レポドラ日記

月曜~金曜

様々な中継取材をブログにUP!レポートドライバーたちが日ごろ感じた生の声もどんどんUPしています!

高校球児たちが使用する金属バットを作る工場へ潜入★

2017年3月5日 13:55

岐阜県恵那市にある

株式会社UACJ金属加工

恵那工場

にお邪魔しました車(RV)ダッシュ(走り出すさま)

こちらで高校球児たちが使う

金属バットが製造されているそうなんですexclamation×2

 

 

 

こちらのUACJ金属加工さんは

1945年創業の会社で

元々はアルミ製のお弁当箱の生産などを行っていたそうひらめき

金属バットを製造するようになったのは

1980年代からで40年弱金属バットを作り続けているんです手(グー)ぴかぴか(新しい)

今では工場の売上の4分の一が金属バットなんだとかダッシュ(走り出すさま)

 

UACJ金属加工さんは

高校球児が使用する金属バットの

なんと4割も製造しているんです目exclamation&question

半分近くがこちらの工場で作られた

金属バットを使用しているんですね手(チョキ)ぴかぴか(新しい)

 

そんな金属バットですが

皆さん作り方はご存知ですか??

実は金属バットって

最初は筒状のパイプから始まってるんですどんっ(衝撃)

グリップ部分を溶接してとりつけ

その後熱処理を施し

折れないように強度を出しますパンチ

数百度の高温に熱してから

水につけて一気に冷やし

またそのあと120度~150度で12時間じっくりと

もう一度熱処理しますあせあせ(飛び散る汗)

 

そこからさらに研磨・塗装などをして

ようやく完成するのです手(チョキ)ぴかぴか(新しい)

 

この熱処理が一番大切な作業で

ここをしっかりしないとバットが折れてしまったりして

けがの原因になるんですふらふらあせあせ(飛び散る汗)

きちんとまっすぐになっているかを測る作業などもあり

微妙に曲がっているバットを感覚で直す姿は

まさに職人技でした...exclamation

 

そして工場内には

たくさんの種類のバットがありました手(パー)

なんとこちらでは30種類近くのバットを作っているそうですひらめき

年間では三万五千本もの金属バットが製造されていますわーい(嬉しい顔)

 

こうして金属バットが

高校球児たちの手に届いているのですね揺れるハート

 

それだけに佐藤さんも

高校野球をテレビで見るときは

ヒヤヒヤするんだとかexclamation&question

 

バットが折れて生徒さんたちが

けがをしないかがとにかく心配だそうもうやだ〜(悲しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

とにかく「安全なバット」を作ることこそが

皆さんの一番の目標なんだとかるんるん

 

職人技で作られた

安心安全なバットが鳴らす

「カキーン」という音が甲子園に響くのが

今から楽しみですねかわいいハートたち(複数ハート)

佐藤さんお忙しいところありがとうございましたぴかぴか(新しい)

  • LINEで送る