キーワードで検索
カテゴリー

キーワード

コラム

カレンダー
アーカイブ

中日vs巨人・戦いの歴史ひとかけら

北辻利寿

2017年8月18日

画像:足成

プロ野球の2017年シーズンも大詰めを迎えています。
ナゴヤドームでは、夏休み後半に中日ドラゴンズと讀賣ジャイアンツの2連戦があります
が、伝統あるこの両チームは、1936年(昭和11年)からこれまでに1907試合戦
っています。
ドラゴンズ側からの通算対戦成績を見てみますと、ドラゴンズの827勝1025敗55
分。
昨シーズン、最下位だったドラゴンズですが、ジャイアンツには13勝11敗1分と勝ち
越すなど、このところ頑張っている印象が強いのですが、通算対戦成績では200勝近い
差をつけられています。
やはりジャイアンツは強いですね。
様々なドラマを歴史に刻んできた両チームの対戦ですが、何と言ってもまず思い浮かぶの
は、シーズン最終戦に同率で並び、勝った方が優勝という1994年(平成6年)10月
8日いわゆる「10.8」決戦です。
地元ナゴヤ球場で戦ったドラゴンズ、6対3で長嶋茂雄監督率いるジャイアンツに破れま
したが、肩を脱臼しても一塁にヘッドスライディングした立浪和義選手の鬼気迫るプレイ
など、数々の記憶を残しました。
毎年8月になると思い出すのが、近藤真一(現・真市)投手がプロ入り初登板初先発で、
ジャイアンツ相手に見事ノーヒットノーランを達成した1987年(昭和62年)8月9
日のゲームです。
高卒ルーキーをいきなりジャイアンツ戦に先発させるという星野仙一監督の大胆な選手起
用が、ドラゴンズの歴史に素晴らしい1ページを残しました。
近藤さんは現在ドラゴンズの1軍投手コーチ。若くて粋のいい、そしてファンを夢中にさ
せるような投手をどんどん育ててほしいですね。

もうひとつ8月の記憶としては、66年前の1951年(昭和26年)8月19日。
中日スタヂアム(現ナゴヤ球場)のスタンドで火災が起き、3人が死亡、300人以上が
ケガをするという大惨事になりました。
これもジャイアンツ戦です。この時のスタンドに当時は小学生だった高木守道さん(後に
ドラゴンズの名二塁手さらに監督)が観客としていたというエピソードは有名です。
記憶から記録に目を向けてみましょう。2003年(平成15年)9月16日のジャイア
ンツ戦の6回裏、ドラゴンズは何と11連続得点をあげました。
1イニングでの11連続得点はセ・リーグ記録です。
この時の監督は途中休養した山田久志監督に代わって采配をふるっていた佐々木恭介監督
でした。翌年からは落合博満監督が率いた8年に及ぶ黄金時代、その兆しを感じさせる勢
いでジャイアンツに19対2の圧勝でした。
逆に残念な記録もあります。
1ゲームで6個の併殺というのはプロ野球記録ですが、これは、1950年(昭和25年
)4月29日にドラゴンズがジャイアンツ戦で喫しました。
野球は普通9イニングですから、6併殺というのはなかなか破られることのない不名誉な
記録です。この時は21対6で、もちろんジャイアンツが勝ちました。
このようにプロ野球はじめスポーツは、「記憶」を辿り「記録」を意識して観戦するとさ
らに楽しみが増すと思います。
そして何といっても大切なことは「現在(いま)」です。
1907試合戦ってきた中日ドラゴンズと讀賣ジャイアンツ、次の試合でどんな新しい「
記憶」と「記録」を残してくれるか、楽しみですね。

【イッポウ「金曜論説室」より  by CBCテレビ論説室長・北辻利寿】

お盆に思う阿久悠さんと国民栄誉賞

北辻利寿

2017年8月15日

画像:足成

お盆を迎えた。

不思議なもので、毎年この時期は亡き人に思いを馳せる気持ちになる。

「偲ぶ」というほどに時は経っていないが、この夏、ふたりの音楽家が旅立っていった。

作曲家・平尾昌晃さん(享年79)と作詞家・山川啓介さん(享年72)である。

そして、その訃報に接してお二人の功績、それぞれがお作りになった歌が実に多種多彩で魅力にあふれていたのかを再認識した。

あらためて驚いたと言っても過言ではない。

平尾昌晃さんは、何と言っても五木ひろしさんと小柳ルミ子さんという二人に作った名曲が浮かぶ。

五木さんの『よこはま・たそがれ』そして日本レコード大賞を受賞した『夜空』、小柳さんのデビュー曲『わたしの城下町』そして『瀬戸の花嫁』は日本の歌謡史において今も輝きを放っている。

そして教え子であった畑中葉子さんとのデュエット『カナダからの手紙』。

平尾さん死去の後で「平尾さんの曲と言えば何?」というアンケートがあったが、断然トップだったのがこの歌だった。

個人的には水谷豊さんの『カリフォルニア・コネクション』そして先ほどの五木さんの『別れの鐘の音』などが好きだが、その平尾さん、ドラマ「必殺シリーズ」の曲も手がけていた。

歌手も俳優もおやりになり実に幅広い。

年末のNHK紅白歌合戦のラスト、『蛍の光』の指揮者でおなじみの平尾さんと違って、山川啓介さんは訃報をきっかけにその作品群を見直したのだが・・・。

岩崎宏美さんの『聖母たちのララバイ』、中村雅俊さんの『ふれあい』などの名曲の他、矢沢永吉さんの代表曲『時間よ止まれ』も山川さんの作品と知り、これも驚きだった。

個人的には大好きだった青春ドラマ『飛び出せ!青春』主題歌『太陽がくれた季節』が浮かぶ。

そして、平尾さんの「必殺シリーズ」同様に、山川さんも『勇者ライディーン』シリーズをはじめアニメや特撮の主題歌を沢山書き残している。

こちらも幅広い活躍だった。

訃報によってあらためて作品をたどり、その偉大な功績に触れたお二人と違って、この夏で没後10年を迎えた阿久悠さんの場合は、相当数の作品を生前から十分認識していた。

特に1971年(昭和46年)から1980年(昭和55年)の10年間に、『また逢う日まで』『北の宿から』『勝手にしやがれ』『UFO』『雨の慕情』と作詞作品が5回も日本レコード大賞を受賞したことは、日本の歌謡史に輝く功績である。

先日もテレビで阿久さんの追悼特集を放送し『ジョニィへの伝言』『五番街のマリーへ』なども披露されていたが、いつも思うことは、なぜ「国民栄誉賞」に選ばれなかったのだろうか、という疑問である。

国民栄誉賞は、1977年(昭和52年)にプロ野球選手だった王貞治さんが最初に受賞して以来、これまでに24の受賞例(個人23・団体1)がある。

この内、作曲家は、古賀正男さん、服部良一さん、吉田正さん、遠藤実さんの4人が入っているが、作詞家はひとりもいない。

「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」と基準にあるが、この国民栄誉賞は、時の政権の思惑が大きく影響するということは否めない。

賞の価値や権威についてはそのまま認めることに異論もあろうが、阿久悠という作詞家の評価がそうした政治の隙間に入り込んでしまっていたのなら、やはり残念だと思う。

もうひとり、この夏に30周忌を迎えたのが俳優であり歌手でもあった石原裕次郎さん。

美空ひばりさんと並ぶ"昭和の大スター"だが、受賞者の美空さんと違い、石原さんも国民栄誉賞を受賞していない。

こうして見ると、この手の賞というものは気まま側面があるものだと、これも再認識してしまった。

もっとも阿久さん同様、賞以上の思いが、多くの人たちから寄せられたことは今さら言うまでもないが・・・。

阿久さんの書いた作品の中で好きな歌に沢田研二さんの『時の過ぎゆくままに』がある。逝く人、逝った人、時の過ぎゆくままに思いを馳せながら、ふとこの歌を口ずさむ今年のお盆である。

東西南論説風(5)  by CBCテレビ論説室長・北辻利寿】

「ドラゴンズ苦闘の中に光あり」

北辻利寿

2017年8月 8日


画像:足成

中日ドラゴンズの苦しい戦いが続いている。
球団創設80周年の記念イヤーだった去年は19年ぶりに最下位に沈み、4年連続Bクラスという球団ワースト記録を更新してしまった。
谷繁元信監督がシーズン途中に休養するという、80周年のお祝いにはほど遠いシーズンだった。
そして、森繁和新監督を迎えての2017年シーズン。
現在まで100試合余りを戦ってきたが、2ケタの借金を抱えての5位と、なかなか勢いに乗り切れない。

しかし、キラリと光るゲームも数々ある。
最近では8月6日、東京ドームでの讀賣ジャイアンツ戦。
先制した1点を守備のミスもあって4対1と逆転された。
しかし藤井淳志選手の初球打ち3ランで同点にすると、8回にルーキー京田陽太選手が再びリードするタイムリーヒット。
それを日本ハムからトレードで移籍したばかりの谷元圭介投手が0点でつなぎ、そして・・・。
9回のマウンドに上がったのは今シーズン不動の抑えである田島慎二投手ではなく、岩瀬仁紀投手だった。
岩瀬投手にとって、この登板はとてつもなく重いものだ。
なぜなら、2日前に試合で記録に並んだ歴代最多登板の単独トップに立つ950試合目だったからである。
このところ田島投手が東京ドームの抑えで失敗続きということもあるのだが、ベンチは実に粋な采配をするものだと感心した。
ましてや相手はジャイアンツなのだ。岩瀬投手は9回を抑え404セーブ目によって950試合登板という大記録に自ら花を添えた。

そしてこの記念ゲームをさらに光ったものにしたのが、守備陣の"ファインプレー"である。
一死一・二塁のピンチ、坂本勇人選手の大飛球はセンター大島洋平選手によって好捕されたが、スタートしていた一塁ランナー重信慎之介選手がすでに越えていた2塁を踏み直さずに1塁へ戻るという帰塁ミス。
野球規則により「通過したベースを踏みなおさねばならない」のだが、これをドラゴンズの内野陣が見落とさず、プレー再開と共にアウトにしてゲームを終えたのだ。
野球には実に様々なルールがあるが、グランドの上でそれを実践することは鉄則。
ましてこれはアピールした場合に適用されるプレーなのだ。
ドラゴンズナインが集中してゲームに臨んでいた証しであろう。
岩瀬起用というベンチ好采配と共に、2017年シーズンの歴史に刻まれる一試合となった。

「見逃さない」プレーは今年もうひとつあった、6月10日、京セラドームでのオリックスバッファローズ戦。
ホームランを打ったクリス・マレーロ選手が本塁ベースを踏まなかったことをドラゴンズの松井雅人捕手が見逃さず、ホームランは取り消しとなった。
かつて高校時代に読んだ野球漫画『ドカベン』で、岩鬼正美選手が夏の甲子園大会決勝でホームランを打つも三塁ベースを踏み忘れるミスを冒したが、ふとそれを思い出す珍しいシーンだった。
こうしたドラゴンズ選手の緻密なプレーを見ると、野球ルールを熟知していた落合博満監督に率いられ優勝を繰り返した2000年初頭の頃を懐かしく思い出す。

反対に「おや?」と思う采配もあった。
4月1日の開幕2戦目ジャイアンツ戦。
前夜の開幕戦では、ルーキー18年ぶり開幕スタメンという京田選手が初ヒットを打つなど躍動。
しかし2戦目は相手が左投手ということもあってかスタメン落ちしたことだ。
若い選手は勢いが出ると強さを発揮する。その後の京田選手の活躍を見ればなおさらである。
もうひとつは、荒木雅博選手の2000安打がかかった6月3日の楽天イーグルス戦の1回裏。
先頭の京田選手がヒットで出塁した後、記録まで残り1本となった荒木が打席に入る。
ここは送りバントが定石だが、ベンチは荒木選手にバントではなくそのまま打たせたのだ。少しでも早く記録達成を期待する気持ちは誰もが同じ。
しかし野球はチームが勝たなければならない。
ここは迷いなく、送りバントでいくべきだった。
"個"にこだわっていては"チーム"は勝てない。
2007年日本シリーズでは、完全試合目前の山井大介投手を岩瀬投手に交代させた采配があった。
森監督はシーズン前に宣言したように各コーチを信じて、ベンチ全体でゲームに臨んでいる。
おそらく、監督というよりベンチ全体の判断なのだろうが、私だけでなく竜党仲間からも「あそこは送りバントだった」と同じ意見が届いた。

2017年ペナントレースも残り試合が3割を切った。
暑い夏にもやがて秋風が吹く。こうしてドラゴンズの戦いに好き勝手なことを言えるのもファンの特権である。
そしてその特権を存分に活かすためにも、球場に足を運んだり、テレビやラジオの中継で応援したり、とにかく"おらがドラゴンズ"の戦いを見ていてほしい。
愛してほしい。
それがチームを強くするために、ファンが歩む最も近道だと思う。          
【東西南論説風(4)  by CBCテレビ論説室長・北辻利寿】

「山下達郎ライブの誤解に大慌て」

北辻利寿

2017年8月 5日

画像:足成

 画像:足成

 

先日、山下達郎さんのコンサートに出かけた。

会場は満席。

64歳を迎えたと自己紹介した達郎さんだが、そのパフォーマンスは素晴らしく、良質で上質の音楽を堪能した3時間半だった。

ライブで毎回必ず歌われる『クリスマスイブ』を会場で聴きながら、私はもう30年以上も前のこととなった"ある出来事"を思い出していた。

 時代はまだ昭和だった。

今はなき愛知県勤労会館でのコンサートのことだ。山下達郎さんは名古屋公演で使っていたこのホールをとても気に入り、自らのアルバムのジャケットにもここでの舞台セット写真を使用したほどだった。

この時に大ヒットしていたのが『クリスマスイブ』である。

もともとは1983年(昭和58年)発売のアルバム『MELODIES』の収録曲だったが、国鉄から民営化してまもないJR東海が東海道新幹線のCM「クリスマス・エクスプレス」で歌を使用したことから人気が大爆発したのだった。

会場全体が、この『クリスマスイブ』をいつ歌うかと楽しみに待っていた。

そして達郎さんの曲紹介・・・

「この歌は少し前にアルバムに入れていたのですが、この度、JR東日本のコマーシャルソングに使われたことによって、一気に火がつきました。『クリスマスイブ』聴いて下さい」。

拍手。前奏。歌唱。

JR東日本? 私は違和感の中にあった。

「JR東日本」ではない。「JR東海」のCMなのだ。

当時の私は鉄道や航空など交通関係の取材を受け持ち、JR東海の取材担当でもあった。

さらにコンサートの語りの中で、その全国ツアーはちょうど名古屋が期間の折り返し点だということも披露されていた。

その勘違いのまま『クリスマスイブ』が紹介されて歌われていっては、あまりにJR東海が可哀想ではないか・・・。

翌日、JR東海の本社広報を訪れた私は、この一幕について告げた。

広報担当者は驚き、すぐに達郎さんの事務所に「誤解なきように」と訂正連絡していた。

鳴り物入りのキャンペーン。

楽曲にも費用がかかっている。にもかかわらず、同じJRグループとはいえライバルである「JR東日本」のPRをされてはたまらないという「JR東海」の本音・・・。

「よく教えてくれた」と感謝された私が広報室を出ると、一人の新聞記者が私を待っていた。一連の話をたまたま立ち聞きしていたという。

「テレビのニュースにはなりにくいネタでしょう?新聞で書かせてくれないかなあ」

数日後、このエピソードはユーモアあふれる記事として、新聞の社会面を飾ったのだった。

 

 かつてコマーシャルソングは歌謡界で一世を風靡した。

特に『クリスマスイブ』の以前、1970年から80年代は、『君のひとみは10000ボルト』『Mr.サマータイム』『不思議なピーチパイ』など大手化粧品会社のものや、JRの前身である国鉄の『いい日旅立ち』など歌謡史に残る名曲が目白押しだった。

しかし21世紀に入った頃から次第に話題にならなくなり、最近では携帯電話会社の『海の声』くらいであろうか。テレビの歌番組も少なくなり、ネット購入によってCDも売れなくなった。

歌を取り巻く環境の激変が、コマーシャルソングにも投影されている。

 名曲『クリスマスイブ』は30年連続オリコン週間シングルランキングでトップ100に入る偉業を成し遂げ、ギネス世界記録に認定された。

今回のライブでも達郎さんが曲紹介の際にそれを披露し大きな拍手を浴びた。やはり歌って素晴らしい! 

東西南論説風(3)  by CBCテレビ論説室長・北辻利寿】

「電話の取り方を教えて下さい!」

北辻利寿

2017年7月28日

ある大学の就職担当者から聞いた驚くべき話である。

この春のことだ。無事に就職が決まり、卒業を直前に控えた学生が就職課にやって来て、社会に出る前に教えてほしいことがありますと言う。
どんなことかと問いかけると、その学生は次のように答えたそうだ・・・

「職場の電話にどのように出て、どのように上司に取り次げばいいですか?不安です。教えて下さい」

携帯電話の普及はめざましい。
総務省の平成28年版「情報通信白書」によると、その普及率は2015年で95.8%。この内スマホについては72.0%と言う。
今やほとんどの人が携帯電話を持ち、3人に2人以上がスマホを持っていることになる。

その一方で、固定電話は次第に数が減り始め、2006年には90.1%だった普及率が10年たった2015年は75.6%になった。

かつて電話と言えば固定電話であり、家庭に所有しているならば、それは家族が集まる居間か、あるいはその近くに置かれていた。
友人に電話をかけると多くの場合、親や祖父母が出て、友人本人に取り次いでもらった。
ガールフレンドに電話すると、父親が出てきて、いきなり緊張を強いられた思い出もある。逆に自分の家に友から電話がかかってくる場合もあり、この場合は家族が取り次いでくれた。
ついつい長電話していると、周りから「いつまで話しているんだ」という声が聞こえてきたこともある。
子を持つ身となって久しいが、「わが子の友人の声をあまり知らないな」と思ったことがあった。
私は友人の親の声をよく知っていたし、私の親も、私の友人の声を知っていた。しかし今は・・・。

実際、一人暮らしの学生や社会人も、携帯電話を持ち自宅に固定電話は引かないケースが多い。
それぞれが携帯電話という通信手段を"個"で持ち、"個"同士で連絡を取り合う時代になったのである。
そして、携帯電話の場合は、かけてきた相手の名前がディスプレイされるため、お互いに名乗らなくてもすぐに用件に入ることができる。
そして・・・冒頭の大学での話である。
社交場としての電話は今や姿を変えた。

職場の電話にかかってくる電話。
交換台を通すならともかく、直通電話の場合は、一体誰からかかってきたのかが電話に出るまでわからない。
まして、自分宛てなのか、職場の上司や先輩宛てなのかもわからない。
"個"にかかってくる電話には対応できるが、組織にかかってくる電話をどう受けとめていいのかがわからない。
今まさにこういう事態が起きているのである。
新入社員が、職場での"電話ノイローゼ"になったという話まで耳にした。
携帯電話は私たちの生活や仕事に信じられないほど多くの便利さをもたらした。
人と人とのコミュニケーションも大きく変貌した。
そんな中、"会話力"という大切なものが間違いなく姿を消しつつあるように思う。

大相撲7月場所で名古屋を訪れた旧知の親方ともそんな話になった。
その親方の東京の相撲部屋には今も公衆電話が置いてあるそうだ。
その電話は部屋の固定電話番号にもなっており、電話が鳴ると若い力士や修行中の若い呼び出しらが、部屋の名前と自分の名前を必ず名乗って取り次ぐルールだと言う。
心がホッとした会話だった。

【東西南論説風(2)by CBCテレビ論説室長・北辻利寿】

シロ?クロ?その判定に異議あり

北辻利寿

2017年7月21日

 プロ野球のオーナー会議が、オールスターゲームを前に開催された。その席上で、日本野球機構(NPB)に設置されているリプレー検証検討委員会から報告されたのは、米国のMLBが採用している「チャレンジ制度」の日本での導入についてであった。
 日本のプロ野球では現在、2010年から本塁打に限ってリプレー検証が、そして去年2016年から本塁でのクロスプレーについてもリプレー検証が採用されている。今回の「日本版チャレンジ」は、この枠をさらに拡げようというもので、本塁以外でのクロスプレーやそれぞれのチームから検証を求めることができるという内容である。早ければ来シーズンからの導入をめざすという報告であった。MLBの場合は、「チャレンジ」用のスタジオをニューヨークに用意し、全米30球場からの映像を一括して管理。専門の審判員が待機して、球場の審判員と連携をしながら検証を進める大がかりなものだ。さて、日本では一体どこまで、それが可能になるのだろうか?

 そんな話題が出た月の初め、ひとりの野球人が逝った。上田利治さんである。享年80歳。上田さんを有名にしたのは、何といっても、37歳の若さで監督に就任した阪急ブレーブス(当時)を1975年(昭和50年)からパ・リーグ4連覇させたことだろう。この中には3年連続の日本一が含まれている。「プロ野球の判定」と聞いて思い出すのは1978年の日本シリーズ。上田監督にとっては4年連続の日本一がかかった第7戦の猛抗議だろう。相手はヤクルトスワローズ。当時はまだ日本シリーズがデーゲームだった。1点リードされた6回、ヤクルトの主砲・大杉勝男選手が放ったレフトポール際の打球が本塁打になると、上田監督はベンチを飛び出した。ファウルだと主張し、本塁打判定の取り消しを求める上田監督は守備についていた選手をベンチに引き上げさせ、左翼審判の交代をも求めた。抗議時間は実に1時間19分。結局、判定は覆らず、ゲームは4-0でヤクルトが勝利して、阪急は4年連続の日本一を逃した。それほど重い判定だった。もし、リプレー検証が採用されていたらどうだったのだろうか。

 スポーツでの判定というと、もうひとつ思い出すのが大相撲での横綱・北の富士と関脇・貴ノ花(先代)の一番である。上田監督猛抗議の日本シリーズから遡ること6年の1972年(昭和47年)初場所。土俵中央で組んだ二人の力士。北の富士が左からの外掛けに出るが、足腰の強さが並大抵でなかった貴ノ花はそれを残す。すると北の富士は全体重をかけながら今度は右からの外掛けに出る。それを貴ノ花はプロレスのバックドロップよろしく身体を反らせながら投げようとする。北の富士の右手が先に土俵に突き、その後二人は土俵に倒れこんだ。行事軍配は「つき手」で貴ノ花に上がる。しかし物言いがつき、結果は「貴ノ花の体はすでに"死に体"。それをかばった"かばい手"」と軍配が覆り、結果は行事差し違え。北の富士が「浴びせ倒し」で白星を上げたのだった。当時はビデオ判定もなく、こちらも審判員の目だけが決め手だった。

 スポーツの世界から曖昧さが消え去っていく。誤審は許されない。しかし、人が人を判定するからこそ、お互いに切磋琢磨があり、そこに血が通うのではないかと思う。シロか?クロか?スポーツ界はその色をさらに鮮明にする道を歩んでいる。(2017/7/20)

【東西南論説風(1) by CBCテレビ論説室長・北辻利寿】