり情報を集めて投資することが重要です。

       ◇          ◇

小高 :「ずっと続く」と言えば、入社のとき、デパートの化粧品売り場のお姉さんに、フルメイクを教えてもらって、今もそのメイクをしていると・・・

つボイ:若い子から「古っ!」とか「オシャレじゃない!」って言われているわけだ、

小高さんは。

小高 :さて、村瀬先生が代表をつとめるトータルライフサポートでは、家づくり、マネー、ライフプランをテーマとしたセミナーを開催されています。

気になる方は、電話  052-485-5888  までどうぞ! 

小高 :老後の資金は思いのほかかかるんだね。

つボイ:しかも貯蓄していたとしても、ただ持っているだけでは目減りしていくって・・・たらーっ(汗)

小高 :もう、運用するっきゃないねダッシュ(走り出すさま)

つボイ:さっそく村瀬先生に相談しよう!

        ◇           ◇

Q.運用するにはまずどんなことから?

村瀬 :政府のいまの政策を知ってください。例えば、日銀の黒田総裁は「2年程度で2%のインフレ率」を目標に掲げています。

普通に預金しているだけでは、それだけの利息はつかないので、預けっぱなしでは資産が目減りしていくことになります。

しかもその低い利息には、一律20.315%の税金がかかります。

 

Q.ますます資産の運用が重要になってきますね?

村瀬 :みなさんは銀行の決算書を見たことはありますか? 例えば日銀はHPで見ることができます。皆さんが預金をしている銀行でもほぼ公開されています。

 

Q.決算書の何を見るんですか?

村瀬 :皆さんが預けているお金は、銀行の金庫で眠っているわけではありません。銀行は銀行で、銀行にとって有利なところに運用しているんです。

例えば、独立行政法人の年金積立金運用(GPIF)は、カナダのオンタリオ州に投資して運用しています。オンタリオ州は、法人税を下げて積極的に企業誘致をしています。トヨタ自動車もデトロイトではなく、オンタリオに工場を作っている。いろんな企業が進出していけば、道路もできるし、ショピングセンターもできる。つまり、いまオンタリオは、格好の投資先なんです。

       ◇          ◇

 つボイ:個人で調べるのは大変だけど、プロがどういう投資先を選んでいるかを知れば、とても参考になる訳だ。

小高 :モデルさんのオシャレな服を真似して、自分の服を選べばいいのといっしょだね。

つボイ:小高さん!100円は100円ですが、服には似合う似合わないがあります。アンタとモデルではシルエットが違うやろアッカンベー

小高 :さて、村瀬先生が代表をつとめるトータルライフサポートでは、家づくり、マネー、ライフプランをテーマとしたセミナーを開催されています。

気になる方は、電話  052-485-5888  までどうぞ!

8月5日放送 老後の資金

2015年8月 5日 13:27

小高 :老後の資金っていくらぐらいかかるんだろう?

つボイ:人それぞれだとは思うけど、小高さんは費用かかるだろうね、食べる量が全然違う。

小高 :90歳になってもパクパク、むしゃむしゃ・・・放っといてくださいちっ(怒った顔)

つボイ:さっそく先生に聞いてみよう!

        ◇            ◇

Q.老後の資金はいくらかかりますか?

村瀬 :お二人がおっしゃる通り人それぞれですね。持ち家があるか、家族は何人か、退職金はいくらか、年金はどれくらいか・・・

例えば、賃貸の家に住んでいて毎月家賃を8万円払っているとすると、60歳から80歳までの20年間でおよそ2000万円支払うことになります。

 

Q.え!?家賃だけで2000万円も?

村瀬 :60歳の時に2500万円貯金があるとしましょう。その後の収入がゼロだとした場合、月々15万円で生活していくと、75歳、つまり15年間で貯金は枯渇していしまします。

みなさん、もっと長生きしたいですよね。

生活費の条件を変えないで計算すると、80歳までで3500万円、90歳までですと5500万円必要になるんです。

 

Q.定年になったら旅行に行きたいとか、孫にお小遣いをあげたいと思っても余裕がない?

村瀬 :しかも気をつけなければいけないことは、仮に貯金がそれだけあったとしても、物価は徐々に上がっていくんです。今の政策は2%の物価上昇を目標にしています。ということは、金利も2%以上なければ目減りしていくんです。

 

Q.え~、じゃあどうすればいいんですか?

村瀬 :お手持ちの資金にも働いてもらうことです。つまり、「運用する」ということを考えていただくことが必要になってくるんです。

        ◇           ◇

つボイ:昔、親が「パーパー、パーパー使っとったらいかんで」って言っていたのは正しいね。今頃気づいても遅いけど・・・

小高 :先生!来週からは具体的な運用の仕方を教えてください!!村瀬先生が代表をされているトータルライフサポートでは、家づくり、マネー、ライフプランをテーマとしたセミナーを開催されています。

気になる方は、電話  052-485-5888  までどうぞ!

  • RSS FEED
トップへ戻る