10月7日放送 株はどうなる?

2015年10月 9日 15:02

小高 :中国の影響か何かは知りませんが、最近は日経平均が平気で一日500円下がったりして、株って本当に怖いですね。

つボイ:2万円を軽く超えていたのに、一時期1万7千円台にまでなりましたからね。泣いてる人も多いんじゃないですか。そのあたりのこと、教えて!村瀬先生。                                         

         ◇            ◇

Q.株式市場はこの先どうなるんでしょう?

村瀬 :株は相場ですから、上がる局面があれば下がる局面があります。また、下がる局面があれば上がる局面があります。そのことがわかっていれば、どんな時にでもチャンスがあるんですよ。

Q.え?でも今、株は下がってますよ?

村瀬 :通常皆さんは「株は上がる」というところだけを見て「期待値」で買うけれど、下がっている時にも利益を取る方法があるんですよ。 「空売り」という言葉を聞いたことはありますか?株を先に売って、下がった時に買い戻し、その差額を利益とするんです。

この「空売り」は信用取引でしかできませんから、まず信用取引用の信用口座を作る必要があります。信用口座は口座に入れてある自分の資金の3倍まで利用できるので、怖いって思われる方も多いと思いますが、何もキャパシティいっぱの金額を使う必要はありません。自分の資金の中だけで活用すればリスクも少なくなります。

Q.いろんな状況に対応できる知識が必要ですね?

村瀬 :ピンチはチャンスと考えることができます。例えば、エボラ出血熱が流行した時、経済への悪影響が心配されましたが、富士フイルムの株は新薬の開発でグンと跳ね上がりました。

この時もこのチャンスを逃さなかった人がいた訳で、悲しいかな人間社会は、悲惨な現実のウラで潤った人もいるんです。

          ◇          ◇

つボイ:すべて社会の出来事にはウラとオモテがあるんだね。

小高 :一見お金に関係ないような出来事でも、なにかしらつながっているということですね。いや、勉強になります。

村瀬先生が代表をつとめるトータルライフサポートでは、家づくり、マネー、ライフプランをテーマにしたセミナーを開催されています。

気になる方は 電話 052-485-5888 までどうぞ!       

  • RSS FEED
トップへ戻る