ポクポク♪ 独特の音を守り続ける市川木魚製造所!

2017年1月25日 15:12

お坊さんがお経を読む時に使う仏具、木魚exclamation

 実は日本では

愛知県でのみ生産されているんです目ぴかぴか(新しい)

 

その中でも愛知県愛西市の

市川木魚製造所

唯一お寺の木魚を専門に作る工房なんでするんるん

 

玉斎 3代目 木魚職人の

市川幸造さんにインタビューカラオケ

 

もともとは中国で作られており

日本には400年ほど前に伝えられ 

その後東京京都に木魚職人が大勢いたそうですが

それが今は愛知県だけでしか作られていないexclamation&question

 

というのもひらめき

東京や京都など他の地域では

安価な中国製や外国製に押されたこともあり

後継者が途絶えてしまったからふらふらあせあせ(飛び散る汗)

 

尾張地方はもともとお寺の数が多く

仏壇・仏具産業が盛んだったため

最後の産地として残ったんだとか目exclamation

 

 

その中でも市川木魚製造所

唯一のお寺専門の木魚工房ダイヤぴかぴか(新しい)

 

年間15~20個を製造しますひらめき

 

少ないと思われるかもしれませんが

お寺専門というのとで大きい物や

高価なものを手がけているからなんです手(グー)

 

ちなみに木魚の作り方はというと・・・

木から作った丸太を2・3年間寝かし

その後、木魚の形に成型します

さらにそこから5~10年間乾燥させて

注文が入ったら最終調整で表面の装飾を彫り

音の調律を行いまするんるん

 

工房の2階には

大中小400個程が乾燥中です晴れ

 

そしてぴかぴか(新しい)こだわりはなんといってもるんるんるんるん

 

木はそのまま叩いても

「カンカン」とか「パカパカ」という音しか出ず

「ポクポク」という独特の音になるのは

共鳴板という内部の特殊な構造によるものムード

 

まさに職人技が生みだす音なのですかわいい揺れるハート

 

そして大きさによって音も変わるという事で

中継では一般的な家庭の木魚

お寺の木魚、直径39cm54cm

それぞれの音を聞き比べ耳ムード

えええええぇえぇぇどんっ(衝撃)

全然音が違うexclamationexclamationあせあせ(飛び散る汗)

 

39cmは丸みがあって優しい音るんるん

54cmはずっしりと深みのある音るんるん

 

放送を聞き逃した方は

是非ともラジコのタイムフリーで確認してくださいわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

 

このように全然大きさによって音が違うんですが

実は工房では現在・・・exclamation

直径3尺(90cm)もの大きなものを製作中exclamation×2

 

彫りだす前は直径160cm程のもので

20年に1度作るかどうかという代物目ぴかぴか(新しい)

 

もちろんこの大きな木魚も

彫り終わった後は

10年間しっかり乾燥させます晴れ

 

10年後もこのポクポクという音を守り続ける事が

自分たちの仕事だ

と語って下さいましたカラオケハートたち(複数ハート)

 

 

優しい暖かみのある木魚の音るんるん

今後も独特の音を守り続けて下さいねハート

 

 




 レポートドライバー リボン 清水藍

 

 

トップへ戻る