フワモチッ!!桜の花の酵母を使って出来た米粉パンが登場♪

2016年4月5日 19:06

愛知県岡崎市にある株式会社 四季
こちらは食品の製造会社で
地元のお米『あいちのかおり』を使った
米粉パンを製造している会社わーい(嬉しい顔)

パンを作るときに必要な材料の1つ、イースト菌ひらめき
なんですが、、、
今回紹介した米粉パンはイースト菌は使いませんexclamation×2

なんと桜の花の酵母を使って
作った米粉パンができたんです揺れるハート
 株式会社 四季 代表 大宮 たつひこ さん



その名もひらめき
「さくら天然酵母 こめっ子桜」

 5年前、愛知県食品工業技術センターで
「花の酵母」を研究しているスタ
ッフと知り合いになり
共同で開発する事となったそうですわーい(嬉しい顔)

↓桜の花の酵母↓ 

日本で初めてできたという
桜の花の酵母で出来た米粉パンハートたち(複数ハート)

 パンはイースト菌が必要なイメージだったんですが
桜の花の天然酵母で作った米粉パンは
従来のイースト菌で作った米粉パンよりクセがなく
もっちりしていて食べやすいそうですグッド(上向き矢印)

 

私がビックリしたのがふらふら
≪発酵時間≫

イースト菌は発酵時間2時間ですが

それに比べて桜酵母はなんと72時間exclamation×2
3日間かかるんです目

でもその「発酵時間が長い」という効果で
ふんわり感やもっちり感が増し
風味や甘味のあるパンに揺れるハート

  食べてみるとビックリするくらいもっちり!
米粉パン独特のぎゅっとした弾力ではなくフワフワです
噛めば噛むほど甘みが感じられるので
バター付けなくても美味しいムード

 

目に見えない酵母相手。
発酵に72時間もかかるので
管理時間も長く、また発酵力が弱いので
なかなか膨らまなかったり
逆にうっかり膨らませすぎたりと
試行錯誤を繰り返したそうです
2年経って納得のいく米粉パンが完成!

 

毎朝食卓に置いてあったら
眠たい朝も置きたくなります(笑)

是非桜の花の酵母で作った
米粉パン食べてみてください黒ハート

さくら天然酵母こめっ子桜

食パン1斤 500円(税別)
丸パン130円(税別)など、全6種類

幸田町「幸田憩いの農園」
名古屋市中区・県アンテナショップの
「ピピッと!あいち」で販売しています

トップへ戻る