小高 :家を買うときって、ほんと、もうわかんないままに突っ走っちゃうよね。勢いで行かないと、やってられないし、とかって!                                             

つボイ:そういう無計画な人は、村瀬先生の家づくりセミナーで勉強して来てください。                           

 

         ◇           ◇

Q.家を買うときに注意することを教えてください。

村瀬 :皆さん住宅ローンのことばかり気にされるが、いちばん大切なのは資金計画です。

住宅ローンというのは、土地を決め、家を決めてから1年後ぐらいの話なんですよ。その時には、金利も変わっている。その時になって考えれば十分なんです。まずは、いくらぐらいなら手付金を出してもよいのか・・・。

これは家の中の金融資産の全額を出す訳にはいかない。例えば子供がいれば教育費がかかる。老後の蓄えもいる。それらをトータルに考えて、手付金はいくら、ローンはどのくらいまでなら借りてもいいのか、という資金計画をきちんと立てていく。

これらを年収に応じて自分んできっちりと立てていかないと、往々にして売る側は、いける限り目いっぱいローンを組ませようとします。だから借りる側がしっかり自分の資金計画を立てていないと、

アメリカのサブプライムローンではないが、返済が出来なくなるという事態を起こしたりするんです。

Q.資金計画をしっかりと立てることが重要なんですね。

村瀬 :あと資金計画の中で、皆さんが見落としがちで注意しなければならないのが「がいこう費用」です。

        ◇          ◇

小高 :「がいこう費用」? アメリカとの「外交」に使う飲み食いの費用とか・・・?

つボイ:われわれ、町内で暮らしているので「外交」は関係ないと思いますよ。 「外構」、つまり家そのものを建てる直接の費用ではなく、外回りにかかる費用のことですね。

小高 :あ、そう。じゃあ、その「外構費用」については、来週詳しく先生にお聞きすることにします。

さて、村瀬先生が代表をつとめるトータルライフサポートでは、家づくり、マネー、ライフサプランをテーマにしたセミナーを開催されています。                         

気になる方は 電話052-485-5888 までどうぞ!

  • RSS FEED
トップへ戻る