マネーのつボ
マネーのつボ
水曜 10:25頃~
お金にまつわる様々な相談にお答えしていきます。
一般社団法人トータルライフサポート代表理事 村瀬貴代美

TV・雑誌・ラジオなどのメディアに出演する他、年間100回以上の講演、400組以上のコンサルティング実績を持つ、APP/日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員。 宅地建物取引主任者の資格を持つ。
ファイナンシャルプランナーの枠を超えて、資産運用や住宅・不動産、保険についてのアドバイザーとしてトータルでサポートしています。
8月5日放送 老後の資金
2015年8月 5日 13:27 
 

小高 :老後の資金っていくらぐらいかかるんだろう?

つボイ:人それぞれだとは思うけど、小高さんは費用かかるだろうね、食べる量が全然違う。

小高 :90歳になってもパクパク、むしゃむしゃ・・・放っといてくださいちっ(怒った顔)

つボイ:さっそく先生に聞いてみよう!

        ◇            ◇

Q.老後の資金はいくらかかりますか?

村瀬 :お二人がおっしゃる通り人それぞれですね。持ち家があるか、家族は何人か、退職金はいくらか、年金はどれくらいか・・・

例えば、賃貸の家に住んでいて毎月家賃を8万円払っているとすると、60歳から80歳までの20年間でおよそ2000万円支払うことになります。

 

Q.え!?家賃だけで2000万円も?

村瀬 :60歳の時に2500万円貯金があるとしましょう。その後の収入がゼロだとした場合、月々15万円で生活していくと、75歳、つまり15年間で貯金は枯渇していしまします。

みなさん、もっと長生きしたいですよね。

生活費の条件を変えないで計算すると、80歳までで3500万円、90歳までですと5500万円必要になるんです。

 

Q.定年になったら旅行に行きたいとか、孫にお小遣いをあげたいと思っても余裕がない?

村瀬 :しかも気をつけなければいけないことは、仮に貯金がそれだけあったとしても、物価は徐々に上がっていくんです。今の政策は2%の物価上昇を目標にしています。ということは、金利も2%以上なければ目減りしていくんです。

 

Q.え~、じゃあどうすればいいんですか?

村瀬 :お手持ちの資金にも働いてもらうことです。つまり、「運用する」ということを考えていただくことが必要になってくるんです。

        ◇           ◇

つボイ:昔、親が「パーパー、パーパー使っとったらいかんで」って言っていたのは正しいね。今頃気づいても遅いけど・・・

小高 :先生!来週からは具体的な運用の仕方を教えてください!!村瀬先生が代表をされているトータルライフサポートでは、家づくり、マネー、ライフプランをテーマとしたセミナーを開催されています。

気になる方は、電話  052-485-5888  までどうぞ!

[4]新しい記事:8月12日放送 銀行の決算書を見よう!
[6]古い記事:7月29日放送 土地を買う時に気をつけること
月別アーカイブ
[2]ページの先頭
[0]ブログトップ
関連ページ
聞けば聞くほどトップ
ラジオ面トップ
CBCトップ
(c) 2000 CBC RADIO CO.,LTD.