レポドラ日記

月曜~金曜

様々な中継取材をブログにUP!レポートドライバーたちが日ごろ感じた生の声もどんどんUPしています!

靴磨きで日本を元気に☆若き靴磨き職人!!

2016年11月8日 21:28

今年の春、大学を卒業したばかり晴れ

23歳の若者名駅近くのビジネス街

靴磨き店を運営家ぴかぴか(新しい)

 

GAKU PLUS 店主 の

佐藤我久さんダイヤぴかぴか(新しい)

 

靴磨きで日本を元気に手(グー)

その心意気を伺いましたカラオケムード

 

 

佐藤さんは北海道の出身で

中高と野球部だったそう野球

その頃スパイクを磨くのが一番の楽しみ

他の部員たちの分も磨いていたんだとか目ぴかぴか(新しい)

 

その後

スパイクを扱う靴メーカーへの就職を目指し

愛知県内の大学へ進学晴れ

 

学生時代も

靴店のアルバイトを掛け持ちするほどあせあせ(飛び散る汗)

 

そんな中ひらめき

ネットで靴磨き職人の事を知り

自分も靴磨きの世界を目指したい手(グー)

大学2年のときに名駅前で靴磨きを開始exclamationどんっ(衝撃)

 

技術も独学

路上では「お代はお気持ちで結構です」

と書いた看板を掲げていたそうです目あせあせ(飛び散る汗)

 

その後

全国行脚するなどして経験を蓄え

少しずつ常連も増えぴかぴか(新しい)

これを生涯の仕事にしようexclamation×2と決意どんっ(衝撃)

 

昨年夏、ネットで資金を募る

クラウドファンディングで呼びかけると

目標の倍以上の金額が集まり

まだ大学4年生だった昨年10月にお店をオープンイベントぴかぴか(新しい)

 

行動力意志の強さを感じますねグッド(上向き矢印)

 

そんな佐藤さんのこだわりは

お客さんの目の前で磨くことブティックぴかぴか(新しい)

 

カウンター越し1m程の近さ

自分の靴がピカピカになるのは

まるで魔法のようかわいい揺れるハート

 

 

ちなみに今後の最大の目標は

「この仕事がいつまでも残って欲しい」

ということわーい(嬉しい顔)

 

若い人たちにも興味を持ってもらって

靴磨きという文化をアピールしたいexclamation×2

と語ってくださいましたカラオケ

 

 

 

素敵な靴は素敵な場所に連れて行ってくれる

といいますよねブティックぴかぴか(新しい)

 

今度もピカピカの靴足元から

私たちの道筋を照らして欲しいなと思いましハートたち(複数ハート)

 

 佐藤さんぴかぴか(新しい)

世界一愛される靴磨き職人を目指して

頑張って下さいわーい(嬉しい顔)

 

 ハート――――――――――――――――ハート

靴磨きスタンド
ダイヤ 
GAKU PLUS
 ダイヤ

名古屋市中村区名駅5-6-13
(尾張屋洋服店内)

電話:052-561-2410

ハート――――――――――――――――ハート

 

 

 レポートドライバー リボン 清水藍

  • LINEで送る