はだか祭で奉納する"なおい布"を初めて配布♡

2017年2月1日 15:01

愛知県稲沢市にある

国府宮神社

にお邪魔しました車(RV)ダッシュ(走り出すさま)

国府宮神社といえば

「はだか祭」ですが

そんなはだか祭で使用される

奉納のなおい布の授与が

今年から始まったそうなんです手(チョキ)ぴかぴか(新しい)

はだか祭といえば

1250年ほど前から続く

厄除けの神事

毎年旧正月の13日に行われますひらめき

今年は2月9日

毎年選ばれる「神男」に触れると

厄が落とせるということで

褌姿の裸男たちが

揉み合う風景が有名ですよねわーい(嬉しい顔)

 

しかし裸男のように裸になれない女性や

もみ合いに参加できない

お年寄りなどがいますよねふらふらあせあせ(飛び散る汗)

そんな方たちが

厄除けの願いを込めて書き込み

代わりに奉納してもらうものこそが

「なおい布」なのです目exclamation×2

 

国府宮神社には

元々お守り用のなおい布がありますが

はだか祭ではこれとは別に

笹にくくりつける「笹用なおい布」を使用します手(グー)

 

これまでは厄除けをしたい人が

自前で用意して裸男を介して

笹に結びつけてもらっていたのですが

各所から「なおい布を書きたい」

という問い合わせがあり

今回から神社から授与する形になったのだとかひらめき

国府宮神社にて

500円で手に入るなおい布に

名前、年齢、そして願い事を書き込み

笹に結びつけまするんるん

 

お祭り当日にボーイスカウトのメンバー

奉納する予定だそうですかわいい

 

気になる方は

お祭の前日8日まで

国府宮神社に足をお運びくださいダッシュ(走り出すさま)

また、枚数が限られるため

早めに行くのがおすすめですわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

 

なおい布を書いて

はだか祭に参加することで

しっかり厄を落としましょう手(グー)ぴかぴか(新しい)

 

野村さんお祭前の

お忙しいところありがとうございましたハート

トップへ戻る