ミズ・イヴァンカ ~「イヴァンカさんキレイだったね」で終わってはいけない

石塚元章

2017年11月 8日

 イヴァンカさん、確かに輝いている女性でした。私が出演しているCBC発の情報番組「ゴゴスマ」でも、CM中の雑談でコメンテーター陣が「彼女が着ていたブランドって○○らしいね」「あれって若い女性向きなのに、結構高いから若い人が買えないっていう不思議なブランドよね」などなど、大変に盛り上がっておりました(生番組というのは、たいていCMなどで放送に映っていないところのスタジオトークが面白かったりします...)。
 結婚していて3児の母親。ビジネスもこなして、しかもトランプ大統領の補佐官の肩書き。メディアでは「なんて声をかけるのが適当なのか」なんてことまで話題になっていました。結局「ミズ・イヴァンカ!」あたりが適当なのだそうで。でも、「イヴァンカっ!」って呼び捨てにして声がけをしていたリポーターもいましたが(笑)。

 で、そんなブーム(?)を巻き起こしてイヴァンカさんが駆け抜けたあとに父親のトランプ大統領が2泊3日、日本に滞在しました。とはいっても、3日目は午前中に韓国に向かって飛んで行きましたから、事実上は2日の日程といってもいいかもしれません。これ、韓国側が「なんで韓国は1泊2日なんだ?日本には3日も滞在するのに」と主張したことに配慮して、早目に韓国に向かったとの説がもっぱらですが。

 実は、大統領にとっても日本にとっても、大事なのはこれから...なんですね。
 「北朝鮮問題」「中国との関係」「インド太平洋戦略」「通商政策を多国間で?それとも二国間で?」といった課題に、日本にいる間に話し合ったことを抱えて、トランプ大統領は韓国、中国、ベトナム、フィリピン...と回ります。ベトナムとフィリピンでは、APECやASEANの会議、さらに東アジアサミットにも顔を出します。ロシアのプーチン大統領とも会談するはずです。
 そもそも関係が良好とされる安倍首相との会談などとは、おそらく段違いに複雑な話し合いをこなさなければならないはずです。日本で約束したことが、ちゃんと生かされるのか...。本当のポイントはここから後、なんですね。
 しかも、本国アメリカでは、トランプ大統領の周辺をめぐる「ロシア疑惑」「パラダイス文書」(これはまた改めて解説する必要がありそうなキーワードです)なんていう大きな課題が待ち受けています。

 「イヴァンカさんがまずやってきました。そのあと大統領が総理大臣とゴルフを楽しんで、晩さん会にはピコ太郎さんも呼ばれました。そして大統領は日本を去って行きましたとさ...めでたし、めでたし」で終わってはいけないお話が、いままさに幕を開けたのです。

 その幕開けの役回りを、少なくとも日本においては見事に演じたともいえるミズ・イヴァンカ。実は、ご自身だって心穏やかではいられない日々が始まるかもしれません。いえ、すでに始まっているはずです。ご主人でトランプ政権の中枢にいるクシュナー上級顧問に関して、実はロシアとの不適切な関係に一枚噛んでいたのではないか...との疑惑が浮上しているからです。
 米経済誌の「最も影響力のある女性」最新ランキングで19位に入ったイヴァンカさん。地球温暖化の国際的な枠組み「パリ協定」からトランプ大統領が「温暖化対策なんていらない!」と離脱しようとした際に、「離脱すべきではない」と反対したのもイヴァンカさんなら、「シリアをミサイルで攻撃すべき」と進言したのもイヴァンカさんとされています(夫のクシュナー氏がユダヤ教徒だったことから、自身もユダヤ教に改宗。熱烈なイスラエル支持者だというのも理解のヒントかも)。
 世界には、早くから「イヴァンカさんこそキーパーソンだ」と目をつけていた人も少なからずいたと聞きます。
 とはいえ、イヴァンカさんの今の役回りは、身内以外に信頼できるスタッフが少ないとされるトランプ大統領だからこそのポジション...ともいえるわけで、その大統領と蜜月関係を構築した日本にとっても、さまざまな意味で大事なのはこれから...といえそうです。


【ニュースなキーワード:1/ミズ・イヴァンカ】
イヴァンカ・マリー・トランプ(Ivanka Marie Trump)。第45代アメリカ大統領ドナルド・トランプの長女。モデルとして活躍したのち、父親の不動産業を手伝うなどしてビジネスの世界にも。政治の世界を目指した父親をバックアップし大統領当選にも貢献。トランプ大統領にとってイヴァンカ氏と夫で大統領上級顧問のクシュナー氏は強い味方。2016年11月、まだ就任前だったトランプ氏と安倍首相がニューヨークでいち早く会談できたのも、イヴァンカ夫妻が陰で支援したためとされる。

日本シリーズこれでいいの?

北辻利寿

2017年11月 7日

画像:足成

この制度がなかったら、2007年(平成19年)中日ドラゴンズの53年ぶりの日本一はなかった。

セ・リーグ2位からの日本シリーズ出場だったのだから・・・。

その意味では、この制度を無下に否定はしたくない思いもある。

しかしこれでいいのだろうか?

プロ野球でレギュラーシーズンを終えた上位チームが、日本シリーズ出場をかけて争うクライマックスシリーズ(以下CS)制度である。

 

2017年のプロ野球日本シリーズが終わった。

パ・リーグの覇者である福岡ソフトバンクホークスとセ・リーグ3位からCSを勝ち上がった横浜DeNAベイスターズの熱戦によって、今年のシリーズも盛り上がったと言えるだろう。

特に、シーズンで14.5ゲーム差をつけられていた広島カープをCSで破って日本シリーズに進んだDeNAラミレス監督の采配は「短期決戦に強い」と注目された。

データに基づく緻密な選手起用と勝負どころでの積極的な投手交代によって、3連敗の後に2勝してあわや逆転日本一かと勢いを見せた。

一方のソフトバンクもシーズン中のケガから復帰した内川聖一選手を待っていましたと4番に起用し、また日本一を決めた第6戦で守護神サファテ投手に初の3イニング投げさせた工藤公康監督の采配が光った。

両チームの高度な戦いによって、2017年のプロ野球も大団円となったが、もしあのままソフトバンクが4連勝して日本一になっていたら、おそらく「CS制度はこのままでいいのか?」という議論が持ち上がったはずである。

片方はシーズンで2位に13.5ゲーム差をつけて優勝したチーム、もう片方は1位に14.5ゲーム差をつけられた3位のチーム。

いくらルールだと言っても、日本一を争う対戦なのだろうか?

長いシーズンを戦った重みはどこにあるのだろうか?

広島カープが出場していたらどんな戦いをしたのだろうか?

 

ここで日本シリーズの思い出を辿る。

CSという制度がない時代でもその歴史には数々の熱戦があった。讀賣ジャイアンツが9連覇を達成した期間の1971年(昭和46年)、日本シリーズ第3戦、王貞治選手が、完封を続けていた阪急ブレーブスのエース・山田久志投手から打ったサヨナラ逆転3ランは、ドラゴンズファンながらも感動した名勝負だった。この年が7連覇目だった。

他にも、1978年(昭和53年)ホームランをめぐる阪急ブレーブス上田利治監督(故人)の猛抗議、1986年(昭和61年)最終戦で見せた西武ライオンズ秋山幸二選手のバク転ホームイン、翌年の同じライオンズ清原和博選手の涙・・・。

そして何と言っても、「江夏の21球」として語り継がれる1979年(昭和54年)、広島東洋カープと近鉄バファローズ、3勝3敗で迎えた第7戦。

1点リードでマウンドに上がったカープの江夏豊投手は、無死満塁という絶体絶命のピンチを21球によって抑え、日本一を勝ち取った。

パ・リーグには2チームによるプレーオフがあったが、そのいずれもCSという制度が導入される前のことである。

両リーグの覇者同士による素晴らしいシリーズ対戦であった。

 

2007年からのCS導入によって、シーズン後半の各チームの戦い方が明らかに変わった。

ある時点からはCS出場権を得るため、3位以内に入ることを目標に舵を切るゲームが見られる。

それが首位チームにさらなる独走を許す要因になっているとも言える。

そしてそれは大差での優勝につながり、いわゆる「消化試合」が増えることにもつながる。今シーズンはセ・リーグ6球団の観客動員数が史上初めて1400万人を超え、2年連続で最多更新をしたが、もしCSがなかったなら記録は更新できなかったかもしれない。

CSが果たしている役割は重要だという現実がある。

しかし、プロ野球は選び抜かれた選手がグラウンドで最高のプレイを見せる場、入場料を払って野球場を訪れるファンにとっては一期一会ならぬ「一試合一会」である。

本来CSがなくても「消化試合」などあってはならないと思うのだが・・・。

 

両チームの熱き戦いによって、結果的には盛り上がった2017年日本シリーズ。

広島カープがCSで敗退し日本シリーズに進めなかった時に巻き起こった、CSのあり方をめぐる議論も静かになっている。

"下剋上"の看板を背負ったDeNAの戦いは見事だった。

しかし、これで満足するのではなく、現行のCSのあり方を含めて、NPB(日本野球機構)には常に魅力ある日本プロ野球のために、検証と改善を進め続けてもらいたい。

 

東西南論説風(18)  by CBCテレビ論説室長・北辻利寿】

カタルーニャその危険な火種

北辻利寿

2017年10月31日

クレマカタラーナ(crema catalana)という菓子がある。

スペインのカタルーニャ州の名物菓子で、カスタードクリームを固めて表面を焼いてある。バルセロナを訪れた時にデザートに注文したのだが、フランスの菓子・クレームブリュレと似ていた印象だった。

香ばしい味を楽しみながら、バルセロナはスペインにありながら、実はほとんどフランスに近い街なのだと実感したことを思い出す。

 

そのバルセロナを州都に持つカタルーニャ自治州を世界が見つめている。

その行方を心配しながら・・・。

ちょうど1か月前になるが、10月1日、カタルーニャ自治州で独立の是非を問う住民投票が行われた。

その結果、独立賛成の票は90%に達したのだが、この動きに対してスペインの中央政府は即座に「投票は違憲である」との姿勢を打ち出した。

 

その後、ラホイ首相はカタルーニャ自治州の自治権停止と州議会の解散を宣言したが、

自治州のプチデモン首相は猛反発、州議会は一方的に独立宣言を可決した。

10月27日になって政府は、州議会の解散と新たな議会選挙を12月に実施すると発表し、州の自治権を停止し、プチデモン氏も首相を解任された。反逆罪に問われる動きもある。

一方でカタルーニャ自治州が独立に向けて一枚岩かと言えばそうではない。

住民投票の投票率は43%に留まっていて、独立反対派は棄権したと見られている。

この週末もバルセロナでは独立に反対する市民たち30万人によるデモが行われ、「スペイン万歳」と叫び、スペインは1つであると訴えるなど、カタルーニャをめぐる混乱は収まっていない。

しかし、ヨーロッパで起きているこの事態に、EU(ヨーロッパ連合)はスペイン政府を支持しながらも静観を続けているように見える。

 

古い歴史を持つヨーロッパでは、各地で独立への火種がくすぶっている。

かつて特派員として、旧ユーゴスラビアでセルビアからの独立をめざしたコソボ自治州を取材した時も、中東のパレスチナを取材した時も、歴史と現実の狭間で苦悩する人々の何ともやるせないパワーを感じた。

そこには哀しさが漂っていた。

今も英国はスコットランドの独立問題を抱え、ベルギーでもフランドル地方がフランス語圏とオランダ語圏に揺れている。

17州の1つにカタルーニャを持つスペインにはもう1つ、停戦を宣言したもののかつてはテロ活動を繰り返したバスク自治州もある。

今回のカタルーニャ自治州の独立問題が、他への連鎖を巻き起こすことをヨーロッパ全体が恐れている。

 

スポーツの世界にまで影響は及んできている。

「FCバルセロナ」に所属するジェラール・ピケ選手が独立支持をツイッターで表明、代表チームから外れるか否かという騒ぎにまで発展した。

また、カタルーニャの地元チーム「ジローナ」が首都マドリードの強豪「レアル・マドリード」を破った際には、中央に一矢報いたと街は大騒ぎになったと現地からの報道は伝えている。

20世紀末にコソボ自治州の独立をめぐり、セルビア共和国に対しNATO(北大西洋条約機構)が空爆を実施した時、Jリーグ名古屋グランパスに所属していたセルビア出身のドラガン・ストイコビッチ選手は「空爆をやめろ!」と英語で書いたシャツをピッチで見せてアピールをしたこともあった。

緑の芝生に似合わない悲しい場面だった。

 

ヨーロッパでは独立問題だけではなく、難民問題も解決されていない。

10月、オーストリアでは国民議会の選挙結果で、難民に厳しい政策を求める国民党が第一党になった。

9月にはドイツの下院選で極右政党が議席を伸ばした。

英国のEU離脱決定も難民への対応が1つの要因でもあったように、「ヨーロッパはひとつ」を謳い文句に実現したEUが直面するテーマは山積みである。

だからこそ、カタルーニャ問題に対して、EUの静観はありえないのではないだろうか。今回の独立騒動には歴史と共に経済問題が大きな理由となっている。

カタルーニャはスペインの中でも経済的に優位であり、自分たちが国を支えているという強烈な自負もある。

EUが経済圏としての一体を主張するならば、カタルーニャの独立問題をスペインだけの国内問題としてはいけない。

ヨーロッパ全体の問題として、本腰を入れて向き合うべきであり、今こそEUの積極的な動きに期待したい。

 

バルセロナの町には、カタルーニャ出身の建築家アントニオ・ガウディが残した教会や公園などの名所と並んで、ピカソ美術館がある。

館内にはピカソが、同じくスペインが生んだ画家ベラスケスの名画「女官たち(ラス・メニーナス)」を自分なりにアレンジした連作シリーズが展示されている。

ベラスケスの絵はマドリードのプラド美術館に、そしてピカソの絵はカタルーニャのバルセロナに・・・。

2つの都市は二人の画家の絆によって結ばれている。

東西南論説風(17)  by CBCテレビ論説室長・北辻利寿】

【画像】

※足成

ドラフトの神様が微笑んだ相手

北辻利寿

2017年10月27日

ドラフト会議の会場で"野球の神様"が微笑む瞬間を見た。

プロ野球ドラフト会議が開催されたホテルに一歩足を踏み入れた時、突然の熱気に身体が包まれた。
「清宮ドラフト」と言われるように、2017年ドラフト会議は、高校通算111本塁打を記録したスラッガー清宮幸太郎選手(早稲田実業)に何球団の指名があるのか、そして、どこのチームが獲得するのか、この一点に日本中の関心が集まっていた。
その熱気は会場だけではなく、ホテル全体に充満していた。
結果は7球団が1位指名をして、北海道日本ハムファイターズがクジを引き当て、スーパースターの交渉権を獲得した。

日本ハムのドラフト戦略は一貫している。
「その年の一番いい選手を指名する」・・・この方針に揺るぎはない。
2004年(平成16年)のダルビッシュ有投手から始まり、2007年は中田翔選手、2010年は斎藤佑樹投手を指名して獲得。
2011年には入団しない意向を伝えられながらも果敢に菅野智之投手を指名して、抽選に勝ったものの入団拒否を受けた。
それでも翌年、メジャー志向で各球団が敬遠した"二刀流"大谷翔平選手を指名して入団させたことは記憶に新しい。
そして今回も・・・。
日本ハムの木田優夫GM補佐が抽選に勝ち、高く手を上げた時、会場には「やっぱり日本ハムか」というどこか納得した空気が流れた。チームの潔さに"野球の神様"はまたしても微笑みを返した。
期せずして栗山英樹監督も語った・・・「野球の神様が大切な宝物を預ける決断をして下さった」。2017年ドラフトも歴史に新たなドラマを刻んだ。

これまでもドラフト会議は過去に数々のドラマを生んできた。
まず思い出されるのは江川卓投手である。
高校時代も大学時代もドラフトの舞台でその進路に注目が集まったが、讀賣ジャイアンツが強硬に入団を進めた1978年(昭和53年)のいわゆる「空白の一日」は、ドラフト会議はもちろん、プロ野球史に残る出来事だ。
PL学園のKKコンビ、桑田真澄投手と清原和博選手の入団をめぐる一幕も今なお印象に残っている。
近鉄バファローズ(当時)の佐々木恭介監督が、清宮選手と同じ7球団のくじ引きの末、PL学園の福留孝介選手を引き当てた「ヨッシャー!」という雄叫びも耳に残っている。数え上げればキリがない。

ドラフト会議は新戦力を獲得する場であると同時に、球団をアピールする場としても捉えることができる。
特に1位入札と指名の瞬間がテレビの地上波で生中継されるようになってからは、その意味合いも増している。
最近では、ソフトバンクホークスの工藤公康監督。2015年は3球団競合の高橋純平投手、そして1年前の2016年は5球団競合の田中正義投手の当たりクジを見事に引き当てた。全国の野球ファンにチームの勢いを見せつけた。
中日ドラゴンズで言うならば、1986年(昭和61年)ドラフトで監督に就任したばかりの星野仙一さんが、5球団が競合した地元の近藤真一投手を引き当て、高らかにガッツポーズをした場面が思い出される。
チームはあの勢いそのままに2シーズン後にセ・リーグ優勝をした。
今回のドラフト会議で清宮選手を1位指名した日本ハムは、7位では東京大学法学部の宮台康平投手を指名して、これも大きな話題になった。
球団アピールとしては大成功のドラフト会議だったと言えよう。

ずっと言われ続けている言葉だが、上位指名の選手が必ずしも活躍するとは限らないのがプロ野球の世界。
スカウトの目利きの次は、育てるコーチの手腕、起用する監督の采配、そして何より選手本人の自覚と努力。
一流のプロ選手が生まれるためには、こうした複合要素が成就する必要がある。
ドラフト会議はあくまでもスタートラインである。

中日ドラゴンズにとって今回はどんなドラフトだったのだろうか?
1位指名の抽選では甲子園のスター中村奨成捕手を獲得することはできなかった。
球団の勢いをアピールすることはできなかったが、ドラフト前に1位指名候補として挙げていた5人の内2人の投手を、1位と2位で獲得できたことは大きな収穫だった。
森繁和監督のインタビューを間近で聞きながら、監督が本心から欲しかったのは、代わりに1位で獲得できたヤマハの鈴木博志投手だったのではと確信した。
その鈴木投手には、かつて同じドラフト1位で活躍した与田剛投手(現・楽天コーチ)のように、抑え投手として開幕から活躍してほしい。
そしてすべて高校生だった残り5人の指名選手たち。5年連続Bクラスと苦しむドラゴンズには勢いのある若い力が必要である。
2~3年後など悠長なことは言わず、いきなり飛び出してきてほしい。

"野球の神様"は普段はドラフト会議の会場にはいない。
グラウンドでひとりひとりの選手を見守っている。それは全国各地の野球場で、そして、もちろんナゴヤドームでも・・・。

【東西南北論説風(16)  by CBCテレビ論説室長・北辻利寿】

総選挙は誤算の"嵐"だった

北辻利寿

2017年10月24日

実に不思議な総選挙だった。

10月22日に投開票が行われた第48回衆議院議員総選挙は、これまで経験したことがない様相を見せた。

キーワードをひとつ選ぶならば「誤算」。

それはマイナス面だけではなく、「思いもかけないことが起きる」という意味を含めてである。

「誤算」をキーワードに振り返ってみた。

 

9月1日に行われた民進党代表選、それを経て安倍晋三首相は臨時国会での衆議院解散を決意する。

解散を表明する日、記者会見の3時間ほど前に、小池百合子東京都知事が新党「希望の党」の立ち上げと自らの代表就任を発表した。

会見の前にまず上野動物園のパンダの赤ちゃん名前発表に続けて・・・という周到に舞台を整えた上での発表だった。

すでに小池新党の準備は進んでいたが、まさか総理記者会見の直前にそんな動きが来るとは・・・。

首相にとって最初の「誤算」と見る。

 

9月28日の衆議院解散に合わせて、今度は民進党の前原誠司代表が、党の公認は出さず、全員で「希望の党」へ合流することを電撃的に発表。

自民党のある幹部によれば、党内には相当な衝撃が走ったと言う。就任したばかりの前原代表が、ここまで思い切って政権交代をめざす行動に出るとは・・・これも安倍首相と自民党の「誤算」と見られていた。

政局を取り巻くムードは一気に高揚感を増した。

 

しかし、小池代表の2つの言葉で、「誤算」のカードは自民から希望へと移った。

合流しようとした民進党議員について小池代表が語った言葉・・・「全員を受け入れる気はさらさらない」「排除します」。

この「排除」という言葉を聞いた時、7月に行われた東京都議選の応援演説で、自分へのヤジを飛ばす一部聴衆に対して安倍首相が「こんな人たち」と言って批判を浴びたことを思い出した。

「さらさらない」「排除」この2つの言葉によって明らかに潮目は変わった。

希望の党へ合流できない民進党議員たちは、枝野幸男議員を代表とする立憲民主党を結党した。

さらに小池代表の側近・若狭勝氏が「政権をめざすのは次の次」的な発言をして、希望失速の一因にもなった。

 

攻守それぞれが「誤算」を繰り返した選挙前半戦は、まるで一手によって白黒が一気に逆転するオセロゲームを見ているようだった。

これまでも国政選挙を取材してきたが、大きな枠組がほぼ固まってから選挙戦がスタートしていた。

しかし、今回のように政策論争に至る前に、これほどめまぐるしく選挙の図式自体が変わるとは・・・これも「誤算」か。

 

選挙後半戦は、自民党が安定した支持を獲得した一方で、希望の党は首班指名を誰にするか示すこともなく支持を伸ばし切れない。

そんな中、いわゆる"排除された"側である立憲民主党の勢いは急加速する。

身を捨ててこそ浮かぶ瀬も有り、と言われるが、枝野代表にとっては、プラスの意味での「誤算」だったであろう。

しかし、投票の末、比例代表東海ブロックで5議席分の票を得たのだが、重複立候補者の内2人が小選挙区で当選したため、候補者の数が獲得議席に足りなくなり、立憲民主党の比例当選者は4人になった。

1議席分はルールで自民党に移った。

もう少し候補者を増やして擁立しておけば・・・。

これもここまで支持を集めて勝つと思わなかった立憲民主党の「誤算」。 

 

今回の総選挙の「誤算」は当事者である党や候補たちだけではなかった。

各地の選挙管理委員会にもあった。

投開票日に超大型で非常に強い台風21号が日本列島に近づく予報となり、期日前投票をする人の数が激増した。

名古屋市内のある区役所でも投票に訪れた人が長蛇の列を作り、「1時間待ち」の状態があった。

期日前投票でこれほどの殺到はこれまで例がなかったとは思うが、投票部屋の廊下どころか建物にすら入りきれない有権者に対して「可能な方はもう一度出直して来て下さい」と職員が呼びかけていた。

投票所に来た人の中にはあきらめて帰ってしまい、結局は投票を断念した人もいたと聞く。過去最低の投票率だった前回に続き、今回も悪天候だったとはいえ投票率が53.68%と過去2番目の低さだっただけに、期日前投票所での飽和状態は残念な「誤算」だった。

 

「誤算」続きだった選挙の締めは本物の"嵐"、投票当日の台風襲来である。

投票所周辺の道路が冠水、停電で投票不可能、さらに離島の投票箱が回収できなくなるなど、かつて経験したことがない数々の事態によって、一部の開票作業が翌日に持ち越された。

すべての議席が確定したのは翌日月曜日の夕刻だった。

「誤算」続きの総選挙は最後まで計算通りにはいかなかった。

 

「一寸先は闇」とも言われてきた政治の世界。

総選挙が終わり、再び日本の政治が本格的に動き出す。消費増税、安全保障、改憲問題、原発など将来へ重要テーマは多い。

ここでの「誤算」は決してなきように願うと共に、私たちはその行方をしっかりと見守る必要がある。                           

東西南論説風(15)  by CBCテレビ論説室長・北辻利寿】