レポドラ日記

月曜~金曜

様々な中継取材をブログにUP!レポートドライバーたちが日ごろ感じた生の声もどんどんUPしています!

貨物鉄道博物館に国内最古級の貨車が収蔵☆!

2017年11月16日 19:15

三重県 いなべ市に

行ってきました黒ハート

 

2003年に日本で最初ぴかぴか(新しい)に出来た、

日本で唯一ぴかぴか(新しい)

貨物鉄道専門

博物館があるんですかわいいぴかぴか(新しい)

 

こちらの「貨物鉄道博物館」に

明治時代に作られたとても古い貨車が

収蔵されたそうなんでするんるん

 

 


 

詳しいお話を

「貨物鉄道博物館」

理事 南野 哲志さん

伺いましたぴかぴか(新しい)

 


こちらの博物館は、

かつて全国各地で活躍した

様々な種類の貨物貨車を主とした

車両の展示を中心に

鉄道貨物輸送に特化した

ぴかぴか(新しい)全国唯一ぴかぴか(新しい)の博物館なんです

 

 

他ではなかなか見ることの

出来ない貴重な車両も

あるんですよハートたち(複数ハート)

 

運営は、鉄道愛好家を中心とした

ボランティアスタッフの方が

行っていますかわいいひらめき

 

貨物鉄道といいますと、

液体などを運ぶ丸いタンクの

ものだったり、

長方形の箱型のものなど

色々ありますが、

 

それらの荷台そのものに

車輪がついているものを

"貨車"と言いますひらめき

 

 

屋外展示場には、1960年代に

作られたタンク車や、

 

 蒸気機関車の後ろには、


木製の貨車などが並んでいますexclamation×2


 実際に線路の上に展示してあるので、

開館日には展示車両を動かして

実際に乗る事も出来ます黒ハート

 

そしてなかなか見る事ができない

貨車の中も見せてもらえますよぴかぴか(新しい)

 

 屋内展示場では、

キッズコーナー鉄道ジオラマ

鉄道図書コーナー

貨物鉄道の歴史パネル展示

グッズ販売を行っています揺れるハート

 




 昔は鉄道貨物輸送が全国の

至る所で行われていましたが、

自動車の普及で、物流の主役が

トラック輸送宅配便

変わってきました。

 

全国的に鉄道貨物輸送が廃止・縮小

されていく中で、

輸送に使われていた鉄道車両も

次々と廃車となりましたがく〜(落胆した顔)

 

産業文化遺産としても価値のある

鉄道貨車が姿を

消してしまう前に、

何とか保存して後世に、、、

 

貨物鉄道にあまり馴染みの

無い子達にも、

知っていてほしいがく〜(落胆した顔)ぴかぴか(新しい)

 

という思いから、

貨物鉄道専門の博物館に

なったそうですハートたち(複数ハート)

 

 そして貨物鉄道が残っているのが

この三岐鉄道だけなんだそうですexclamation

 

なのでここに来ればexclamation×2

昔の貨物鉄道をみて、

現在活躍して実際に

動いて仕事をしている

貨物鉄道を見る事もできるんでするんるん

 

 

 そして今回こちらに収蔵された

とても古い貨車ぴかぴか(新しい)

 

1900年に関西鉄道の

四日市工場で製造された

鉄製の貨車ですexclamation×2

 


全長4.5m、高さ2.1m!

昔に作られたものなので、

今のものに比べると

小さい方なんだそうですよひらめき

 

年季が入っていると言いますか、

上から錆びている部分もあって

見ているだけで歴史を

感じますね、、、ぴかぴか(新しい)

 

こちらの貨車は

四日市で製造された後、

茨城で活躍し、60年代に引退ひらめき

 

それからは茨城で倉庫として

扱われてきましたexclamation

 

その時にブレーキや車輪は

取ってしまったそうです!

 

なので現在は荷物を入れる部分

だけが展示してある状態ひらめき

 

日本で鉄道による貨物輸送が始まったのは

1873年!

 

多数の貨車を収蔵する

貨物鉄道博物館でも

最古の貨車揺れるハートぴかぴか(新しい)

 

日本に現存する鉄道貨物の中で

最も古い可能性が

あるそうです黒ハート!!

 

南野さんにはこの貨車で是非

皆さんに見つけて欲しい

ものがあるそうなんでするんるん

 

 

鉄製の貨車なんですが、

この貨車が作られた1900年には

日本にはまだ鉄材がありませんでした。

なので鉄材を輸入して、

日本で製造したんですexclamation×2

 

その為、貨車には外国の刻印

付いているそうですよぴかぴか(新しい)

 

輸入しなくても良くなってから

作った貨車には付いていない

刻印がこの貨車には

付いているんです揺れるハート

 

是非見つけてほしいですねぴかぴか(新しい)

 

この貨車の入手した経緯は、

四日市市政120周年という事で

四日市市立博物館で

~Made in 四日市展~

が開かれた際に

この貨車のパネル展示が

されていましたぴかぴか(新しい)

 

その時に南野さんが

この貨車が解体されてしまう

という情報を聞いたそうですもうやだ〜(悲しい顔)

 

ならば、是非この博物館で

保存をさせて欲しいexclamation×2

茨城県の鉄道会社に

問い合わせたところ、

快諾して下さったそうですハートたち(複数ハート)

 

 ボランティアスタッフが全国に

いらっしゃいまして、

関東スタッフに調査を

してもらい、無事にこの貨車は

三重県に里帰り、、、ぴかぴか(新しい)

帰ってきてくれたんですかわいいハートたち(複数ハート)

 

 

この貨車の中に入らせて

いただきましたかわいいぴかぴか(新しい)

 


 

貨物鉄道博物館は月に1回の

開館ですが、数点の実物車両は

屋外展示の為、閉館日でも

見ることが出来ますよハートたち(複数ハート)

 

 

毎月第1日曜日に開館で、

午前10時~午後4時まで、

次回は12月3日(日)です黒ハート

 

 

ぴかぴか(新しい)皆さん是非足をお運びくださいぴかぴか(新しい)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

「貨物鉄道博物館」

三重県いなべ市大安町

三岐鉄道三岐線丹生川駅前

ーーーーーーーーーーーーーー

  • LINEで送る