キーワードで検索
カテゴリー

キーワード

コラム

カレンダー
アーカイブ

インフルエンザの季節

後藤克幸

2014年12月15日

インフルエンザの季節になりました。
毎年、12月から3月頃まで流行します。

インフルエンザのウィルスは、
くしゃみや咳で飛び出す細かい水滴による飛沫感染。
飛沫は、くしゃみや咳でおよそ2メートル飛びます。
インフルエンザのウィルスを含んだ飛沫は空気より重いので、
2メートル以内の場所に、
食器、机や文房具、コンピューターのキーボード、
コピー機の操作ボタンなどがあれば、その上に落ちます。
不特定多数の人が触れるドアノブや手すり、つり革などにも、
この季節は、インフルエンザウィルスが付着している確率が高まります。

インフルエンザウィルスが付着した場所に触れた手で、
食べものを食べたり、口や鼻を触ることで、
ウィルスは体内に侵入してきます。

インフルエンザ予防の基本は・・・

手をこまめに洗うことです。
ただ、感染症を予防するための手洗いにはコツがあります。

さーっと普通に手を洗いますと、
「手のひら」をこすり合わせて流すだけで終了、
という場合が多いですよね。

感染症の専門医が、病院スタッフの手洗いについて調査したところ、
手を洗ったにもかかわらず、細菌が付着して残っていた場所で
多かったのは、
①指の先(とくに爪のある外側+先端部分)
②指と指の間の根元部分
③手の甲の親指の周り
でした。

みなさん、思い起こしてみてください。
何か必要があって口や鼻を手で触る場合、
「手のひら」よりも「指の先」や「親指」で触れることが
多いですよね。

ですから、手を洗う際には、
上記の①②③の部分を石鹸で丁寧に洗うことで、
ウィルスが、口や鼻から体内に侵入するのを防ぐ効果が高まるのです。

このほか、
睡眠不足などは避け、バランス良い食事で充分な栄養をとって、
体が病気と闘う免疫力が低下しないよう、気をつけることも大切です。