豊川に狐面ギャラリーカフェ☆伍ん!

2018年2月7日 19:20

今日は愛知県豊川市にあります

とあるカフェにお邪魔しました黒ハート

中継前に豊川稲荷前の商店街

ぐるっと回って来ましたが、

とっても寒いのにたくさんの人で

賑わっていましたよぴかぴか(新しい)

いなり寿司の食べ歩きを

している方もいらっしゃいましたかわいいぴかぴか(新しい)

さて、近頃インスタ映えだとか

フォトジェニックという言葉を

よく耳にしますぴかぴか(新しい)

思わず写真を撮りたくなるような

カフェ喫茶店とかが人気ですよね黒ハート

今回お邪魔したカフェもですね

入口に入る時から写真を

撮りたくなるようなお店でしたよかわいいぴかぴか(新しい)

お店の名前は、、、

「狐面ギャラリーカフェ 伍ん」

詳しいお話を

店長 兼 狐面作家の

林 菜央さんに伺いましたハートたち(複数ハート)

 


現在25歳の林さんぴかぴか(新しい)

お着物にベレー帽を被った

可愛い姿からは

イメージが湧かない狐のお面、、、

お店の前にはずらっと狐のお面が飾られていますひらめき

 


お店の中に入ると壁の棚や

ショーケース、お店のいたるところに

狐のお面が飾られていますexclamation×2

 

林さんは元々デザインを学んでいたそうで

将来は絵を描く仕事をしたいexclamation×2

ずっと思っていたそうです黒ハート

そして生まれ育った豊川狐が有名ですが

狐にまつわるお店がまだまだ少ないと思い

もっと豊川の狐を広める事が出来ないかと思い

狐のお面に絵付けをして販売しようと決めたそうですぴかぴか(新しい)

狐のお面と聞くと

おどろおどろしいというか

目がつりあがっていて口元がにっと笑った

どちらかというと

夜に見ると怖そうなお面というイメージでしたあせあせ(飛び散る汗)

でもこちらのカフェにある狐のお面は

もちろんそういった物もありますが

 

綺麗鮮やかなお花とかが大きく

描かれていたり

なんだか仮面舞踏会に行けそうな

ぴかぴか(新しい)華やかさぴかぴか(新しい)があるんですハートたち(複数ハート)

 

最近は若い方からファミリー層まで

様々な方が手に取っていかれるそうです揺れるハート

お部屋のインテリアとして

飾る方が多いそうですよハートたち(複数ハート)

お部屋に飾った時にパっひらめき

雰囲気が明るくなるような

色使いもこだわりの一部なんだそうですハートたち(複数ハート)

こちらのカフェのお面は2種類あって

こちらの「半面」は真っ白なお面を仕入れて

林さんが絵付けをしたもの 3000円~

 

 

もう1種類は「オリジナル」8000円~ 

 

こちらは林さんが独自に作った型

和紙を貼って乾燥させるのを

何度も繰り返す「張り子」

という技法ぴかぴか(新しい)

およそ1週間かけて作ったお面に

林さんが絵付けをするそうですハートたち(複数ハート)

林さんがお1人で作っているんですよふらふらハートたち(複数ハート)

価格は変動する時があるみたいですぴかぴか(新しい)

そして伍んではワークショップも

行っているんですexclamation×2

購入するだけではなくて「半面」に

自分好みに絵付をけする事が出来るんです黒ハート黒ハート

時間制限はないので

2~3時間かけて

じっくり書く方もいるそうですよぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

カフェでは白い狐型のモナカをうかべた

「おきつねぜんざいセット」が人気で

それを食べながら絵付けを楽しむ方も

多いそうですよ揺れるハート


やってみたいけど時間がないという方は

お持ち帰りもできますexclamation

お面絵具がセットになっていますかわいい

お土産としてもいいですね黒ハート黒ハート

今後は狐のお面を「日本の文化」として

海外の方にもっとしってもらう事

林さんの夢なんだそうですかわいいぴかぴか(新しい)

和紙で作られていて、実際に触ってみると

和紙のがそれぞれ違って

なんだか温かみが感じられる

狐のお面でしたよるんるん

皆さんも是非お店に行って

林さんの作品を見て触ってみてくださいね揺れるハート

 

ステキな時間を

ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

 


機材担当をしてくれた

小林とも撮らせていただきました揺れるハート


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「狐面ギャラリーカフェ 伍ん」

住所:愛知県豊川市幸町9

TEL:0533-55-6072

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トップへ戻る