美濃を走る赤!観光列車「ながら」

2016年4月1日 14:47

肌触りのいいシートの椅子ハートたち(複数ハート)

暖かみのある暖色の光に照らされる

木の香りのする空間ハートたち(複数ハート)

 

とっても素敵なこの空間は

なんと・・・列車なんですexclamation×2あせあせ(飛び散る汗)

 

岐阜県関市の

長良川鉄道「関駅」の車庫にお邪魔し

4月27日から運行開始する

観光列車「ながら」に特別乗車地下鉄ぴかぴか(新しい)

 

 

長良川鉄道アテンダント

船戸由香さんにお話をお伺いしました乙女座揺れるハート

 

中から見ても外から見ても高級感のある

ぴかぴか(新しい)ダイヤ観光列車「ながら」ダイヤぴかぴか(新しい)


 

観光車「もり」食堂車「あゆ」との2両編成 電車 電車ぴかぴか(新しい)

岐阜県美濃加茂市の「美濃太田駅」

郡上白鳥町の「北濃駅」

72.1kmをおよそ2時間で結びますひらめき

4月27日が初運行

週末・祝日を中心に1日1往復手(チョキ)

 

観光列車ということでいつもよりスピードは抑えめ晴れ

より景色を楽しめる橋の上などでは

さらにスピードをおとすんだとか目

 

そして、なんといってもデザインが素敵な「ながら」

デザインを担当されたのはJR九州の豪華寝台列車

「ななつ星in九州」でおなじみの水戸岡鋭治さんexclamation

 

車両はロイヤルレッドという深みのある赤色

長良川の青森の緑秋の紅葉冬の白

四季折々の自然に映えるようデザインされているんですかわいい揺れるハート

 

そして内装には

テーブルや椅子だけではなく

頭上の荷物置き場吊革にまでクラブぴかぴか(新しい)

 

テーブルには東濃ヒノキ

サービスカウンターには美濃加茂産アベマキ

が使用されているんですよるんるん

 

そんな観光列車「ながら」を楽しむには

事前予約が必ず必要ですexclamation×2

 

運行スタイルは3つ

1 ランチプラン レストラン

2 スイーツプラン ハート

3 ビューブラン カメラ

 

「ランチプラン」では

食堂車「あゆ」地元・長良川鉄道沿線

山の幸川の幸を味わう事が出来ますレストランハートたち(複数ハート)

 

「美濃太田駅」発と「郡上八幡」発とで

別の料理が楽しめますよわーい(嬉しい顔)

 

「スイーツプラン」金曜日の郡上八幡発のプランのみexclamation

アフタヌーンティーをイメージした

ワンプレート9種類・・・たまりませんねかわいい揺れるハート

 

「ビュープラン」

普通切符に+500円の整理券

観光車「もり」に乗車できますカメラぴかぴか(新しい)

 

それぞれのプランの詳しい内容は

ホームページで確認してください晴れ

 

予約は2ヶ月前からの受付ひらめき

興味がある方は早めのご予約をお願い致しますハート

 

ときどき駅長の雪之丞くん黒ハート

  ハート――――――――――――――――ハート

ダイヤ観光列車「ながら」ダイヤ

電話:0575-46-8021

 

受付:予約月の2ヶ月前から開始

6月分は4月1日から、7月分は5月1日から

 ハート――――――――――――――――ハート

 

  レポートドライバー リボン 清水藍

 

トップへ戻る