レポドラ日記

月曜~金曜

様々な中継取材をブログにUP!レポートドライバーたちが日ごろ感じた生の声もどんどんUPしています!

レーシングカートのスーパー小学生♡

2017年9月5日 14:55

名古屋市西区に

レーシングカート

全日本ジュニア選手権

4連覇している

スーパー小学生がいると聞いて

会いに行ってきました車(RV)ダッシュ(走り出すさま)

そのスーパー小学生が

6年生の

野村勇斗くんぴかぴか(新しい)

中継も

赤いレーシングスーツ

ばっちりきめてくれましたわーい(嬉しい顔)ムード

 

勇斗くんがレーシングカートを始めたのは

4歳の頃目exclamation×2

お父さんと一緒に

お店に行き

レーシングカートに出会ったそうひらめき

 

そこから乗り始め

6歳の頃にはレースに出始めたそうですダッシュ(走り出すさま)

 

ここまで簡単に書いてしまいましたが

レーシングカートは

やっぱりとってもスピードが出るんですどんっ(衝撃)

 

座ると目線は地面からおよそ60センチ

そして時速は100キロ

体感速度は200キロと言われていますexclamation×2

 

こんな状態で走っているにも関わらず

勇斗くんは全く怖くないんだとかあせあせ(飛び散る汗)

 

普段は週1回ほど

サーキットに行き練習しているそうですが

レーシングカートでバトルしている

あのスレスレの感じが好きだそうダッシュ(走り出すさま)

 

そんな勇斗くんは

現在、全日本ジュニア選手権

FP-Jrクラスで

4連覇中なんです手(チョキ)ぴかぴか(新しい)

 

この選手権は

小学6年生~中学3年生までが参加する

全部で6試合のもので

ポイント制でチャンピオンを決めますひらめき

 

残り2回試合があるのですが

勇斗くんは自信あり

はっきりと答えてくれましたわーい(嬉しい顔)exclamation

これは頼もしい手(グー)ぴかぴか(新しい)

 

大会最年少での参加なので

周りに大きな身体の中学生がいたら

怖いのでは...と考えましたが

勇斗くんはまたしても全然怖くないと...exclamation×2

 

なんとレースで大人とも闘った経験があり

その時もなんともなかったんだとか

なんでそんなに早いの?

と聞いてみると

「自信を持って走ってるから」

とこれまた自信を持って

答えてくれましたパンチ

 

これが若き才能っというものなんですかね...exclamation&question

 

そんな勇斗くんの

将来の夢は

F1ドライバーになって

憧れの選手 ベッテルとレースすることぴかぴか(新しい)

 これは将来がとっても楽しみです揺れるハート

まずは目の前にある

全日本ジュニア大会に向けて

頑張ってくださいかわいいexclamation

応援していますダッシュ(走り出すさま)

  • LINEで送る