柳沢彩美のHAPPYミュージック☆

2017年1月8日 20:17

♪ 柳沢彩美のHAPPYミュージック ♪

※洋楽大好きな 柳沢アナウンサーが、洋楽の苦手な若狭さんに毎週1曲・新旧問わず 曲を紹介。
そして、「どこかできいたこはある。でも、タイトルやグループ名がわからない。」と言う方の疑問を解消しようというコーナー

今年もよろしくお願いします!

今回ご紹介の曲は・・・新年の1回目にふさわしいこちらの曲

「 クール&ザ・ギャング / セレブレーション  (1980年リリース)」でした クローバー

クール&ザ・ギャングは、アメリカ・ニュージャージー州出身
1964年に結成し69年にデビュー
現在も総勢10人前後で活動していますが、
結成当初は学校の仲間達7人で結成をした男性ばかりのグループです。
メンバーの移り変わりはありますが、皆さん今でも活躍されています。
メンバーに所属されている方は、60代後半の方ですが精力的に世界ツアーを行っています。
日本にも東京のブルーノートでライブを行っています。
音楽のジャンルは、簡単に言うとファンク
ファンクというのは、アフリカ系アメリカ人のブラックミュージックが起源とも言われています。
何処かこのリズムが体に染みついて、グループを結成する前
10才くらいの時から仲間内で集まって、公園でパーカッションで遊んだりと
生活の中にこのリズム(16ビート)があったりとか、
ジャズ・ファンクが身近にあった、育つところではそういう遊び方もあるんですね。
同じファンクのジャンルで有名なアーティストは、以前ご紹介した事もある
アース・ウィンド&ファイアー 曲は「セプテンバー」
そしてファンクの王様と言われている、ジェームス・ブラウンさんが有名です。
日本のアーティストでファンクを歌っている方は、久保田利伸さん。ファンク志向が強いアーティストですね。
今回ご紹介の曲「セレブレーション」は、タイトルからしておめでたい感じ
お祝いごとにピッタリで、パーティーシーンなどでよくつ使われる曲です。
80年代というと、ディスコ全盛。
ディスコシーンでもよく流れた曲ですが、1980年からすると今年は37年。
37年経った今でもパーティーシーンや結婚式・宴席などでも乾杯の後に入る音楽としては凄く適しています。
セレブレーション」は、クール&ザ・ギャング最大のヒット曲になります。
2週連続でアメリカで1位をとりました。
これが唯一の全米1位の曲になりますが、80年の年末にこの曲をリリースし
年をまたいで大ヒット。81年の年始からその後もチャートにランクインした結果、
81年の年間チャートで6位にランクインされた曲です。

公式サイト(英語) → http://koolandthegang.com/

"柳沢彩美のHAPPYミュージック" では、1曲ずつ洋楽の名曲を紹介していきます。

 柳沢アナウンサーへのお便りもお待ちしております 照れる

若狭さん「 聴いたことありますね!よかった。 」手(チョキ)

  • 以前のブログはこちらから!
  • 「応援メッセージ」メッセージをお待ちしてます!
  • RSS FEED
トップへ戻る