キーワードで検索
カテゴリー

キーワード

コラム

カレンダー
アーカイブ

解散とバンザイ、そして...

石塚元章

2014年11月25日

衆議院が解散するとき議員のみなさんが「バンザイ」をする。

衆院解散は、いわば「君たち全員クビですから」と言われたのと同じ。

ならばバンザイでもあるまいとも思うのだが...。

 

実は、明治30年(1890年)に帝国議会が解散した際、

「万歳と呼ぶ者あり」と議事録にあるのがその最初ではないか...とされているが、

ではなぜ定着したのかについては、"やけっぱち説"から、"なんとなく慣例に"...まで

諸説あって、結局わからない。

 

先日の解散の際(2014年11月21日)には、

 

解散詔書を読み上げる議長が「...解散する」と言った途端、議場からバンザイが。

さらに先まで読んだ議長が「バンザイはここで」と指摘してもう一度「バンザイ」。

つまり、1回の解散で2回の万歳三唱となった。

(某新聞は"万歳六唱"と見出しをつけていた)

でも、これ、国会に詳しい人に聞くと、

「解散します」と言ったところでバンザイをするのが普通で、

議長がその先まで読み上げて、なおかつ

「バンザイはここで」などと促すほうが異例だとも。

まあ、ルールがあってないようなものですから...。

そういえば、選挙が終わったあとに「バンザイ」をするのも

当選した候補者と支援者の方たち。

多くの市民が、(派手にバンザイなどしなくても)

たとえ小さな声でもいいから、そして、誰かが「今でしょ!」と音頭をとらなくても、

思わず「なかなかいいね」と言いたくなるような政治・社会がいいに決まっている。

バンザイしているのは政治家ばかり...では、ちょっと困る。