レポドラ日記
レポドラ日記
様々な中継取材をブログにUP!レポートドライバーたちが日ごろ感じた生の声もどんどんUPしています!
黄綬褒章も受賞!日本で唯一のつげ櫛作り職人さん!!
2017年5月12日 08:51 
清水藍, よりどりっ 

大相撲はもうすぐ5月場所イベント晴れ

7月の名古屋場所

楽しみにしているリスナーさんも多いはず目ハートたち(複数ハート)

 

そんな大相撲でひらめき

力士のまげを結う際に使うのがつげ櫛exclamation

そのつげ櫛を全国唯一手作りしている職人が

名古屋市北区にいらっしゃるグッド(上向き矢印)ということで

その櫛留商店へお邪魔しました車(RV)ぴかぴか(新しい)

 

 

先日、黄綬褒賞を受賞されたばかりぴかぴか(新しい)

3代目 森信吾さんにお話を伺いしましたカラオケ

 

改めましてひらめきつげ櫛とはぴかぴか(新しい)

 

黄楊という固くて適度な油と

粘りのある木で作るのこと晴れ

 

この適度な油があることで

髪の毛をしっとりと梳かすことができダイヤ

頭皮にも優しく揺れるハート

静電気もほとんど起きることがないそうぴかぴか(新しい)

 

そのためお相撲の力士の髪を結う

床山さんには欠かせないものでするんるん

 

そして一本の櫛が完成するのには

永い年月な必要なんですexclamationあせあせ(飛び散る汗)

 

まずは鹿児島から取り寄せた黄楊の木を

4年~6年間しっかり乾燥させます晴れ

 

その中で陰干し燻す作業も含まれ

何度も繰り返し行います手(パー)

 

 

長いものだと10年弱乾燥することもあせあせ(飛び散る汗)

 

その後、長さを整え

やすりで削っていくんですexclamation

 

1本1本丁寧に何百本もの幅の違うヤスリで

じっと一点を見つめながら削っている姿

まさにぴかぴか(新しい)芸術作品を作り出すようexclamation×2

 

本当にプロの職人技なんです目ぴかぴか(新しい)

 

最終工程で使うトクサぴかぴか(新しい)

 

 

そうしてたくさんの時間をかけて生まれ

昭和の大横綱・大鵬も愛しexclamation

協会から認められた職人 森さんのつげ櫛exclamation×2

 

私も使わせていただきましたわーい(嬉しい顔)揺れるハート

 

すっと髪に入り・・・

頭皮を優しく撫でるように滑りぴかぴか(新しい)

まるで頭を撫でられているような感覚

とても気持ちよかったですハート

 

みなさんから愛される理由が分かりましたかわいい揺れるハート

 

さあ5月場所の次はexclamation

いよいよ名古屋場所exclamation×2晴れ

 

いまは4代目の息子さんも修行中とのことで

一緒に作業をされています手(グー)ぴかぴか(新しい)

 

優しく頭を撫でる母のようなつげ櫛グッド(上向き矢印)るんるん

日本大相撲協会が認めるその伝統ある職人技

多くの人に愛されるつげ櫛を作り続けて欲しいなと思いますハート

 

 

これからますます忙しくなると思いますが

頑張ってくださいねわーい(嬉しい顔)ムード


 

 ハート――――――――――――――――ハート

ぴかぴか(新しい)ダイヤ 櫛留商店 ダイヤぴかぴか(新しい)

名古屋市北区駒止町1-60

ハート――――――――――――――――ハート


 

 レポートドライバー リボン 清水藍

[4]新しい記事:名鉄百貨店本店本館屋上ビアガーデンでキリン一番搾り☆
[6]古い記事:ハウスジャパンの「そらどまの家」ってどんな家??
カテゴリー
月別アーカイブ
[2]ページの先頭
[0]ブログトップ
関連ページ
これまでのブログトップ
気分爽快!!朝PONトップ
ラジオ面トップ
CBCトップ
(c) 2000 CBC RADIO CO.,LTD.